9・10・11月の秋生まれの出産準備品まとめ

秋は夏の厳しい暑さが落ち着く時期ですが、まだまだ暑さが残る日もあれば、冷気が混ざった風が吹く日もあるなど、気温や気候が不安定な時期。この時期に生まれる赤ちゃんは、服装も安定しないので、出産準備品を揃えるときに悩んでしまいますよね。今回は、基本的な出産準備品に加え、9・10・11月の秋生まれの赤ちゃんにおすすめの育児グッズをご紹介します。

基本の出産準備品は?

妊婦 夫婦 

赤ちゃんの出産準備品は、季節に関係なく基本として用意しなければならないものがたくさんあります。授乳ケープや哺乳瓶をはじめ、おむつやおしりふき関連のもの、お風呂グッズや布団といった日用品、ベビーカーや抱っこ紐など。

ライフスタイルによって揃えるものは変わってきますが、最低限の準備として以下のグッズは用意しておきましょう(※1)。

・ 短肌着4~5枚
・ コンビ肌着4~5枚
・ ツーウェイオール3~4枚
・ 紙おむつ1袋
・ おしりふき
・ おむつ替えマット
・ ベビー布団・シーツ・布団カバー・綿毛布やタオルケット
・ 母乳の場合は母乳パッド・授乳クッション・授乳ケープ
・ ミルクや混合の場合は粉ミルク・哺乳瓶と乳首
・ ベビーバス・ベビーソープ・沐浴布・ガーゼ・湯温計
・ ベビー綿棒・ベビー用爪切り・スキンケア剤
・ 哺乳瓶やおもちゃの消毒グッズ

秋生まれの赤ちゃんの出産準備品で気をつけることは?

赤ちゃん 秋 子供 外 落ち葉 紅葉

秋生まれの赤ちゃんは、夏の暑さから冬の寒さへと移行するタイミングで、気温の高低差に影響を受けやすいのが特徴です。体温調節機能が未熟な赤ちゃんのために、体温調節がしやすいものを揃えておきましょう。

服の基本の組み合わせは「短肌着+ツーウェイオールやコンビ肌着」ですが、秋は夕方になると急に冷えこむことがあるので、日中と夕方の気温差を考慮して、おくるみや薄手の羽織り、靴下や帽子などを用意しておくと便利ですよ。

しかし、外出ができるようになるのは、生後1~2ヶ月後が基本です。10・11月生まれだとすでに冬に入っているため、軽い羽織もの以外の防寒対策を考えておきましょう。9月生まれであれば、10月頃はまだ暑さが残っていることもあるので、厚着をさせすぎないように気をつけてくださいね。

秋生まれの赤ちゃんに必要な出産準備品は?

赤ちゃん ベビ^服

秋生まれの赤ちゃんに必要な出産準備品について、ここでは、秋向けにおすすめの肌着の素材と、基本的な出産準備品とは別に揃えておくと良い、季節に合わせたグッズをご紹介します。

秋生まれの赤ちゃんにおすすめの肌着素材

フライス

赤ちゃん肌着の定番で、季節問わず使いやすいのが特徴。リブ編みの木綿生地で肌触りが良く、伸縮性・吸湿性も兼ね備えているので、秋生まれの赤ちゃんに最適です。

天竺

平編みの木綿生地で、フライスより少し薄め。9月生まれなどで夏の暑さが続いている時期にはおすすめですが、冬になりかけている場合は保温性に欠けるかもしれません。

ガーゼ

ガーゼ素材の生地は、さらさらした肌触りと乾きやすいのが特徴。天竺と同様、暑さが気になる時期に使いやすい素材です。

秋生まれの赤ちゃんにおすすめの衣類

ベスト・カーディガン

体温調節用に上から羽織るベストやカーディガンを用意しましょう。ベースは基本の服の組み合わせにして、厚着をさせすぎないことが重要です。

靴下

まだ歩きませんが、防寒用に予備として1~2足持っておくと便利。室内は基本的には裸足で、寒い日や冷える時間帯の外出に使いましょう。

防寒着

ポンチョやカバーオールなど、少し厚手の防寒着を準備しておきましょう。外出できるようになるのがほとんど冬なので、あらかじめ1枚用意しておくと、必要なときにすぐ使うことができます。

帽子

4~9月は特に紫外線が強い時期。10月になってすぐに紫外線が弱まるわけではないので、外出時は帽子で赤ちゃんの頭を守ってあげましょう。寒くなってくると冷気から頭を守るときにも役立ちます。

ブランケットとクリップ

日除け用と寒さ対策としてブランケットがあると便利。抱っこ紐やベビーカーでも手軽に体を覆うことができるので、クリップと一緒に用意しておきましょう。

秋生まれの赤ちゃんにおすすめの育児グッズ

フットマフ

ベビーカーは赤ちゃんの体全身に風があたるので、フットマフを用意しておきましょう。秋なら足元や下半身だけ覆うことができるタイプがおすすめ。顔だけ出る全身タイプは、真冬になってから、必要であれば買い足しましょう。

秋生まれの赤ちゃんは急な寒暖差に気をつけよう

親子 ママ 赤ちゃん 

秋は1日の気温差が激しいだけでなく、日によって急に寒くなることもあります。ベースとなる服に、プラス1枚できる上着やブランケットを持ち歩くようにしましょう。

生まれた後からどんどん寒くなっていきますが、防寒用の服やグッズは少しずつ準備するのがポイント。最初から一気に用意しても、結局使わなかったというケースも珍しくありません。

可能であれば、はじめは友人や親族から借りれそうなものをレンタルして、実際に使い続けるイメージが浮かんだときに追加購入しても良いですね。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい