高温期はいつからいつまで続く?平均期間は何日?

記事監修 婦人科医 山本 範子
山本 範子 日本産科婦人科学会専門医。平成5年、日本大学医学部卒。日本大学附属病院および関連病院で産婦人科医として経験を積み、その間に日本大学総合健診センターで婦人科検診にも力を注いできました。現在は港区の日野原... 続きを読む

妊活中で基礎体温をつけている人は、「高温期」の期間がとても気になると思います。いつもより高温期が長いと、「妊娠しているかも?」とソワソワしてしまうのではないでしょうか。しかし、高温期がいつからいつまで続くものなのかを正しく理解していないと、勘違いで終わってしまう可能性も。そこで今回は、高温期の数え方や平均的な期間についてご説明します。

そもそも高温期とは?

女性ホルモン

基礎体温とは、運動や食事、感情の起伏などの影響を受けず、基礎代謝だけが反映された体温のことで、寝起き直後で体が一番安静な状態にあるときに測ります。

基礎体温は生理周期にあわせて大きくニ相に分かれ、生理開始から排卵までの時期が「低温期」、排卵後から次の生理開始までの時期が「高温期」に当たります。

排卵が起こると、体温を上げる作用がある「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増えるため、高温期に入ります。その後、妊娠が成立しなければプロゲステロンの分泌量が低下して高温期は終了しますが、妊娠が成立するとプロゲステロンが分泌され続けるため、高温期が維持されます。

そのため、「生理予定日を過ぎても高温期が続いているかどうか」が、妊娠の有無を判断する一つの材料となります。

高温期の期間はどう数える?

女性 数える 計算 日数 日にち カレンダー

低温期よりも、0.3~0.6度ほど基礎体温が上がった時期を「高温期」と考えます。あくまでも相対的なものなので、毎日基礎体温をつけていても「今日から高温期に入った」と判断するのは難しいものです。

厳密には、「排卵日=高温期0日目」と数えます。基礎体温が最も低くなる日が排卵日とも限らず、その日と前後3日間のどこかで排卵が起こります(※1)。また、目安として「次回生理予定日から14日を引いた日」が排卵日です。

基礎体温だけで排卵日を特定することはできないので、より正確に高温期の日数を数えるためには、排卵検査薬や超音波卵胞計測などを併用して、排卵日を予測する必要があります。

高温期はいつからいつまで?正常な期間は何日?

時計 時間 記録 期間

高温期は「排卵日の翌日」から始まり、「生理開始日」まで続きます。この期間の平均は14日(2週間)ほどですが、プロゲステロンの分泌量にもよるので、10日くらいで終わる人もいれば、2週間以上続く人もいます。

また、同じ人でも、健康状態やストレスの影響で、周期によって高温期の長さが変動することもあります。そのため、まずは3周期(3ヶ月)くらいは基礎体温を測ってみて、自分の高温期のリズムを把握することが大切です。

高温期の期間が長いときは?妊娠かも?

妊娠検査薬

高温期の期間には個人差がありますが、生理予定日を過ぎても高温期が続いている場合には妊娠の可能性があります。生理予定日の1週間後に、妊娠検査薬を使って調べてみましょう。もし陽性反応が出たら、産婦人科を受診してください。

しかし、性交渉がない、あるいは妊娠検査薬で陰性が出ているにもかかわらず高温期が続いているようなときは、プロゲステロンが過剰に分泌されている可能性があります。何周期も同じような状態が続くときは、婦人科を受診しましょう。

高温期の期間が短いときは?

生理 ずらす 日程 ナプキン タンポン カレンダー

生理周期にかかわらず、高温期が10日未満だったり、低温期との差が0.3度より上がらなかったりする場合は、プロゲステロンの分泌が不足する「黄体機能不全」の可能性があります。

また、ずっと低温期が続いていて高温期が現れない場合は、「無排卵月経」が疑われ、放置しておくと不妊につながるリスクも。

いずれにしても、月経周期が極端に長い・短いといった月経異常が見られることが多くなります(※1)。高温期が短いだけでなく、生理不順で悩まされている女性は特に、早めに婦人科で検査を受けましょう。

自分の高温期がいつからいつまでか把握しましょう

基礎体温 表 グラフ

基礎体温を記録し始めてから自分の生理周期や排卵日などを予測できるようになるには、最低でも2~3ヶ月分の記録が必要です。毎月、多少の変動はありますが、ある程度の傾向がつかめるようになるので、自分の体のリズムを把握して妊活に活かしましょう。

ただし、高温期の期間や基礎体温の数値だけで、妊娠しているかどうかの判断はできません。妊娠検査薬で正しく判定できるのは、生理予定日の1週間後からです。そこで陽性反応が出れば、妊娠の可能性が高いので、きちんと産婦人科で調べてもらうことが重要です。

もし、妊娠の可能性がないのに高温期が長く続いたり、極端に日数が短かかったりするのであれば、婦人科系の異常が隠れているかもしれません。これらの場合も、できるだけ早く病院を受診してください。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう