おりものがカッテージチーズ状に!ポロポロしている原因は病気?

監修医師 産婦人科医 山本 範子
山本 範子 日本産科婦人科学会専門医。平成5年、日本大学医学部卒。日本大学附属病院および関連病院で産婦人科医として経験を積み、その間に日本大学総合健診センターで婦人科検診にも力を注いできました。現在は港区の日野原... 監修記事一覧へ

おりものは女性の健康のバロメーターといわれるほど、体の状態を反映します。なかでも、白色でポロポロとしたカッテージチーズ状のおりものになったときは、注意が必要です。今回は、おりものがカッテージチーズ状でポロポロとした塊になったときの、原因や治療法、予防法をご紹介します。

正常なおりものの状態は?

コップ 水

正常なおりものは、一般的に透明かやや白っぽい色をしていて、少し粘り気があります。基本的には無臭か、酸っぱいにおいがします。

また、おりものは、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンに影響を受け、生理周期にあわせて状態が変化します(※1)。

時期によって、下記のような状態になります。

生理後

生理後すぐは、おりものがあまり出ず、サラサラとしています。

排卵に向けて少しずつ量が増え、ベトッとした粘り気のある状態に変化していきます。

排卵期

排卵日が近づくにつれ、量が増え、再びサラッとした状態になります。

排卵日の直前には、もっとも量が多くなり、卵の白身のように糸をひくような、粘り気のある状態に変化します。

生理前

生理が近づくにつれて、量はどんどん少なくなっていきます。においが若干きつくなり、粘り気がなくなります。

おりものはカッテージチーズ状になるの?

カッテージチーズ モノ 食べ物

体に異変があると、おりものに明らかに色がついていたり、きつい臭いがしたりと、おりものの変化を感じることがあります。その変化のひとつとして、「カッテージチーズのよう」と表現されることがあります。

カッテージチーズ状とは、濃い白色で、ポロポロと剥がれ落ちるような状態を指します。人によっては、「酒かすのような状態」と表現することもあります。

おりものがカッテージチーズ状になってポロポロ落ちる原因は?

女性 心配 不安

それでは、おりものがカッテージチーズ状になって、ポロポロ落ちるのは、なぜなのでしょうか?もっとも可能性が高い原因は、「カンジダ腟炎」という病気です。

カンジダ腟炎は、誰しもが体にもっている「カンジダ菌」という菌(常在菌)が異常に増殖し、直腸から肛門、外陰部を介して腟に移行してくることで発症します。

性行為で感染すると思われがちですが、抗菌薬の服用、妊娠、過労、睡眠不足、体調不良、通気性の悪い下着の着用、不適切な腟の洗浄など、様々な原因によって引き起こされます(※2)。

主な症状としては、おりものがカッテージチーズ状に変化する以外にも、腟や外陰部に強いかゆみや痛みを感じる、腟が赤みを帯びるなどがあります。

おりものの異常と一緒に、他の症状が出ていないかも確認しましょう。

おりものがカッテージチーズ状でポロポロになったときの治療法は?

診察

ポロポロした白いカッテージチーズ状のおりものが見られたときは、前述のとおり、カンジダ腟炎が疑われます。

カンジダ腟炎は、きちんと治療を行えば問題なく治る病気です。カッテージチーズ状のおりものが続くときは、早めに婦人科を受診しましょう。

婦人科を受診し、カンジダ腟炎であると診断されると、基本的には1週間ほど、毎日通院して治療を行う必要があります。

治療は、腟内を洗浄し、腟に薬を挿入することで行います。一般的に6回程度の治療になりますが、毎日通院することが難しいときには、週1回で行う治療法もあります。

ただし、週1回の治療は、毎日通って行う治療よりも、効果が出にくくなる可能性があります(※2).

外陰部に炎症が起こっている場合は、クリーム状の薬剤を塗って治療することもあります。

また、カンジダ腟炎は性行為でうつるので、念のため、パートナーも感染していないかチェックしてもらいましょう。どちらか一方が治療をしていないと、再感染を繰り返してしまう可能性があります。

二人で治療をすることで、再感染を防ぐことが大切です。

カッテージチーズ状のおりものの予防法は?

おりもの

カンジダ腟炎の原因となる「カンジダ菌」は、消化管や皮膚にも常に存在する菌(常在菌)です。そのため、一度治癒しても、再発する可能性があります。

カンジダ菌の増殖を防ぐためにも、下記のようなことに気をつけましょう。

腟や外陰部を清潔に保つ

デリケートゾーンが不衛生な状態だと、カンジダ菌が増殖しやすくなることがあります。腟には自浄作用があるので、あまり触りすぎないようにしながら、清潔に保ちましょう。

● 外陰部を石けんで洗いすぎない
● 入浴後は外陰部をしっかりと乾かす
● 通気性のよい下着をつける
● タイトなパンツの着用を控える
● おりものシートやナプキンはこまめに交換する
● 下着やタオルは毎日洗濯して、清潔な物を使う

体の免疫力をあげる

カンジダ腟炎は、疲れているときや、睡眠不足のときなど、体の免疫力が下がっているときに発症する可能性が高まります。身体的・精神的な健康を維持することも大切です。

● ストレスや疲れを溜め込みすぎない
● 睡眠をしっかりとる
● 栄養バランスの取れた食事を心がける
● 適度な運動をする

カッテージチーズ状でポロポロのおりものは、早めに病院を受診しよう

医師 医者 診断 診察 病院

カンジダ腟炎は、誰しも発症する可能性がある病気です。カッテージチーズ状のおりものがあるときは、恥ずかしがらずに早めに婦人科を受診してください。おりものの悩みは、多くの女性が経験するものですよ。

また、治療中、症状がなくなったからと薬の使用をやめると、カンジダ菌が再び活性化して再発する恐れもあります。治療は医師の指示に従って、最後までしっかりと行いましょう。健康的な体を維持するために、定期的に婦人科検診を受けるのもおすすめです。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう