【臨床心理士監修】一人っ子のメリット、デメリット、育て方の心構え

監修専門家 臨床心理士 佐藤 文昭
佐藤 文昭 おやこ心理相談室 室長。カリフォルニア臨床心理大学院臨床心理学研究科 臨床心理学専攻修士課程修了。米国臨床心理学修士(M.A in Clinical Psychology)。精神科病院・心療内科クリニ... 監修記事一覧へ

一人っ子というと、「かわいそう」「わがままになる」といった言葉を耳にすることがありますよね。実際に、一人っ子を育てているママは、「兄弟姉妹がいたほうがいいのかな」と不安になることもあるかもしれません。今回は、一人っ子のメリット・デメリット、育て方のコツについてご紹介します。

一人っ子は増えているの?

赤ちゃん ママ 抱っこ 日本人

国立社会保障・人口問題研究所が2015年に行った「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」では、調査対象となった夫婦(結婚持続期間15~19年)のうち、子供が一人の夫婦の割合は、18.6%でした(※1)。

同調査によると、子供が二人いる夫婦は54.0%、三人いる夫婦は17.9%、四人以上の夫婦は3.3%で、一人っ子家庭の割合は子供二人の家庭に次いで多いことがわかります。

1997年の同じ調査では、一人っ子を持つ夫婦の割合は9.8%だったことから、約20年で約2倍に増えているといえます。

一人っ子が増えている背景には、女性の社会進出、晩婚化、子育てにかかる経済的負担などが原因となっていると考えられます。

一人っ子のメリットは?

初節句 日本人 赤ちゃん

一人っ子というと、デメリットばかりが注目されがちですが、メリットもたくさんあります。

子供の自己肯定感が高まる

一人っ子はパパやママの愛情を独占することができるの場合が多いので、「自分は愛されている」と実感しながら育つ傾向があります。

兄弟姉妹がいると、親がいくら平等に接しているつもりでも、「他の兄弟姉妹より愛されていない」と比較して劣等感を抱くことも。親の愛情を一身に受けることができる一人っ子に自己肯定感が高まりやすいのは、メリットの一つといえます。

大人との接し方が上手くなる

兄弟姉妹がいないと、親や祖父母など大人と接する時間のほうが多いので、大人との付き合い方が上手になります。日頃から大人と接することで、成長してからも空気を読むのが上手になるといわれています。

経済的な負担が軽い

子供一人を大学まで行かせる場合、公立か私立かにもよりますが、少なくとも1,000万円前後はかかるのが一般的です。子供の人数が増えるほど、教育費や食費といった経済的な負担が大きくなりますが、一人っ子なら一人分の費用で済みます。

外出や旅行がしやすい

子供の数が多くなるとそれだけ外に出かけるのも大変です。一人っ子なら、その子の成長に合わせて出かける場所や旅行先を選べますね。親の体力面や金銭面でも自由が利きやすいのもメリットです。

一人っ子のデメリットは?わがままになりやすいの?

子供 日本人 一人っ子

下記に、一人っ子のデメリットといわれることをご紹介します。ただし、あくまでも兄弟姉妹がいる子供と比べた傾向なので、参考程度に考えてくださいね。

我慢や忍耐力がつきづらい

一人っ子が必ずしもわがままになるとは限りませんが、そうなる傾向はあります。親からの愛情を独占できて、欲しいものは兄弟姉妹と争うことなく手に入れられるので、我慢や忍耐を学ぶ機会が少ないからだと考えられます。

我慢を知らずに育ってしまうと、自分の思い通りにしたいという気持ちが強くなり、集団生活に入ったときにわがままだとみられてしまうことも。

競争が苦手

兄弟姉妹がいると、食べるのが早い、着替えるのが早いなど、普段の生活の中で競争をする機会がありますが、一人っ子は競争の経験が少なくなりがちです。

また、兄弟姉妹がいる家庭と比べて、喧嘩をすることが少なく、仲直りの仕方がわからないため、友達と衝突することを恐れて争いごとを避けようとする傾向があります。

親からの期待感をプレッシャーと感じる

愛情を一身に受けるのと同時に、親や祖父母から勉学や運動、将来への期待が重くのしかかり、それがプレッシャーになってしまうことも。

このプレッシャーが大きすぎると、子供は親の期待に応えるようにしか行動できず、柔軟な心の発育を阻害される可能性があります。

一人っ子の上手な育て方は?

ママ友 日本人

メリット・デメリットを理解したうえで、一人っ子の育て方のコツをみていきましょう。

適度に甘えさせる

子供のときにしっかり親に甘えることができると、情緒が安定し自信を持てます。そういった心の土台ができ上がると、友達に優しく接することができるようになります。

ただし、欲しがるものをなんでも買い与えたり、好きなようにやらせすぎたりして「甘やかす」ことがないように注意してくださいね。

同世代の子供と遊ぶ機会を増やす

兄弟姉妹で遊ぶことができない分、同世代の子供と接する機会を増やしましょう。幼稚園や保育園に通ったり、児童館で遊んだりする以外にも、習い事や地域の行事に参加するのもおすすめです。同世代の子供たちと遊ぶことで、我慢や忍耐を育むことができますよ。

過度な期待をしない

一人っ子だからこそ、たっぷりの愛情を注ぎ、たくさんの教育費をかけるのは、「将来、苦労することがないように」と願う親心。しかし、その願いが子供にとっては「成功しなければいけない。失敗してはいけない」というプレッシャーに変わることも。

子供が進路を自ら決められるように選択肢を用意してあげながらも、過度な期待はかけず、やりたいことを思いきりやれるようにサポートしてあげられるといいですね。

一人っ子をかわいそうと思わず、メリットを活かそう

家族 後ろ姿 日本人

デメリットばかりに目を奪われがちな一人っ子ですが、我が子とじっくり向き合うことができるのは、一人っ子ママ・パパの特権です。

「一人っ子だからかわいそう」と心配するよりも、一人っ子のメリットを活かしながら、愛情をたっぷり注いであげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう