排卵痛がひどい!薬や漢方は効くの?病気の可能性もある?

女性の体調は、月経リズムに大きく左右されるもの。「生理痛」だけでなく、「排卵痛」がひどくて悩んでいる女性もいます。症状が続くと「もしかして何かの病気かも?」と不安を覚えることもありますよね。

今回はそんな人のために、排卵痛の症状と、痛みの軽減に効果がある薬や漢方薬、考えられる病気の可能性についてまとめました。

排卵痛とは?

子宮 痛み 癒着

排卵日の前日・翌日を含めた3日間にあたる「排卵期」に、卵巣付近に感じる痛みを「排卵痛」といいます。例えば生理が28日周期の人の場合、生理開始日から数えて13~15日目あたりに排卵痛が現れます。

排卵痛の症状や程度には個人差があり、毎月必ず排卵痛があるとは限りません。痛みを全く感じない人もいれば、生理痛のように下腹部が重いような痛みに襲われる人もいます。

排卵痛の症状は?時期によって違うの?

排卵周期(でかい) のコピー2 基礎体温グラフ

排卵は、次回生理開始予定日の約14日前に起こります。排卵痛が現れる時期には、「排卵前」「排卵する瞬間」「排卵後」の3つがあるので、「痛みを感じた日=排卵日」とは限りません。排卵痛を感じる3段階の時期について、それぞれの痛みと原因は次のとおりです。

排卵前の痛み

排卵日が近づくと下腹部全体にチクチクとした痛みを伴うことがあります。これは、排卵する前に、卵胞が成熟して大きくなり、卵巣が少し腫れたような状態になるためです。排卵後に腫れがひいていくと、痛みも次第に治まっていきます。

排卵する瞬間の痛み

下腹部で感じる痛みの原因の一つとして、成熟して大きくなった卵胞が腹膜を刺激していることが考えられます。また、卵胞が卵子に突き破られるときの痛みを感じる人もいるようです。

排卵後の痛み

排卵後は、「排卵出血」と呼ばれるわずかな出血が見られることがあります。体に悪影響があるものではありませんが、この出血が原因で、引きつるような軽い痛みを伴うこともあります。また、排卵直後はまだ卵巣が腫れているため、排卵前と同じようなチクチクとした痛みが現れる人もいます。

排卵痛がひどい!薬や漢方薬は効くの?

葉酸 サプリ 飲む 手 薬

排卵痛は排卵に伴う生理的な現象であり、病気ではありません。そうはいっても、あまりに痛みがひどく日常生活に支障をきたすと辛いですよね。そんなときは、あまり我慢せず、婦人科を受診することをおすすめします。

卵巣は子宮と近い位置にあるので、「卵巣の痛みだと思って受診したら、子宮に何らかの疾患が見つかった」というケースもありますよ。

排卵痛が原因で下腹部に痛みがある場合、病院では次のような薬が処方されることがあります。

解熱鎮痛剤

「排卵痛の痛みを軽減したい」という場合は、対症療法として、解熱鎮痛剤を使用すると痛みの軽減効果を示すことが多いとされています(※1)。

低用量ピル(経口避妊薬)

卵巣に特に異常はないけれども痛みが3日以上続く、毎月鎮痛剤が必要なほどの痛みがあるといった場合には、低用量ピルが処方されることもあります(※2)。2~3ヶ月排卵を止めることで、症状が改善するか経過を観察します。

また、「排卵が起きない=妊娠しない」ということなので、妊娠を希望する場合は、低用量ピルの服用を中止する必要があります。

漢方薬

西洋医学との併用で、漢方薬が処方されることもあります。漢方薬は、痛みに対して即効性があるわけではありませんが、長期的に服用を続けることで体質改善が期待できるといわれています。

中医学的に、生理痛や排卵痛は「血の異常」であると考えられることが多いようです。病院で処方される漢方薬として、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や安中散(あんちゅうさん)、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)などが挙げられます。実際は、それぞれの体質や症状を総合的に判断したうえで処方されます。

排卵痛がひどいとき、病気の可能性はある?

女性 医師 医者 診断 病院 診察

下腹部の痛みのほかに、腰痛・悪心・嘔吐・発熱などをともなう場合、卵巣にねじれが生じる「卵巣嚢腫茎捻転(らんそうのうしゅけいねんてん)」の可能性も否めません。また、不正出血が見られたり、レバー状の塊が出たりするのであれば、「子宮内膜症」といった子宮系疾患を発症している場合もあります。

どちらも、病状が進むと妊娠しづらくなってしまう可能性があるので、強い痛みがある場合は、婦人科の受診をおすすめします。普段から、定期的に検診を受けておくことも大切ですよ。

排卵痛かどうかを判断するには?

基礎体温 表 グラフ

このように、「下腹部に痛みがある」というだけでは、100%「排卵痛」であるとは言い切れません。そこで、基礎体温を記録し、より正確に排卵日を把握できれば、排卵期に感じている痛みなのかどうか、それとも違う病気なのかを判断する一つの材料になります。

また、妊娠を希望する場合、基礎体温の計測から低温期と高温期を把握しておくことで、妊娠しやすい性交のタイミングも見つけやすくなりますよ。

排卵痛がひどいときは、無理せず病院へ

予約 医師 病院 カレンダー スケジュール 判定日 診察日

排卵痛を感じる程度や頻度には個人差があります。基本的には、排卵痛は病気ではないため、耐えられる痛みであれば心配ありませんが、どうしてもつらいときには、一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。

受診したことにより、卵巣・子宮系の疾患の発見につながる可能性もありますよ。薬の服用については、自己判断せず、医師に相談のうえ決めると安心ですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう