クーイングとは?時期や意味は?赤ちゃんへの反応の仕方は?

記事監修 小児科 武井 智昭
日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

生まれてすぐは泣いてばかりだった赤ちゃんも、月齢が進むにつれて泣き声以外の声を出すようになりますよね。「あー」や「うー」といった、言葉とも泣き声ともいえない優しい声のことをクーイングと呼びます。クーイングをしている赤ちゃんは楽しそうで、見ていてとても微笑ましいものです。今回は、クーイングについて、どんな意味があるのか、いつから始まるのか、どう応えてあげればいいいのかまとめました。

クーイングとは?何か意味があるの?

赤ちゃん おむつ おしゃべり

クーイングとは、舌を使わないで「あー」や「うー」といった母音を発するもので、今まで出してきた泣き声とは違った声です。クーイングをしている赤ちゃんは、何かを伝えたいのではなく、音を出すことを楽しんでいる状態です。ご機嫌がいいときに出す声なので「プレジャーサイン」とも呼ばれています。

クーイングは赤ちゃんの発達過程のひとつで、口や喉の形が変わってきたことによって出る声だといわれています。

クーイングという言葉は、鳩の鳴き声である「クー(coo)」が語源になっているそうです。

クーイングと喃語は違うの?

赤ちゃんが発する声に「喃語(なんご)」がありますが、クーイングは喃語の前段階のもので、喃語とは異なります。「あー」「えっ」「あっあ」「うー」といった母音だけを使って声を発するクーイングに対し、喃語では、「まんまー」「ばぶばぶ」「だだばば」のような多音節からなる言葉を発します。

さらに月齢が進むと、「ぱ行」や「ば行」といった、破裂音や濁音も発声できるようになってきます。

赤ちゃんのクーイングはいつから?生後1ヶ月で始まるの?

いつから カレンダー 手帳

赤ちゃんの体の発達スピードに個人差があるように、クーイングを始める時期にも個人差があります。生後1~2ヶ月の早い時期にクーイングを始める赤ちゃんもいますが、ほとんどの赤ちゃんは生後3ヶ月頃からクーイングをします。

なかには、生後3ヶ月を過ぎてもクーイングをしないケースもありますが、赤ちゃんの成長はそれぞれなので、あやしたときに声を出していれば、クーイングが遅かったとしても、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。

どうしても気になるときは、乳児健診や小児科を受診するときに相談すると安心です。

喃語を発するようになると、自然とクーイングをする姿は見られなくなります。

赤ちゃんのクーイングにはどう応えてあげればいいの?

赤ちゃん ママ ハイハイ

赤ちゃんがクーイングを始めたら、ママやパパもそれを真似して話しかけてあげましょう。赤ちゃんが「あー」「うー」といったら、ママやパパも「あー」「うー」とオウム返しをしてあげてください。

オウム返しをすることで、親子の絆が深まるだけでなく、言葉を発する練習や、赤ちゃんに安心感を与えられます。ママのオウム返しに、赤ちゃんが喜んだり返事をしたりする様子が見られたら、聴覚や応答反応が順調に育っていることが確認できますよ。

クーイングが始まったら注意したいことは?

女性 メモ カレンダー

クーイングを始めた頃は、自分の出す声に驚き、おもしろくて仕方のない赤ちゃんも、次第に興味の対象がママやパパの声、周りの人の声へと移ります。赤ちゃんはまだ小さくて言葉がわからないからと思って、大人が乱暴な言葉使いをすると、赤ちゃんが大きくなったときに同じ言葉を真似する可能性もあります。

赤ちゃんは、たくさんのことを聞いて覚えていきます。クーイングを始めたら、ママやパパをはじめ、周りにいる大人や子供は、言葉使いや声の大きさに気を配るようにしましょう。

赤ちゃんがクーイングをしたら、前述のようにオウム返しをしたり、ママが喜ぶ褒めるといった反応をしたりして、赤ちゃんの発する声にきちんと応えることを忘れないでくださいね。クーイングに応えてあげることで、コミュニケーション能力を高めることにつながっていくはずです。

クーイングは赤ちゃんの成長の証

赤ちゃん ママ 笑顔 家

赤ちゃんがクーイングをする期間はあっという間です。これから言葉を覚えていくための大切な成長過程なので、クーイングをしている姿を見たら、成長の証としてぜひ動画に残しておきましょう。赤ちゃんがクーイングをしているときは、ご機嫌で自分の声を楽しんでいる時間なので、ママも笑顔で見守ってあげてくださいね。

クーイングを始める時期には個人差があるので、なかなかクーイングを始めなくても、乳児健診で特に指摘をされなければ問題ありません。

クーイングの次は喃語を発し、その後で少しずつ意味を含んだ言葉を話すようになります。赤ちゃんが正しい言葉を覚えて楽しくおしゃべりできるよう、家族みんなで赤ちゃんのクーイングに応えていってあげてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう