幼児の英語教育!2・3・4歳の方法は?赤ちゃんから始めるべき?

グローバル社会において、英語の重要性がますます高まっています。小学校での英語教育が浸透してきたということもあり、「幼少期のうちから子供に英語を学ばせたい」と考えているママやパパも多いのではないでしょうか。しかし、幼児向けの英語教育方法に関する情報がたくさんありすぎて、「いつから始めたらいいの?」「どんな教育方法だと効果があるの?」と迷ってしまいますよね。

そこで今回は、幼児の英語教育を始める時期や、0~6歳の子におすすめの英語教育方法をご紹介します。

幼児の英語教育はいつから始めたらいいの?赤ちゃんから?

英語 教育

子供にいつから英語を学ばせるかについては、明確な答えは出ていません。「幼児期は脳が急激に成長するので、できるだけ早めに英語教育を始めたほうがいい」という意見もあれば、「早くから英語教育を始めると、日本語がおぼつかなくなってしまう」という意見もあるからです。

そこで、英語教育を始める時期を決める前に、まず子供がどれくらい英語を使えるようになってほしいかを考えてみましょう。ネイティブ並の英会話力を備えさせたいなら早く始めるに越したことはありませんが、一般的な日常会話ができるくらいの英語で良ければ、急いで始める必要はありません。幼児期は年齢に合わせて少しずつ英語に慣れさせ、小学校に入ってから本格的に始めるのも一つの方法です。

次からは、幼児期におすすめの英語教育方法を年齢別にご紹介します。

0~1歳の赤ちゃんの英語教育は、CDやDVDがおすすめ!

英語耳になるために

0~1歳くらいは脳の成長がめざましく、聞いた英語を素早く吸収します。常日頃から英語が飛び交う環境にいれば、ネイティブ並みの英語力を身につけられる可能性もあります。一方で、母国語である日本語もしっかり話せない時期なので、「英語にばかり触れていると、日本語の発達が遅れてしまう」と指摘する人もいます。

この時期から英語教育を始めるなら、英語のCDやDVD、おもちゃなどを通じて英語の歌を流したり、YouTubeなどの動画配信サイトで海外のチャンネルをつけたりしてみてはいかがでしょうか?赤ちゃんは音を聞き分ける能力に長けており、早いうちから英語に触れておくと、日本語にはない「L」と「R」の音を聞き分けることができるようになるなど、様々な効果が期待できますよ。

日本語の発達に影響を与えない範囲で、1日30分〜2時間くらい英語に触れる時間を設けてみましょう。パパやママが英語の絵本を読み聞かせてあげるのもおすすめですよ。

2歳~3歳の英語教育は、歌やダンスで体を動かそう!

女の子3歳 音楽 リトミック

2~3歳になると体の動きもしっかりしてくるので、ただ英語を聞くだけではなく、一緒に歌ったり、リズムに合わせてダンスをしたりすることもできますね。ただし、まだ日本語がつたない時期なので、「英語を勉強する」というよりも「英語に触れるのは楽しい!」と感覚を覚えられると、楽しく継続することができますよ。

2~3歳の子におすすめの英語教材

ディズニーの英語システム

幼児 英語教育 ディズニーの英語システム

「ディズニーの英語システム」は、ディズニーの人気キャラクターたちと歌を歌ったり、五感を使って遊んだりできるCD・DVD教材だけでなく、ネイティブの先生たちと触れ合えるイベントの機会も充実しているのがポイント。英語スキルはインプットとアウトプットを繰り返すことでより定着しやすくなるので、その両方の機会が揃っているのはうれしいですよね。

「子供の反応の良さを確認してから購入したい」という人には、無料サンプルがおすすめ。ディズニーの仲間たちの真似をしながら英語で遊べるDVDや、人気の英語の歌が満載のCD、そして歌詞とイラストを一緒に楽しめる絵本の3点セットがお手元に届きますよ。

「ディズニーの英語システム」の
無料体験DVD・CD・絵本を申し込む

えいごであそぼプラネット

えいごであそぼ480x480

こちらは、NHK Eテレの人気番組「えいごであそぼ」から生まれた、幼児向けの英語教材「えいごであそぼプラネット」。オリジナルの「えいごペン」でタッチするとネイティブスピーカーによる音声を聞けるツールや、音楽やゲームを通じて体を動かしながら英語を覚えられるカリキュラムが人気ですよ。

楽しい映像や音楽で英語に慣れたいなら「BEAのきけたよコース」、自分の好奇心とペースにあわせて英語を楽しみたいのであれば「BOのいえたよコース」、両方を取り入れたい場合には「セットコース」がおすすめ。

無料体験DVDを申し込むと、教材のダイジェストを見ることができるので、購入前の参考にしてみてくださいね。

「えいごであそぼプラネット」の
無料体験DVDを申し込む

4・5・6歳の英語教育は、コミュニケーションの機会を増やそう!

幼稚園で英語居教育

4~6歳頃になると日本語が母国語として確立されてくるので、英語学習による日本語への悪影響は起こりにくくなるといわれています。自分の意思を表現できるようになる時期でもあるので、次にご紹介するような方法で、英語のコミュニケーションを楽しめる機会を持つのがおすすめですよ。

英語教室に通う

子供向け英語教室では、先生や生徒同士の実際のふれあいを通して、実践的に楽しく英語を学ぶことができます。小学校に上がる前の時期に、「英語って楽しい!」「もっと使いたい!」と感じられると、将来の英語学習に対する抵抗がぐんと少なくなりますよ。英語教室に通う費用は、週1回のレッスンで月額8,000~1万円が相場です。

以下、4~6歳の子におすすめの英語教室・コースをご紹介します。

小学館の英語教室 イーコラボ

幼児 英語教育 イーコラボ

「小学館の英語教室 イーコラボ」は、年齢層に合わせて細かくクラスが分かれており、それぞれカリキュラムが工夫されています。保育園・幼稚園の年少~年長さんには、「Kids 1クラス」がぴったり。1回60分のレッスンのなかで、アルファベットの大文字を完全に習得し、3~5語の英文をリズミカルに言えるようになることを目指します。

レッスンの最大の特長は、「桃太郎」や「うさぎとかめ」などの物語を通じて英語を学ぶ「ストーリー ベース カリキュラム」を取り入れていること。単語や表現だけを切り離して覚えるのではなく、ストーリーのなかで自然に身につけることができるので英語スキル習得に効果がありそうですね。

ユニークなカリキュラムなので、ぜひ一度お近くの教室で無料レッスンを体験してみてください。

「小学館の英語教室 イーコラボ」の
無料体験を申し込む

まずは資料を請求してみる

シェーン英会話

シェーン英会話

「ネイティブスピーカーの先生から英語を教わりたい」という人には、「シェーン英会話」のレッスンがおすすめです。講師陣は全員、子供向けの英語指導法である「TEYL(Teaching English to Young Learners and Adults)」を専門的に学んでいるだけあって、子供たちが楽しく英語の力をつけられるレッスン作りに定評があります。

4~6歳の子には、ぬり絵やゲーム、ごっこ遊びを通じて全身で英語を楽しむ「プレイ」クラス、もしくは簡単な挨拶や会話、アルファベットを書く練習も加わる「キンダー」クラスがおすすめです。どちらのクラスも個人・ペア・少人数とレッスン形態を選ぶことができるので、子供の性格や好みによって学習環境を整えてあげられるのがうれしいですね。

ウェブで無料体験レッスンを申し込むと、入学金が10,800円割引になるうれしい特典も。

「シェーン英会話」の
無料体験を申し込む

オンライン英会話レッスンを受ける

英語教室に通わなくても、自宅で子供の英語スキルに合ったレッスンを受けられるのが、オンライン英会話レッスンの特長です。無料通話ソフト「スカイプ(Skype)」を使う場合が多いようです。

ママやパパが子供を送り迎えする必要がなく、受講可能な曜日・時間が幅広く用意されているのも魅力ですね。費用は教室に通うよりもリーズナブルで、週1回20分程度のレッスンであれば月額で3,000円程度から受講できるサービスもあります。

子ども向けオンライン英会話 hanaso kids(ハナソキッズ)

幼児 英語教育 hanaso kids

「ハナソキッズ」のレッスンは、すべてマンツーマンで受けることができます。恥ずかしがり屋の子でも、周りの目を気にせずどんどん英会話を楽しめますよ。講師陣は、明るく親しみやすいフィリピン人の先生が中心で、子供も「日本語ではなく、英語で頑張って話そう!」というモチベーションを持ってレッスンを受けられそうです。

レッスンに関するお問い合わせは日本人スタッフが対応するので、パパやママが英語を話せなくても心配ありませんよ。入会金が0円で、週1回25分のレッスンなら月額3,024円(税込)というリーズナブルな料金で受講できるのも魅力です。

オリジナルの無料テキストだけでレッスンを進めることもできるので、「あまりお金はかけられないけれど、少しずつ子供に英語を学んでほしい」という人にぴったり。オンラインレッスンの雰囲気を知るためにも、まずは2回の無料体験を試してみてはいかがでしょうか?

「ハナソキッズ」の
無料体験を申し込む

インターナショナルスクールに通う

英語を本格的に身につけさせたいなら、インターナショナルスクールに通わせるのも一つの方法です。最近では、日本人の子供を中心に、ネイティブの先生が英語で教えてくれるスクールも増えています。先生も子供も1日中英語で過ごすので、英語学習効果としてはもっとも効果が高いといえます。

ただし、インターナショナルスクールで英語にたくさん触れても、その後普通の小学校に進学すると英語はすぐに忘れていくこともあるので、継続して学び続けられる環境を用意することが大切です。

幼児の英語教育は「楽しく学ぶ」が大切

インターナショナルスクール 国際化 グローバル 子供 学校

「自分の子供には、ネイティブスピーカーのように完璧に英語を話せるようになってほしい」と考えすぎず、まずは楽しく英語に慣れることから始めてみましょう。子供自身が「英語って楽しい!」「もっと英語を勉強したい」と思えることが、幼児期の英語教育には大切ですよ。

CDやDVDに合わせて歌やダンスを楽しんだり、英会話教室に通ってほかの子供たちとゲームをしたり、自宅でオンライン英会話レッスンを受けたり…と、英語教育の形はさまざま。子供の性格や生活のスケジュールなどを総合的に考慮して、その子にあった学習方法を見つけてあげてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう