生理後のおりものの特徴は?血が混じると病気?出血や量でわかる?

女性の健康のバロメーターといわれる「おりもの」。ちょっとした体調の変化にあわせて色や量などが変化します。特に生理後は色が茶色〜茶褐色になることもあるため、驚く女性も多いようです。そこで今回は、生理後のおりものの特徴や、血が混じるときの注意点をまとめました。

おりものとは?役割は?

トイレ おりもの 女性 トイレットペーパー

おりものとは、膣から子宮腔をつなぐ子宮頸管から出る分泌物や古い細胞が混ざり合った、粘り気のある液体のことをいいます。女性の体の中から「下りてくるもの」なので、おりものと呼ばれています。

健康な女性であれば必ず分泌されていますが、分泌しているのをほとんど感じない人もいれば、下着が汚れるほど多く分泌される人もいます。おりものはただの分泌物ではなく、体内では以下2つの大切な役割を果たしています。

役割1. 膣を清潔に保つ

粘り気の強いおりものによって、細菌が外部から侵入できない上、膣内で繁殖するのを防いでいます。

役割2. 受精の手助け

特に排卵日付近に透明で多量なおりもので満たされることで、性交時に射精された精子が子宮内へスムーズに進めるようになります。これによって、卵子に出会う確率が高まり、受精がサポートされます。

生理後のおりものの特徴は?

基礎体温表

生理後のおりものは、生理前と状態が変化します。これは、おりものが「膣を清潔に保つ」と「受精の手助けをする」という異なる二つの役割を果たす必要があるからです。

おりものは基本的に膣を清潔に保つ役割を果たしていますが、排卵が近くなってきたタイミングで受精の手助けになるような状態に変化します。

おりものの色と状態

生理後すぐはサラッとして粘り気がない状態です。その後、排卵が近づくにつれ精子を進みやすくして受精を手助けするために、徐々に量が増えていきます。

排卵直前の特徴としては、指でつまむとネバネバと伸びる点です。排卵後は、細菌の侵入を防ごうとにごった状態になり、さらに粘り気が増します。

このような変化を見つけられるようになれば、個人差はありますが、おりものの変化で排卵を察知できることもあります。

おりものの分泌量

生理前や生理中はそれほど分泌量も多くなく、わずかな量なので分泌されていることに気がつかないことも。しかし生理後に次の排卵が近づいてくると、精子が子宮内に進みやすくするために分泌量が増え、排卵のタイミングで最も多くなります。この時期は下着におりものがついてしまう女性も多くいます。

おりもののにおい

基本的におりもの自体はそれほどにおいが強くありません。排卵日前後もほぼ無臭ですが、生理が近くなると酸っぱいにおいを感じやすくなります。また、生理が終わった直後もにおいが強くなることがあります。

生理後のおりものの状態で病気がわかる?

女性 メモ チェック ノート

生理前のおりものの状態も含めて、日頃のおりものの状態を注意してみる習慣をつけましょう。おりものの状態から体調を把握することもできますよ。特に以下のようなおりものは、なんらかの病気の可能性があるので注意してください。

おりものが多く、足の付け根にしこりがあって痛む

においはありませんが、水っぽいおりものが普段よりも多く出ているときはクラミジアに感染している可能性があります。発熱や下腹部痛を伴うこともありますが、放置すると不妊の原因にもなるので、できるだけ早めに婦人科を受診しましょう。

強いにおいのあるおりもの

黄緑がかった膿みのようなおりもので悪臭がする場合は、淋菌感染症の可能性があります。クラミジアと同じく放置すると不妊を引き起こしやすいので、早めに検査を受けると安心です。

白いチーズのようなボロボロしたおりもの

カンジダ膣炎の典型的症状で、強いかゆみを伴うことがほとんどです。特徴的な症状なので注意して見ておきましょう。

黄色や黄緑色で泡だったおりもの

強い悪臭で、黄色い泡状のおりものは、トリコモナス膣炎の症状です。かゆみを伴うのも特徴です。

生理後のおりものが茶色・茶褐色な理由は?

女性 悩み 違和感 子宮 性器 おりもの 不安

おりものの状態をチェックしている中で、茶色や茶褐色のおりものがみられることがあります。このときには出血が膣や子宮に起きている可能性があり注意が必要です。

生理の直後は経血が混じって茶色っぽいおりものになることはあります。しかし、生理後しばらくしても茶色・茶褐色のおりものが続くようなら子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんや子宮体がんなどで出血している可能性もゼロではないので、しばらく体調を注意深く確認しておきましょう。

「不正出血=病気」というわけではありませんが、おりものの状態や体調の異変には早めに気づき、違和感があれば婦人科で検査を受けてください。

おりもので排卵や妊娠タイミングがわかる?

排卵日 カレンダー ハート いつ

おりものの変化では病気や体調がわかるだけでなく、排卵や妊娠タイミングを見つけることも可能です。

排卵時のおりもの

生理直後から排卵が近づくまでは、おりもの量は少なくサラサラしていて粘り気がない状態です。その後、排卵期になるとおりものの量が増え、無色透明な卵白のようになり、指でつまむとトロッと伸びるのが特徴です(※1)。

この時期のおりものの変化に気づくことができれば、妊娠しやすい排卵期を把握することができます。ただし、個人差があるので、妊娠を希望しているときには基礎体温表や排卵検査薬などと組み合わせて、排卵日の予測をしてくださいね。

妊娠時のおりもの

妊娠、つまり受精卵が子宮内膜に着床すると体内のホルモンバランスが変化します。本来は生理に向けて減少するはずの女性ホルモンが分泌され続けるため、おりものの量が維持され、しばらく量が変わらないと妊娠している可能性があります。また、着床時の出血が混じることで薄いピンク色が見られることもあります。

ただし、妊娠していてもおりものが変化しないこともありますので、あくまで参考にしてくださいね。

生理後のおりものとの上手な付き合い方は?

生理 出血 ナプキン

おりものは女性にとって大切な働きをしていますが、下着が汚れたりすると不快な思いをすることも。特に経血が混じった茶色のおりものだと、下着にも色がついてしまいます。おりものに悩まされないように、以下を意識しておきましょう。

生理周期を把握する

おりものの分泌量は生理周期で変化するので、自分の生理周期を把握することである程度分泌量が増えるタイミングを予測できます。そうすればあらかじめ「おりもの用のシート」を準備しておく、といった対策ができますよ。

通気性のいい下着で、タイトな服装は避ける

膣周辺の通気性が悪いと雑菌が繁殖しやすくなるので、膣を守るためにおりものの分泌量が増えてしまいます。普段から通気性のいい素材の下着を選んで清潔に保っておくと、分泌量が多くならずにすみますよ。同じ理由からタイトな服装は下半身を締め付けて通気性が悪くなるので、控えると良いでしょう。

生理後のおりものは健康のバロメーター

女性 ソファ リラックス

おりものは面倒に感じることもありますが、健康状態を簡単にチェックすることができます。おりものの状態を察知して病院を受診すれば、何か病気が見つかっても早期発見・早期治療ができるので治りも早くなりますよ。生理周期と照らし合わせながら、おりものの状態を把握しておきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう