赤ちゃんのひとり遊び!月齢別のおすすめの遊び方は?

静かだから眠っているのかと思ったら、自分の手をじっと見ていた…といったことが、赤ちゃんにはよくありますよね。このなんでもないように見える行動も、赤ちゃんにとっては楽しい遊びの一つ。赤ちゃんがひとり遊びをするのは、成長のうえで大事なことです。今回は、赤ちゃんや子供のひとり遊びについて、いつからするのか、どのような効果があるのか、月齢・年齢別のおすすめの遊び方についてご紹介します。

赤ちゃんがひとり遊びをするのはどうして?

赤ちゃん 一人遊び おしゃぶり メリー ベビージム

赤ちゃんは、生後2~3ヶ月くらいになると、授乳やおむつ替えのあとでご機嫌なときに、自分の手や部屋中をキョロキョロと見ていることがあります。枕元にぬいぐるみやおもちゃがあれば、手に取ろうとしたり、舐めたりすることも。それらはすべて、赤ちゃんにとっては遊びで、学習でもあります。

赤ちゃんは、ひとり遊びを通して、興味を持ったものに触れたり、時には口に入れたりして好奇心を満たしているのです。

子供が社会性を身につけ始め、友達と一緒に楽しく遊ぶことを覚えるのは、2歳後半から3歳にかけての時期が目安。それまでは、ひとり遊びをしたり、親が一緒に遊んだりしています。

赤ちゃんのひとり遊びはいつから?生後2ヶ月頃から始まる?

カレンダー 日付 期間

赤ちゃんが、ひとり遊びをする時期には個人差があるものの、一般的には、周りのものに興味を持ち始める生後2~3ヶ月頃から。

自分の手を目の前にかざして見つめる「ハンドリガード」は、赤ちゃんのひとり遊びの代表的なものです。ほとんど目が見えていなかった新生児期から視力が発達し、自分の手を動かしたいという意思が出てきます。

その後、体が大きくなって運動能力が高まるにつれて、近くにあるものに手を伸ばしたり舐めたりして、どんどんひとり遊びの幅を広げていきます。

一方で、1歳前後に後追いが始まると、ママがいない場所で遊ぶことに不安を感じ、ひとり遊びをしなくなる赤ちゃんもいます。そして、2歳を過ぎるとお気に入りのおもちゃに夢中になって、再びひとり遊びが増えることも。

このように、赤ちゃんの成長の段階や個性によって、ひとり遊びの内容も変わってきます。

赤ちゃんのひとり遊びの効果は?種類はどんなものがある?

記号 疑問 ハテナ

赤ちゃんのひとり遊びには様々な種類があります。じっとものを見つめたり、ママの声や小鳥のさえずりに耳を澄ましたり、おもちゃをつかんで舐めたり、お出かけ中にお日さまの匂いをくんくん嗅いだり。

そのほとんどが、「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」を刺激するものです。五感が刺激されることで、脳が活性化されます。

ひとり遊びはカテゴリー分けできるものではなく、赤ちゃんや家庭によって様々なバリエーションが生まれます。ママやパパが手助けをしてあげて、ひとり遊びの種類を増やしてあげましょう。

部屋でできる赤ちゃん・子供のひとり遊びは?

赤ちゃん ひとり遊び 男の子 おもちゃ

ひとり遊びは、赤ちゃんが自ら始めることも多いのですが、月齢にあったおもちゃを使って遊ばせてあげると、心と体の発達が期待できます。

新生児~生後2・3・4ヶ月頃

まだほとんどをベッドの上で過ごすこの時期は、手で握れるぬいぐるみや、振るとカラカラと音の鳴るようなおもちゃを渡してあげましょう。ぬいぐるみの柔らかさやカラカラと鳴る音を楽しみながら、手足の発達を促すことができますよ。

生後5・6・7・8ヶ月頃

お座りができるようになったら、ベビージムのような玩具で遊ばせるのもおすすめです。寝ていたときとは違って、お座りをすることで視線が高くなるので、いままで手の届かなかったものにも触れられるようになります。色々なものに触れさせてあげると、興味の幅が広がりますよ。

ティッシュを引き出したり、チラシや新聞紙を破ったり、身近な物にどんどん興味を示す時期なので、誤飲の可能性がある小さなもの、火気などの危険なものは赤ちゃんの周りに置かないように注意しましょう。

生後9・10・11ヶ月頃

ハイハイや伝い歩きができるようになったら、赤ちゃんが動く範囲におもちゃを置いておき、家の中を自由に探検させてあげましょう。

体全体を使った遊びをするようになるので、階段やキッチンのような危険な場所にはベビーゲートを設置しておきましょう。

1・2・3歳頃

1歳を過ぎると、ブロックや積み木、パズルといったように、工夫次第で色々な遊び方ができるおもちゃで楽しめるようになってきます。創造力や手先の器用さ、集中力を養うことができますよ。

外出先でできる赤ちゃん・子供のひとり遊びは?

ママ ベビーカー 外出

赤ちゃんや子供は、外出時にたくさんの刺激を受けていますが、その効果をより大きくするために、ひとり遊びの機会を作ってあげることも大切です。

生後2・3・4ヶ月頃

この時期は、抱っこ紐やベビーカーに乗せてお出かけをすることが多くなりますが、公園や目的地に着いたら、赤ちゃんを抱っこして、いつもとは違った目線で景色を見せてあげましょう。風の冷たさや光の刺激にも、赤ちゃんは興味津々ですよ。

生後5・6・7・8ヶ月頃

まだ友達と一緒に遊ぶことはできませんが、公園などで子供が遊んでいる姿を見せてあげましょう。お座りができるようになったら、ベンチに座らせてあげて、葉っぱや砂などを触らせてあげると、触覚が刺激されますよ。

生後9・10・11ヶ月頃

安全な場所で、裸足で遊ばせてあげましょう。芝生や土、砂など、赤ちゃんは地面の感触を楽しみます。

夏場には、水遊びもおすすめです。家庭用のビニールプールやお風呂に、浅く水を張ってあげるのもいいですね。

1・2・3歳頃

公園の砂場や簡単な遊具を使った遊びもできるようになります。ママが近くで見守りながら、子供の集中が続く限り、ひとりで遊ばせてみましょう。

3歳頃になると友達と一緒に遊ぶようになりますが、公園に友達がいない日は、あえて、ひとりで思いきり遊ばせてあげるてもいいですね。普段は遊ばないような遊具に挑戦できるかもしれませんよ。

赤ちゃんがひとり遊びをしているときは集中させてあげよう

赤ちゃん ハイハイ ママ 女性 ぬいぐるみ

子供が集中してひとりで遊んでいる間は、できるだけ邪魔をせずに見守ってあげましょう。せっかくフル回転させていた脳の活動を中断させてしまうのは、もったいないですよね。なかには「遊びを邪魔された」と機嫌が悪くなってしまう赤ちゃんもいます。

ただし、おとなしく遊んでいるからといって、放っておくのは危険なので、常に様子は伺うようにしましょう。赤ちゃんが不安にならないように、必ず見える範囲にいてあげてください。

ひとり遊びの内容は、成長につれて変わっていきます。「ちょっと前まではこんなことをしていたけど、今日は違うことをしている」といったように、ひとり遊びを通して赤ちゃんの成長を見守っていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう