生理不順でも排卵日は計算できる?おすすめの予測法は?

妊活中の女性にとって、排卵日がいつかを計算して予測することは妊娠率を上げるために大切です。ただ、生理周期が一定ではない生理不順だと、うまく計算できないという女性も多いようです。そこで今回は、生理不順の女性におすすめの排卵日の計算方法をご紹介します。

そもそも生理不順とはどういう状態?

女性 生理 下半身 

妊娠には排卵によって飛び出した卵子と精子との受精が必要ですが、卵子や精子には寿命があるため、排卵日を予測することは妊娠にとってとても重要です。

ただ、生理不順になってしまうと周期が安定せずに生理が来るまでの日数が変動したり、サイクルはほぼ変わらないものの、生理周期の日数が長かったり短かったり、大きく二つのタイプの生理不順が生じます。生理周期は排卵のタイミングによって左右されるため、生理不順になると排卵日が予測しづらくなります。

生理不順での排卵日はいつ起こるの?

生理周期 生理 生理用品

生理不順での排卵日を計算するためにも、まずは基本の生理周期と排卵の関係を知っておきましょう。

女性は、4つの周期で妊娠に向けた体づくりを行います。脳から卵巣に向けた刺激が出されると、卵巣は卵胞を成熟させて卵子を大きく育て(卵胞期)、排卵につなげます(排卵期)。排卵が起きた後は、着床に備えて子宮内膜が厚くなりますが(黄体期)、妊娠が成立しなかったときには、生理として子宮内膜が剥がれて体外に排出されます。

生理周期は25日〜38日周期が正常範囲とされていますが、実は、排卵から生理までの長さは約14日間と決まっていて、生理周期の長さが人によって異なるのは「原始卵胞が成熟して卵子になり、排卵されるまでの期間」によります。排卵から生理までの長さは、生理不順の人でも基本的に変わりません。

つまり、排卵日を簡易的に計算するには、次回生理開始予定日の14日前に排卵が起こると考えればよいのです。生理不順であっても、生理の周期自体が一定の間隔で起こっているなら、この方法で生理日から排卵日の日数を予測することができます。

生理不順の排卵日の計算方法は?

排卵周期

ただ、生理不順で周期が毎月変わってしまうと、次回生理開始予定日がわからないので、排卵日の予測はしづらいですよね。そこで、次のような方法を取り入れて、可能な限り排卵日の予測精度を高めていきましょう。

基礎体温法

毎日基礎体温をつけ、グラフにすることで排卵日を計算する方法です。毎日の体温をグラフにしていくと、低温相(低温期)から高温相(高温期)に変わる境目に体温が大きく下がる日(最低体温日)があり、この日を含めた以降2~3日がおよその排卵日です。

基礎体温は、ちょっとした身体の動きで変化してしまうので、寝起きのタイミングに、できるだけ動かない状態で測るようにしてくださいね。基礎体温グラフをつけることで、排卵日だけでなく健康状態もチェックできるので、妊活前の女性にもおすすめです。

頸管粘液法

頸管粘液とは「おりもの」のことです。おりものは時期によって粘度が変化するため、状態を観察することで排卵日を予測することができます。「排卵直前はおりものの量が最も多く、粘度が高い」という特徴に着目して排卵日を予測します。

おりものの粘度や色には個人差があるので、何ヶ月か観察していくことで、排卵日を見極めることができますよ。

排卵検査薬

排卵検査薬とは、尿に含まれる黄体形成ホルモン濃度の上昇をとらえる検査薬です。黄体形成ホルモンの濃度が上昇し始めてから36時間以内に排卵が起こるという体の仕組みを利用して、排卵日を予測することができます。生理不順の女性で妊活中であれば、基礎体温法と合わせて、必須で利用したいですね。

過去の生理周期のうち最も短い周期から次の生理日を予測し、その17~20日前から使い始めるようにしましょう。慣れないうちは扱いづらいですが、何周期か試しているうちにコツがつかめてきますよ。また、生理が始まる17~20日前から1週間以上検査薬を使っているのに陽性反応が出ない場合は、無排卵月経の可能性もあるので、一度婦人科を受診しましょう。

排卵チェッカー

排卵日が近づくとホルモンバランスが変化し、唾液の結晶構造が変わるといわれています。排卵チェッカーでは、この結晶を小さな顕微鏡のようなもので見ることで、排卵日が予測できます。

排卵検査薬とは違って、繰り返し使えるのが嬉しい特徴です。ただ、精度に関しては排卵検査薬に比べて低いという意見も多いので、検討の上、利用するようにしてくださいね。

プチアイビス

要出典 排卵チェッカー

楽天市場詳細ページへAmazon詳細ページへ

超音波卵胞計測

婦人科にて、直接卵子を包む卵胞の大きさをチェックして、成長度合いによって排卵日を予測する方法です。膣に器具を入れて超音波で卵胞の大きさを図ります。排卵直前になると卵胞の大きさは約18〜22mmになることがわかっており、卵胞のサイズを測れば高い精度で排卵日を予測することができます。

不妊治療のタイミング法でも、この超音波卵胞計測をよく利用します。ただ、精度が高いものの通院が必要なので、費用と手間がかかるのがデメリットです。

生理不順の場合は、2つ以上の排卵日予測方法を組み合わせよう

女性 笑顔

生理不順で排卵日がうまく予測できないという人は、複数の排卵予想方法を組み合わせてみましょう。特に、基礎体温と排卵検査薬の組み合わせは多くの女性が取り入れています。少しコツが必要な方法もあるので、何回か挑戦して自分にぴったりの方法を探してみてくださいね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい