人工授精のタイミングは?排卵後と排卵前のどっちが妊娠しやすいの?

人工的に精子を子宮に送り込む人工授精では、卵子と精子の受精を成功させるために、治療を行うタイミングが大切になります。では、妊娠率を上げるには、排卵前と排卵後、どちらのタイミングで人工授精を行ったら良いのでしょうか。今回は、人工授精のタイミングについてご説明します。

人工授精の流れとタイミングは?

カップル 夫婦 ジャンプ タイミング

人工授精とは、女性の子宮に直接精子を注入して受精させる生殖医療技術を指します。基本的に、不妊治療のファーストステップとしてタイミング法で妊娠を目指しますが、何回か試しても妊娠しないときや、男性の射精がうまくいかない、あるいは精子の運動率が低いといった男性不妊が原因となるときに利用されます。

精子を人工的に子宮内に注入して、卵子と精子の出会いをサポートする治療法なので、女性側の排卵タイミングに合わせて、人工授精を行います。

人工授精のタイミングは?排卵後と排卵前のどちらがいいの?

OK NG どっち? 疑問

人工授精のベストなタイミングは、「排卵少し前から排卵直後まで」とされています。精子の寿命は約2~3日、卵子の寿命は約1日(24時間)あるため、できるだけ排卵日に近いか少し前のタイミングで人工授精をすることが、妊娠確率を高めてくれます(※1)。

排卵前に人工授精を行っても精子はしばらくの間子宮内にとどまるため、人工授精後2~3日で排卵されれば問題ありません。ただし卵子の寿命が24時間しかないので、排卵後に時間が経ちすぎると受精のタイミングを逃してしまいます。つまり、排卵日ぴったりを狙おうとせず、排卵前のタイミングに治療を行うようにします。

人工授精のタイミングには、排卵日の把握が重要?

基礎体温 グラフ 体温計

人工授精では排卵日を正確に予想することが不可欠です。ベストなタイミングで人工授精を行うためには、次のような方法で排卵日を予測します。

基礎体温表

体を動かす前に、朝起きてすぐ測った体温を基礎体温と呼び、基礎体温の変化で体の状態を把握することができます。基礎体温を記録すると、低温期と高温期が周期的に起こることがわかります。この低温期から高温期に変わる境目で体温が一度大きく下がる日があり、この日を含めて前後1〜2日の間に排卵が起こります。

基礎体温はちょっとした体調の変化に左右されるため、3周期(3ヶ月)ほど基礎体温を記録し続けて、排卵のタイミングをつかむようにしましょう。

頸管粘液法

排卵日の特定法の一つに、頸管粘液の状態を確かめる方法があります。頸管粘液とはおりもののことで、おりものは時期によって粘度が変化するため、状態を観察することで排卵日の予測が可能です。

排卵日の直前はおりものの量が最も多いタイミングで、粘度も高い状態になります。このタイミングをつかむことで、排卵日を見極めることができます。

超音波卵胞計測

婦人科にて、直接卵胞の大きさをチェックして、大きさを見ることで排卵日を予測する超音波卵胞計測、という方法があります。計測方法としては、膣に器具を入れて超音波で卵胞の大きさをはかります。排卵直前の大きさが約18〜22mmになることがわかっているため、卵胞のサイズを測ると高い精度で排卵日を予測することができます。

ただ、通院の手間や費用もかかるため、不妊治療を行う病院に、実施すべきかを相談してみましょう。

排卵検査薬

不妊治療を行う人が可能な限り実施したいのは、排卵検査薬の利用です。排卵検査薬は尿に含まれる黄体化ホルモン濃度を感知することができ、「濃度の上昇が始まると約36時間以内に排卵がおこる」という体の仕組みを利用して排卵タイミングを予測します。

排卵検査薬は毎日使用することで、最初はうっすらと陽性反応を示したものが次第に濃くなっていき、あと何日くらいで排卵が起きそうかも把握できるようになります。

基礎体温や過去の検査結果など、自分で残しておける情報は書き留めておいて、担当の医師へ情報提供をすることが妊娠率を高めることにつながりますよ。

人工授精のタイミングは、排卵誘発剤で合わせやすくなる?

記号 疑問 クエスチョン 女性

自然排卵の場合には排卵タイミングに個人差があり、正確な排卵日の測定が難しいことがあります。生理周期が安定せず、排卵日の予測が難しいときには排卵誘発剤を使用して、人工的に排卵日を作り出すことができます。

排卵誘発剤の使用方法としては、経口薬か注射で行われます。定期的に排卵誘発剤を使って排卵しやすい体にし、排卵の準備が整った段階でhCG注射を行って強制的に排卵を促します。hCG注射後は36~48時間後に排卵が起こるため、そのタイミングで人工授精を行えば妊娠率が高まります。

人工授精のタイミングは排卵前~排卵後すぐ

カップル 夫婦 ハート 愛情

人工授精を成功させるためには、排卵日を正確に推測することが大切です。中でも、排卵日の推測には毎日の基礎体温表が重要になります。

基礎体温表は医師が作り上げるものではなく、自分が毎朝記録しなければいけません。体温も体の状態に左右されるものなので、人工授精に取り組む前から基礎体温表を記録しておきましょう。人工授精も自分自身の体を管理することが、妊娠率を高める第一歩ですよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう