授乳中のお酒はNG?アルコールの母乳や赤ちゃんへの影響は?

妊娠が判明してから、アルコールを飲むのを控えてきた人も多いのではないでしょうか?出産後、母乳で赤ちゃんを育てていると「そろそろアルコールを飲みたい」と思うこともありますよね。そこで今回は、授乳中にアルコールを飲むのはダメなのかどうか、そして、アルコールが母乳や赤ちゃんに与える影響についてご説明します。

そもそも母乳はどう作られるの?

授乳 女性 赤ちゃん
赤ちゃんが生まれると、母乳を作る乳汁分泌刺激ホルモンである「プロラクチン」と、母乳を押し出す働きをするホルモンである「オキシトシン」が、ママの脳下垂体から分泌されます(※1)。

赤ちゃんがおっぱいを吸う「吸てつ刺激」によってプロラクチンとオキシトシンの分泌量がさらに増えると、母乳の量も増えます。

母乳の成分は、ママが食べる食事の内容に影響を受けていることがわかっています(※2)。

アルコールの母乳への影響は?

女性 飲酒 アルコール
アルコールの分子はとても小さく、飲酒から30〜60分後には血液中のアルコール濃度が最大になり、すぐに母乳の中にも入り込みます。

血液中に混じり込んだアルコール濃度の90〜95%が、母乳の中からも検出されたという報告があります(※3)。

さらに、授乳中のママが長期に渡ってアルコールを飲んだり、大量に飲んだりすると、プロラクチンの分泌量が減り、その結果、母乳の量自体が減ったという報告もあります(※3)。

アルコールは母乳を通して赤ちゃんに影響する?

赤ちゃん 寝る ねんね 寝返り防止クッション クッション
前述のとおり、ママがアルコールを飲むと母乳にもアルコールが混じり込んでしまいます。その状態で授乳をすると、ママが飲んだアルコール量の1.8〜2.2%が、母乳を通じて赤ちゃんの体内に入るという報告があります(※3)。

さらに、アルコールを飲んだ後と飲んでいないときの授乳で、下記のような差があったこともわかっています(※2)。

おっぱいを飲んだ量の差

ママがアルコールを飲んだ後の授乳で赤ちゃんが飲んだおっぱいの量は平均120mlで、普段より36mlも少なかったことがわかっています。

おっぱいを吸った回数の差

おっぱいを吸った回数はママがアルコールを飲んだ後の方が多く、1分あたり10回程度も多いことがわかっています。赤ちゃんはたくさんおっぱいを吸うのに、飲む量は少ないということになります。

ねんねの回数の差

ねんねをした回数にも差があり、ママアルコールを飲むと1日あたり約1.2回、ねんねの回数が増えました。

授乳中のママの飲酒は、赤ちゃんの脳の障害や体の発育の遅れ、学習能力や記憶障害などを引き起こす危険性があるという報告もあります(※4)。

しかし、米国小児科学会では「アルコールによる悪影響はあるものの、アルコール摂取は必ずしも禁止されるものではない」としていて、研究家の間でも意見は大きく分かれている状態です(※2)。

授乳中にアルコールを飲んでしまったら?

ee1933841d7288b12f180c60d514e600_m

お祝いの席やお付き合いで断りきれなかったり、うっかりアルコールを飲んでしまったりすることもあるかもしれません。

米国小児科学会では「アルコールを飲んだ後、2時間は授乳を避けること。もしくは、ママがアルコールの影響を感じなくなるまで授乳を避けること」を推奨しています(※2)。

またアメリカ医学研究所では、授乳中の女性のアルコールの許容量は1日あたり0.5g/kg(母親の体重)としています。体重50kgのママであれば、350mlのビール1缶が許容範囲ということになります(※5)。

しかし、酔いやすさやアルコールの分解スピードには個人差があり、全員が上記の基準に当てはまるとはいいきれませんし、禁酒を勧める医師もいます。

少量でも飲酒をしたら、ひと晩程度は授乳を避けたほうが安心でしょう。事前に搾乳しておくか、ミルクで代用するなどの工夫をすることをおすすめします。

授乳中はノンアルコール飲料なら飲んでいい?

アルコール お酒

近ごろは、ノンアルコール飲料が多く販売されていますね。授乳中のママで、ノンアルコール飲料を楽しんでいる人もいるのではないでしょうか?

しかし、ノンアルコール飲料はアルコールを含んでいないわけではありません。「アルコール度数が1%未満」であればノンアルコールと表示しても構わないのです(※6)。

そのため大量に摂取すれば、当然、母乳の中にアルコールが入り込んでしまうことも考えられます。

もちろん、アルコールをまったく含んでいない商品も販売されています。ノンアルコール飲料を購入する際は、表示をよく確認すると安心ですね。

授乳中のアルコール摂取は赤ちゃん最優先で

ママ 赤ちゃん 授乳 ワンピース リンクコーデ
授乳中とはいえ、どうしてもアルコールを飲みたくなることはあります。あれも我慢、これも我慢では、ママもストレスが溜まってしまいます。

授乳中にどうしてもお酒を楽しみたいときは、事前に搾乳しておいたり、ミルクで代用するなどして、アルコールが混じり込んだ母乳を赤ちゃんに与えないように気をつけましょう。

また、うっかり洋酒入りのチョコやお菓子を食べてしまったときも、念のため授乳時間を少し空けると安心ですね。

適度なアルコール摂取はストレス発散につながりますが、赤ちゃんにとってのメリットはありません。授乳中は赤ちゃんへの影響を最優先に考え、アルコールを飲む予定ができたら事前にかかりつけの婦人科や小児科に相談するようにしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう