ジュニアシートのおすすめ12選!口コミで人気の注目アイテム勢揃い

6歳未満の子供を車に乗せるときは「チャイルドシートを使用すること」と法律で義務づけられています。また、6歳を過ぎても身長が140cm未満の子供であれば、万が一の事故のときに大人用のシートベルトが首に食い込んでしまう危険性があるため、補助シートの利用が推奨されます。

今回はそんなときに重宝するジュニアシートの選び方と、おすすめの商品を12点ご紹介します。

ジュニアシートって何?選び方は?

子供 ジュニアシート 車 お出かけ ママ

チャイルドシートは子供が3~4歳になってくると、徐々に窮屈になってしまいます。そこでチャイルドシートに変わって利用が推奨されているのがジュニアシートです。

ジュニアシートの対象年齢を確認する

ジュニアシートのなかには1歳から使えるものもあり、その場合、赤ちゃんの頃からチャイルドシートとして使うこともできますよ。

チャイルドシートが窮屈になってきて買い替えたい場合は、対象年齢が3歳からのものなど、子供の年齢に合わせて選びましょう。

ジュニアシートの安全性を確認する

現在、国土交通省が安全基準に適合しているとした商品には「Eマーク」が添付されています。また、2012年6月30日以前に製造されたものには「自マーク」が添付されている場合もあります(※1)。輸入品の場合は、ヨーロッパの安全基準である「ECE規則」や「米国安全基準」が適用されています(※2)。

現在の日本国内で販売が許可されているのは、これらの基準を満たしたジュニアシートのみです。購入時には必ず確認するようにしましょう。

チャイルドシートとジュニアシートの違い

赤ちゃん 車 ドライブ チャイルドシート ぬいぐるみ

チャイルドシートは子供用のカーシートの総称です。年齢や体重に合わせてベビーシートやジュニアシートといった名称がつけられている場合もあります。

以下で、一般的な名称ごとの適応年齢を説明しています。参考にしてくださいね。

ジュニアシートの適応年齢は?

要出典 ジュニアシート適応年齢表

各メーカーや商品によって細かな規定が異なる場合もありますが、購入の参考にしてみてください(※3)。

ベビーシート

首の座っていない乳児を寝かせるタイプです。原則として後ろ向きで使用し、年齢の目安は新生児から生後10ヶ月頃までです。

チャイルドシート

前向きのみで使用するタイプと、前後兼用のタイプがあります。使用の年齢目安は1歳から4歳頃までです。

ジュニアシート

ほとんどが前向きで使用するタイプです。使用年齢は3歳から11歳頃までが一般的ですが、最近では1歳頃から使えるタイプも。

ブースターシート

お尻の下に敷き、3点式シートベルトをそのまま使用できるタイプです。使用年齢は4歳から10歳頃までと、比較的長く使用できますよ。

ジュニアシートの1歳から使えるタイプ

1. コンビ ジョイトリップ エアスルー GZ

要出典 ジュニアシート コンビ ジョイトリップ エアスルー GZ 出典: www.combi.co.jp

1歳から11歳頃まで長く使える「コンビ」のチャイルド&ジュニアシートです。子供の成長に合わせて、チャイルドモード、ジュニアモード、ブースターモードという3ステップに、簡単にカスタムすることができますよ。

コンビ製品の特徴は、自社開発の衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載していること。卵を落としても割れないほどの吸収力で、ロングドライブやもしものときでも、子供をしっかりと守ってくれますよ。

口コミ

・背もたれの角度とクッションが気持ち良いようで、子供が気に入っています。
・取り付けや取り外しが簡単で、使わないときにすぐ外せて便利です。
税込価格
19,790円
対象年齢
1~11歳頃
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(UN R44/04)

2. アップリカ エアグルーヴ プラス 軽量ジュニアシート

要出典 ジュニアシート アップリカ エアグルーヴ プラス 出典: www.aprica.jp

頭・肩・腰部分をしっかり守る、3Dサポートクッションを内蔵したアップリカの「エアグルーヴ プラス」。ヘッドサポートの高さや、背もたれの角度を調節して、子供にぴったりあう状態を作ってあげることができますよ。

ママにとって見逃せないのが、シートカバーがすべて洗濯機で洗えるところ!他のジュニアシートは手洗い推奨のものが多いので、忙しいママは要チェックのおすすめシートです。

口コミ

・子供が汚してしまっても、全部洗濯機で洗えるので助かります。
・ペットボトルホルダーが左右2ヶ所に付いているのがとても便利です。
税込価格
29,158円
対象年齢
1~11歳頃
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(UN-R44)

3. エールベベ サラット3ステップ クワトロ プレミアムW

要出典 ジュニアシート エールベベ サラット3ステップ クワトロ プレミアムW

エールベベのこちらのジュニアシートは、シートに子供を座らせ、インパクトシールドを乗せて固定し、車のシートベルトを通すだけの簡単3ステップで取り付け完了。幅44cmとコンパクトで、車内で場所を取らないところもポイントです。

背面と座面にはエアホールが22個あって、通気性も抜群。サッと取り外しができるシートは、洗濯機でそのまま丸洗いができるので手間がかからず衛生面も安心ですよ。

口コミ

・窮屈な肩ベルトがないため、子供が喜んで付けてくれます。
・祖父母に取り付けを頼んだときも、軽いので簡単にできました。
税込価格
19,438円〜
アクティブグレー/ナチュラルブラック
対象年齢
1~11歳頃
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(UN R44/04)

4. 日本育児 ハイバックブースター EC2 Air

要出典 ジュニアシート 日本育児 ハイバック EC2 Air

子供の大事な頭部を守る大きなプロテクションを搭載した、幼児兼用のジュニアシートです。小さな子供にもフィットするよう、背面用クッションも標準装備しています。

背もたれは15度まで無段階リクライニングするので、快適な姿勢で座れますよ。シートカバーは取り外して洗濯でき、長い期間使ってもきれいな状態をキープできるのがうれしいですね。

口コミ

・軽くて簡単に取り外しができます。
・コスパが抜群!デザインも格好良いです。
税込価格
8,908円
アイスグレー/ボルドーレッド
対象年齢
1~12歳頃
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE R44/04)

5. リーマン フィーカ DX ロングユース ジュニアシート

要出典 ジュニアシート リーマン フィーカ DX ロングユース ジュニアシート

ワンランク上の快適装備で、子供をご機嫌にしてくれる「フィーカDX」。側面の壁を高くし、シートの奥行きを深くとることで子供をしっかり包み込みます。ヘッドレストと背もたれには低反発クッション、座面にソフトなウレタンクッションを搭載し、乗り心地も快適。

ママ一人の取り付け時にも助かる軽量設計もうれしいポイントです。左右どちらでも取り付けられ、飲み物やおもちゃを入れられるカップホルダーも口コミで好評ですよ。

口コミ

・取り付けも調整も簡単でグラグラもせず、快適です。
・すっきりしたデザインで軽く、メッシュで通気性も良さそうです。
税込価格
14,844円
ブラウン/レッド
対象年齢
1~11歳頃
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE R44/04)

6. ネンネ TMJチャイルドシート ジュニアシート

要出典 ジュニアシート ネンネ TMJチャイルドシート ジュニアシート

子供の成長に合わせて、ヘッドや肩ベルトを調節できるジュニアシートです。1歳から11歳ごろまで長く使えるので、シートベルトがきちんと装着できるようになるまで買い替えの必要がありません。

シートには通気性に優れたメッシュ生地を採用しています。長時間のドライブでもべたつかず、さらっとした肌ざわりで快適に過ごせますよ。子供が寝てしまったときに、シートをリクライニングさせられるのもうれしい配慮ですね。

口コミ

・クッション性が良く、子供がくつろいで乗っています。
・寝てしまったときに、リクライニングできるのが良かったです。
税込価格
8,676円~
グレー/ピンク/赤×黒
対象年齢
1~11歳頃
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE R44/04)

ジュニアシートはデザインにもこだわりたい

7. ネビオ ポップピット ジュニアシート

要出典 ジュニアシート ネビオ ポップピット ジュニアシート 出典: nebio-online.jp

トリコロールやスターなど、おしゃれなデザインが豊富な「ポップピット」。チャイルドシートやジュニアシートは車に合わせてシンプルなものが多いので、かわいいデザインが嬉しいですね。

見た目はもちろん、子供をしっかりホールドできるヘッドサポートやインナークッション、長さが調節できるベルトなど、基本的な機能性もばっちり。ヘッドレストは8段階、肩ベルトは3段階で調節でき、1歳から11歳頃まで長く使えます。

口コミ

・柄がイメージ通りで思わず「かわいい」と言ってしまいました。
・軽くて取り付けが簡単。グラグラもしません。
税込価格
7,908円
全8色
対象年齢
1~11歳頃
適応体重
チャイルドモード:約9~18kg
ジュニアモード・ブースターモード:約15~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE-R44/04)

8. コサット ズーミ ジュニアシート

要出典 ジュニアシート コサット ズーミ チャイルドシート

他にはないかわいいジュニアートを探している人にはこちらがおすすめ。モンスター柄のキュートなデザインが、子供のドライブ気分を上げてくれますよ。

5点式のベルトが使われていたり、アームレストや肩パッドも付いていたりと、安全性と使い勝手にもこだわって作っています。成長したら、座面だけで使うこともできますよ。

口コミ

・かわいい見た目で気に入りました。
・子供が喜んで座ってくれています。
税込価格
16,780円
対象年齢
1歳~小学生
適応体重
9~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE R44/04)

ジュニアシートの3歳から使えるタイプ

9. グレコ ジュニアシート ジュニアプラス

要出典 ジュニアシート グレコ ジュニアプラス 出典: www.gracobaby.jp

ヘッドサポートは6段階、アームレストは2段階と細かく調節可能で、3歳から11歳頃まで使えるグレコのジュニアシート。背もたれを取り外せるので、成長が早い子供も快適に車に乗ることができますね。

左右2箇所にカップホルダーがついていて、飲み物やお菓子、おもちゃなどもしまっておけます。シートは取り外して洗うことができるので、汗っかきな子供にも安心ですね。

口コミ

・自分の特等席にお気に入りのものを入れられて、とても喜んでいます。
・軽くて持ち運びしやすいです。
税込価格
5,980円
対象年齢
3~11歳頃
適応体重
15~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE-R44/04)

10. タカタ 312 アイフィクスジュニア ISOFIXジュニアシート

要出典 ジュニアシート タカタ ISOFIX対応ジュニアシート 出典: www.takata.com

2012年7月以降に販売されている車には全て、チャイルドシートを簡単かつ確実に取り付けることができるISOFIX(アイソフィックス)という規格が取り入れられています。このタカタのジュニアシートはISOFIXに対応しています。

車のシートベルトを使わずに、ISOバーにコネクターを差し込むだけで固定することが可能。また、使わないときは背もたれを倒して折りたためるので、トランクなどにもコンパクトに収納できる使い勝手の良さもおすすめですよ。

口コミ

・これに乗ったらすぐに寝てしまうほど乗り心地が良さそう。
・ガッチリ固定できるので、安心感があります。
税込価格
26,500円〜
全5色
対象年齢
3~12歳頃
適応体重
15~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(UN R44/04)

11. リーマン ジュニアシート ハイバックジュニアエアロ

要出典 ジュニアシート リーマン ジュニアシート ハイバックジュニアエアロ

熱のこもりにくいエアフリー構造が特徴的なこちらのジュニアシートは、暑がりで汗っかきの子供におすすめ。3〜6歳頃まではハイバックシートとして、それ以降はブースターシートとしても利用できるので長い期間重宝しますよ。

サイドのサポートクッションは、柔らかな低反発クッションを採用。横方向からの衝撃もしっかり吸収します。ヘッドレストは4段階調節ができるので、成長に合わせて使えますね。

口コミ

・とても軽くて付け替えるときにも便利。
・頭の部分が大きめでサイドもしっかりとしているため、寝ていても頭を支えてくれます。
税込価格
6,780円
対象年齢
3~11歳頃
適応体重
15~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(UN R44/04)

12. アップリカ エアライド 軽量ジュニアシート

要出典 ジュニアシート アップリカ エアライド

大きくて深いヘッドサポートが、首から頭にかけてをしっかりサポート。子供が快適に眠れるように工夫を施したジュニアシートです。熱がこもりにくい「メッシュシート」を使用しているので、蒸れにくくて快適ですよ。

さらにシート部分は取り外して洗えるので、食べこぼしなども気になりませんね。成長に合わせてヘッドサポートの高さを調節したり、背もたれを取り外したりもできますよ。

口コミ

・首が変な角度にならず、スヤスヤ気持ち良く寝てくれます。
・シートベルトが食い込まず、安心して子供を乗せられます。
税込価格
11,880円
ライドブラウン/ライドレッド
対象年齢
3~11歳頃
適応体重
15~36kg
安全基準
ヨーロッパ基準(ECE R44/04)

楽天市場でジュニアシートを探す

Amazonでジュニアシートを探す

ジュニアシートでドライブをもっと快適に

成長に合わせてサイズ感を調節できたり、座り心地にこだわっていたりと、ジュニアシートには子供が安全かつ快適にドライブできるような工夫が詰まっています。子供の成長や好みにあわせて、ドライブが楽しくなりそうなジュニアシートを選んでくださいね。

下記の記事では、4歳頃から使えるコンパクトなブースターシートをご紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう