プレマリンの不妊治療への効果は?飲むと太る?ルトラールを併用?

女性の体調は、女性ホルモンの分泌量の変化に左右されます。ホルモンバランスが崩れる原因の一つに卵巣機能不全があり、不妊治療で使われる「プレマリン」は卵巣機能不全の改善に効果があるとされています。今回は、プレマリンの効果や飲むときの注意点などをまとめました。

プレマリンとは?

女性 ストレス解消 元気 健康 

プレマリンとは、結合性エストロゲン製剤の一種です。卵巣機能不全による不正性器出血などが見られている場合に、子宮内膜への作用と止血効果を期待して投与されます(※1)。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の体内で卵胞が発育するにしたがって分泌されます。エストロゲンには、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くさせ、妊娠に向けた準備を整える役割があります。

エストロゲンの分泌量が不足すると、ホルモンバランスが崩れ、生理不順や卵巣の病気を引き起こすリスクが高まります。また、エストロゲンには卵胞の成熟を促す作用があるため、分泌が足りなくなると、成熟した卵子が作られなくなってしまい、不妊につながる恐れがあります。

プレマリンを適切に飲むことで、エストロゲンの作用が補われ、エストロゲン不足により引き起こされている症状の改善が期待できるというわけです。

プレマリンの効果は?

女性 お腹 笑顔 リラックス

プレマリンの販売元によると、プレマリンは下記の症状に対して一定の効果があるとされています(※2)。

● 卵巣機能不全症
● 機能性子宮出血
● 卵巣欠落症状
● 更年期障害
● 膣炎

これらの中でも、不妊に悩んでいる人に関係するのは、「卵巣機能不全症」です。

通常、卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されており、これにより生理周期が作り出されます。卵巣の機能が低下してホルモンバランスが乱れ、生理周期の乱れや排卵障害が引き起こされている状態を「卵巣機能不全」と呼びます。

卵巣機能不全が起こる原因は様々ですが、ストレスや過度なダイエットによって自律神経が乱れ、脳から卵巣への指令がうまく出せなくなることでホルモン分泌がうまく行かなくなることがあります。また、卵巣そのものに病気がある場合もあります。

卵巣機能不全によって無月経や無排卵の状態が長く続くと、妊娠しづらくなってしまう可能性があります。また、卵巣から分泌される女性ホルモンが不足することで子宮内膜が維持されず、生理以外のときに機能性子宮出血が見られるだけでなく、受精卵がなかなか着床しない恐れもあります。

そこで、ホルモン検査の結果、エストロゲンを補充する必要があると判断された場合、プレマリンが処方されることもあります。販売元によると、無月経や無排卵周期症などで不妊が見られる症例のうち、プレマリン服用による排卵率は34.1%です(※2)。

プレマリンを飲むと太ることがある?

体重

卵巣機能不全や機能性子宮出血の改善に効果があるとされるプレマリンですが、乳房の痛み、発疹、腹痛、吐き気、めまいといった副作用が起こることもあります(※2)。

また、プレマリンの副作用にはむくみや体重増加も挙げられます。女性としては薬を飲んでいて太ることは気がかりですよね。これは、エストロゲンが一時的に増加することで、電解質代謝に影響を及ぼすために起こることです。

電解質とは、ナトリウムやカリウムなど体液に含まれる電気を通す物質です。電解質代謝が正常に働かないと、体液が体に溜まってしまい、むくんだり体重が増えたりするのです。

ただし、むくみや体重増加が気になっても、自分の判断で勝手にプレマリンの服用を中止したり、量を減らしたりしないでくださいね。副作用が現れたら、まずは医師に相談のうえ適切に対処してもらいましょう。

プレマリンの飲み方は?飲み忘れたら?

チェック カレンダー 予定

プレマリンは、1錠あたり0.625mgで、改善したい症状によって服用量が異なります。

卵巣機能不全の治療など、エストロゲン作用を補う目的でプレマリンを飲む場合は1日に0.625~1.25mg(1~2錠)、機能性子宮出血や膣炎に対しては0.625~3.75mg(1~3錠)が適切な量とされていますが、年齢や症状によって、服用量が調整されます(※2)。

一般的に、プレマリンを飲み忘れたときは、気づいたタイミングで1回分を飲みます。ただし、次の服用時間が近いときは、飲み忘れた分はそのままにし、次のタイミングからまた飲みはじめます。一度に2回分の量を飲まないように気をつけてください。

プレマリンを処方された時点で、飲み忘れたときの対処法や医師への連絡方法について確認しておきましょう。

プレマリンとルトラールを併用することがある?

薬 疑問 クエスチョン

排卵障害が起こっている場合、エストロゲン製剤とプロゲステロン製剤の両方を投与する「カウフマン療法」を行うことがあります。カウフマン療法により、正常な生理周期のときと同じホルモン状態を作り出すことで、人為的に生理(消退出血)を引き起こします(※1)。

カウフマン療法では、プレマリンと一緒にルトラールなどの薬が処方されます。ルトラールは、プロゲステロンの作用を人工的に補うための薬で、卵巣機能不全や黄体機能不全のほか、生理不順や月経不順などに効果があります。

たとえば、プレマリンを10日間服用して卵胞を成熟させ、排卵が起きた後10日間はルトラールを飲み、妊娠しやすい体の状態を維持することを目指します。通常、服用中は排卵が起こらず、ルトラールの服用をやめたあと数日以内に生理が起こります。

プレマリンは不妊治療への効果が期待できる薬

カップル 夫婦 食事

プレマリンは女性ホルモンの1つであるエストロゲンの作用を補ってくれるので、卵巣機能不全などが原因で不妊が見られる場合、処方されることがあります。医師の指示に従い、用法・用量を守って適切に服用してくださいね。

できるだけ早く妊娠を望む場合、プレマリンの薬の効果に期待するだけでなく、生活習慣や食生活を見直すことでホルモンバランスを整えていきましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう