骨盤内炎症性疾患(PID)とは?原因や症状、治療法は?不妊になる?

監修医師 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 監修記事一覧へ

「骨盤内炎症性疾患(PID)」という病気をご存じですか?あまり馴染みがないかもしれませんが、女性なら誰しも発症する可能性があり、不妊症を引き起こすこともあります。今回は、骨盤内炎症性疾患(PID)の原因や症状、治療法についてご説明します。

骨盤内炎症性疾患(PID)とは?

女性 お腹 炎症 痛い 

骨盤内炎症性疾患(pelvic inflammatory disease:PID)は、子宮や卵巣、卵管、骨盤腹膜など、子宮頸管より上にある生殖器や臓器で起こる感染症の総称です。

骨盤内の感染症は様々な部位に併発することが多く、特定の場所だけを診断することが難しいので、PIDという総称で呼ばれるのが一般的です。

骨盤内炎症性疾患(PID)の原因は?

女性 疑問 不安 心配 恐れ 悩み

骨盤内炎症性疾患(PID)の主な原因は、性感染症を引き起こすクラミジアや淋菌です。性交渉によってこれらの病原体が腟や子宮頸管に感染し、それが子宮内膜や卵管、卵巣など上に向かって広がっていくことで発症します(※1)。

そのほか、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌といった細菌が原因になることもあります。本来、腟内には自浄作用がありますが、免疫力が低下していたりすると、腟内環境が乱れ、菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです(※1)。

また、虫垂炎や結核性腹膜炎などを発症したあと、炎症が下に向かって広がるケースや、子宮内避妊器具を長期間入れたままにしておくことでPIDを発症するケースもあります(※1)。

骨盤内炎症性疾患(PID)の症状は?

 

はてな クエスチョン 疑問

骨盤内炎症性疾患(PID)は、子宮内膜炎や子宮筋層炎、卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎などを含み、強い下腹部痛や発熱、おりものの増加や悪臭、不正出血などが見られます。これらに心当たりがあれば、すぐ婦人科を受診するようにしてください。

炎症の程度や部位によっては、自覚症状だけでPIDと確定できないことも多くあります。そのため病院では、触診や内診に加えて、体温や白血球の数なども見ながら診断が行われます(※2)。

骨盤内炎症性疾患(PID)の治療法は?

病院 医師 薬 処方

まず、検査によって骨盤内炎症性疾患(PID)の原因となっている病原体を突き止め、その細菌やウイルス、原虫などに合わせた飲み薬や注射剤を投与します。

症状が比較的軽く、薬の効果が十分に発揮されれば、5~7日間ほど薬の投与を続けることで症状が改善されます(※1)。ただし、再感染を防ぐため、PIDが完治したと医師が判断するまでは性交渉を控えましょう。

もし、炎症が腹膜まで広がり、膿(うみ)を持った腫瘤ができてしまった場合には、抗菌剤が効かないことがよくあるので、膿を体外に抜き出すドレナージなどの手術を行います(※1)。

骨盤内炎症性疾患(PID)で不妊症になる?

女性 受診 病院 医師 産婦人科 婦人科

骨盤内炎症性疾患(PID)は、不妊症や異所性妊娠(子宮外妊娠)などの後遺症を残す恐れがあります。そのため、できるだけ早く発見し、治療を行うことが肝心です。

たとえば、卵巣の炎症が排卵を妨げるほか、卵管が膿や癒着で塞がってしまうと、卵子と精子の受精や、受精卵の運搬に支障をきたし、妊娠しにくくなる可能性があります。また、子宮内膜の炎症が重症化すると、受精卵の着床が難しくなる恐れがあります。

PIDを治療せずに放置しておくと、どんどん炎症が広がり、不妊治療をしないと妊娠できなくなる可能性もあります。妊娠を希望している女性は特に、下腹部痛などの症状に十分気をつけ、少しでも不安があるときは婦人科で診てもらいましょう。

骨盤内炎症性疾患(PID)を予防するには?

月経 生理 初潮 初経 ナプキン

骨盤内炎症性疾患(PID)の原因は様々ですが、腟が細菌などに感染し、そこから子宮や周辺の器官に炎症が広がっていくことが多いので、デリケートゾーンを常に清潔に保つことが予防につながります。

生理用ナプキンを長時間つけたままにせず、こまめに取り替える、締めつけの少ない、通気性の良い下着を身につける、といったことを心がけましょう。

また、クラミジアや淋菌は性交渉を通じて感染するので、コンドームなどの避妊具をきちんと使うことが大切です。妊娠を望んでいる場合は、妊活を始める前に性感染症の検査を受けておくと安心です。

骨盤内炎症性疾患(PID)は早期治療が大切

カップル 男女 足 ベッド

骨盤内炎症性疾患(PID)は、不妊につながるリスクがあるので、妊娠を考えている女性は特に注意したい病気です。生理用品や避妊具を適切に使い、普段から予防に努めるのはもちろんのこと、下腹部痛やおりものなど少しでも違和感があれば、できるだけ早く婦人科を受診してください。

もしPIDと診断されたら、発症する前に性交渉があったパートナーにも泌尿器科などで検査を受けてもらい、お互いにうつしあうことのないように2人でしっかり治療しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう