幼稚園に入園できる年齢は?年少とは何歳のこと?

子供が2歳を過ぎた頃から、「幼稚園には何歳から入園できるのだろう」「どこの幼稚園が良いかな」と、情報収集を始めるママも多いのではないでしょうか。初めての子供の場合は、それぞれの幼稚園の特色や「年少・年中・年長」が何歳のことを指すのかもわからず、困惑してしまうこともありますよね。そこで今回は幼稚園に入園できる年齢と、年少・年中・年長とはそれぞれ何歳なのかについてご紹介します。

幼稚園とはどんなところ?保育園や認定こども園との違いは?

幼稚園 保育園 教室 子供

小学校入学前に入るのが幼稚園や保育園です。「未就学児が通う場所」という点ではどちらも同じですが、それぞれの機能は下記のように異なります(※1)。

幼稚園 保育園
管轄 文部科学省管轄の教育施設 厚生労働省管轄の福祉施設
対象 満3歳から小学校入学前までの幼児 乳児から小学校入学前までの幼児
保育時間 9:00~14:00頃まで
(原則 4時間)
9:00~17:00頃まで
(原則 8時間)
保育指導 幼稚園教論の資格が必要 保育士の資格が必要
長期休暇 あり(夏休み・冬休み・春休みなど) なし
給食 任意(お弁当持参の場合もある) 義務

上記の表からもわかるように、保育園が子供を預かる福祉施設であるのに対し、幼稚園は小学校に通う準備のための教育施設で、集団での生活や作業に慣れ、就学をスムーズにするための学びの場といえます。

また最近では女性の社会進出の増加に伴い、幼保一元化を目指した施設の設置が進められています。

これは、保育園の持っている延長保育や3歳未満の赤ちゃんの保育の機能と、幼稚園の持っている教育や保護者が就労していなくても通わせられるという機能を併せ持った施設です(※2)。

このような施設は「認定こども園」などと呼ばれ、保育と教育をどちらも受けることができます。

幼稚園に入園できる年齢は何歳?

記号 疑問 クエスチョン はてな

幼稚園には、3年間通えるところと2年間だけ通えるところとに分かれており、入園できる年齢が異なります。それぞれ、「3年保育」「2年保育」と呼びます。

幼稚園が3年保育の場合、入園できる年齢は満3歳です。幼稚園に入園する4月に満3歳になっている必要があるため、4月生まれの子供は入園してすぐに4歳をむかえ、3月生まれの子供は3歳になって1ヶ月も経たないうちに入園することになります。

幼稚園が2年保育の場合は、入園できる年齢は満4歳です。

3年保育 2年保育
入園時の年齢 満3歳 満4歳

園によっては、就学前の最後の1年間だけ通うことができるところもあり、その場合は満5歳で入園することになります。

また幼稚園によっては、入園前の満3歳になる年に、未就園児クラスを設けている場合があります。これは「プレ幼稚園」「プレスクール」「プレ保育」などといわれ、月に数回程度の預かり保育やママと一緒に幼稚園を体験するなどの催しを実施しています。

登園頻度や実施内容、実施の有無は園によって異なります。

幼稚園の年少・年中・年長っていつ?何歳のこと?

風景 幼稚園 保育園 学校 教室

3年保育の幼稚園の場合は、入園できる年齢になった満3歳(3~4歳)のクラスを年少、満4歳(4~5歳)のクラスを年中、満5歳(5~6歳)のクラスを年長と呼びます。

▼3年保育の場合

クラス 4/1時点の年齢 翌3/31時点の年齢
年少 3歳 4歳
年中 4歳 5歳
年長 5歳 6歳

2年保育の幼稚園の場合は、入園できる年齢の満4歳(4~5歳)のクラスを年少、または年中と呼び、満5歳のクラスは年長と呼ばれます。満4歳のクラスを「年少」と呼ぶか「年中」と呼ぶかは、幼稚園によって異なります。

▼2年保育の場合

クラス 4/1時点の年齢 翌3/31時点の年齢
年少もしくは年中 4歳 5歳
年長 5歳 6歳

幼稚園にいつから通うかは状況に合わせて

shutterstock_140772838

どの幼稚園に通うか、何歳から幼稚園に通わせるのか、3年保育にするのか2年保育にするのかなど、選択肢がたくさんあると迷ってしまいますよね。

幼稚園への入園を考えているなら、子供が2歳頃になったらまずは近くの幼稚園を訪れて、雰囲気をうかがうことから始めてみましょう。見学を受け付けている幼稚園も少なくないので、気になったところがあれば申し込んでみてもいいでしょう。

幼稚園の見学では、年少・年中・年長といった年齢ごとの生活の様子や勉強の内容を垣間見ることができるので、自分の子供が入園した後のイメージがきっと湧くはずです。

子供の性格やそれぞれの家庭のライフスタイルによって優先することも違うと思うので、入園する時期や園を見極めていきたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう