女性のホルモン剤とは?効果や種類は?どんな治療で使われるの?

婦人科系の疾患を治療するために様々な薬が使われますが、そのなかの一つに「ホルモン剤」があります。ホルモン剤を初めて処方された人は、どんな薬なのか不安を感じますよね。今回はそんな不安を払拭するためにホルモン剤の効果や種類、どんな治療で使われるのかなどをご説明します。

女性用のホルモン剤とは?

薬 選ぶ 選択

ホルモン剤とは、簡単に言えば「女性ホルモンが配合された薬」です。女性ホルモンには主に、排卵前に分泌量が増えて卵胞と子宮内膜の成長を促す「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、排卵後に分泌量が増えて子宮内膜の厚みを維持する「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの種類があり、これらを人工的に生成して配合されています。

女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の体の変化をコントロールしており、分泌バランスが崩れると体に様々な不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調が現れたときに、人工的にホルモンを増やしてホルモンバランスを調整する役割を果たすものです。

ホルモン剤はどんな治療で使われる?

クエスチョン 矢印 方向 疑問 はてな

主に婦人科系の疾患を治療するための「ホルモン療法」で、ホルモン剤が使われます。最もよくみられるのが、生理不順や月経前症候群、更年期障害など、生理周期にかかわる体の不調を改善するためのものです。また、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮癌・乳癌といった疾患、不妊症などの治療にも使われます。

疾患によって使われるホルモン剤の種類は違いますが、どれも体内のホルモンバランスを調整して不調を改善するという意味では同じホルモン療法です。

ホルモン剤の効果は?どんな種類がある?

女性 薬 選択 選ぶ 服用

ホルモン剤には様々な種類があり、それぞれで効果も異なります。以下では、症状別でよく使われているホルモン剤についてご説明します。

月経不順などの治療に使われるホルモン剤

月経不順や月経前症候群(PMS)などに治療に使われる経口避妊薬の「ピル」はホルモン剤の一種です。ピルにはエストロゲンやプロゲステロンが配合されていて、体内のエストロゲンとプロゲステロンを増やすことで脳を「妊娠した」と勘違いさせ、体内でのホルモン分泌をストップさせる効果があります。

ピルは、含まれるプロゲステロンの種類によって第一世代から第三世代まで分けられ、さらにホルモンの配合量が一定のタイプ(一相性)と、配合量を徐々に増やしていく(二相性、三相性)タイプに分かれます。具体的には以下のような薬があります。

● 第一世代:オーソM(一相性)、オーソ777(三相性)、シンフェーズ(三相性)など
● 第二世代:トリキュラー(三相性)、アンジュ(三相性)、ラベルフィーユ(三相性)
● 第三世代:マーベロン(一相性)、ファボワール(一相性)

更年期障害の治療に使われるホルモン剤

エストロゲンやプロゲステロンの分泌量は加齢とともに減少し、その変化に体がついていけずに様々な不調が現れるのが更年期障害です。更年期障害は自然な現象ですが、不調がひどい場合にはホルモン剤を使って症状を改善させます。これがホルモン補充療法(HRT)で、症状や体質に合わせてエストロゲン単体かプロゲステロン単体、2つを一緒に投与するかが選択されます。

更年期障害の治療に使われるホルモン剤には、経口薬タイプと貼付薬タイプ、塗布薬タイプなどがあり、体質や症状に合わせて選択されます。具体的には以下のような薬があります。

● 経口薬タイプ:プレマリン(エストロゲン単剤)、ジュリナ(エストロゲン単剤)、エストリール(エストロゲン単剤)、ヒスロン(プロゲステロン単剤)、プロベラ(プロゲステロン単剤)、プロゲストン(プロゲステロン単剤)、ウェールナラ(エストロゲン・プロゲステロン混合)など
● 貼付薬タイプ:エストラーナテープ(エストロゲン単剤)、メノエイドコンビパッチ(エストロゲン・プロゲステロン混合剤)など
● 塗布薬タイプ:ディビゲル(エストロゲン単剤)、ル・エストロジェル(エストロゲン単剤)など

子宮筋腫や子宮内膜症の治療に使われるホルモン剤

子宮筋腫や子宮内膜症は女性ホルモンの影響を受けて増殖・肥大化するので、月経不順の治療と同じように脳に「妊娠した」と勘違いさせてホルモンの分泌をストップさせます。根本的な治療ではありませんが、増殖・肥大化を抑えて症状を緩和できます。子宮筋腫と子宮内膜症それぞれで、以下のような薬が使われます。

●子宮筋腫:リュープリン、スプレキュア
●子宮内膜症:プラノバール、ルナベル、ヤーズ

乳癌治療に使われるホルモン剤

乳癌の細胞はエストロゲンに反応して増殖する性質があるので、乳癌を切除したあとに癌細胞の増殖を抑えるためにホルモン剤が使われます。閉経前後に関係なく使われる抗エストロゲン剤、閉経前に使われるLH-RHアゴニスト製剤、閉経後に使われるアロマターゼ阻害剤などに分けられ、具体的には以下のような薬があります。

● 抗エストロゲン剤:ノルバデックス、フェアストンなど
● LH-RHアゴニスト製剤:ゾラデックス、リュープリンなど
● アロマターゼ阻害剤:アリミデックス、アロマシンなど

不妊治療に使われるホルモン剤

不妊治療では、排卵機能に障害があれば排卵誘発剤、着床に障害があればプロゲステロンを含むホルモン剤という具合で、不妊の原因によって使われる薬も違います。具体的に以下のような薬があります。

● 排卵誘発剤:クロミッド、フェミロン、セキソビット、hMG、hCGなど
● プロゲステロンを含むホルモン剤(黄体ホルモン製剤):デュファストン、ルトラールなど

ホルモン剤とは正しく付き合おう

薬 病院 薬局 医師 薬剤師 女性

ホルモン剤は体内のホルモンバランスを直接変化させるので効果が高い反面、副作用などが強く現れる問題があるため、ホルモン剤を処方されたときに効果や副作用を不安視してしまうのは仕方ないことです。しかし、用法・用量を守って正しく使えば、女性特有の悩みや症状を緩和してくれる強い味方です。医療機関で処方されたのであれば、勝手な判断をせずに医師の指示に従って利用するようにしましょう。

ただし、ホルモン剤を服用していて体に違和感があったり、少しでも「おかしいな?」と感じたりしたときは早めに医師に相談して、服用を中止するか薬を変えるかなどの対処してもらうようにしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう