排卵日以外で妊娠する可能性はあるの?受精卵はできる?

大人の女性であれば、妊娠する仕組みはよくわかっているはず。でも、「あの日は排卵日じゃなかったのに妊娠するなんて…」という話をしている人もいるように、排卵日と妊娠の関係についてはっきりとわからないこともありますね。そこで今回は、排卵日以外で妊娠する可能性があるのかどうかについて、まとめました。

排卵日と妊娠の関係は?

グッズ 時計 時間

排卵とは、女性の卵巣にある卵胞から卵子が排出されることをいいます。1ヶ月に1度、1個の卵子が成長して卵巣から飛び出す日が「排卵日」です。排卵された卵子は、その後卵管を通って子宮を目指しますが、その過程で精子と出会うのが受精です。無事に卵子と精子が受精すると、受精卵と呼ばれる状態になり、子宮に着床すると妊娠が成立したと判断されます。

「排卵日以外でも」妊娠する可能性はある

女性 妊娠検査薬 驚き

排卵日に性行為をすれば、卵子と精子が出会う確率も高く、妊娠しやすいといえます。妊活では、基礎体温を計って排卵日を推測して、排卵日のタイミングで性行為を行うくらいです。ただ、妊娠できるのは「排卵日だけ」とは限りません。卵子の寿命は排卵されてから約24時間あるといわれているからです。排卵されるタイミングによっては翌日でも妊娠できるチャンスがあります。

一方で、精子の寿命は卵子より長い3~4日程度だといわれます。そのため、排卵日の3~4日前に性交渉があった場合は排卵日まで精子が生き続け、排卵日当日に性交渉を行っていなくても妊娠することがあります。

排卵日以外の性行為だといつが妊娠しやすいの?

グッズ サイコロ 運命 確率

排卵日に性交渉を行うよりも、排卵日の2日前頃に性交渉を行うほうが、妊娠率が高いといわれます(※1)。海外では、排卵日よりも排卵日2日前の妊娠率のほうが数倍も高いという研究結果もあります。卵子の寿命は約24時間とはいえ、実際に受精する能力が高いのは、排卵から数時間程度といわれており、排卵してから性交渉を行うよりも事前に性交渉を行って排卵後すぐに精子と出会えるほうが妊娠しやすくなると考えられるからです。

排卵日にはすでに精子が卵子を待っているという状態が一番妊娠しやすいといえますね。

逆に、排卵日の6日前と排卵日から1日以上経過してからの性交渉であれば妊娠する確率はほとんどありません。精子と卵子の寿命が尽きてしまうので、妊娠するのは難しいといえます。ただし、「排卵した瞬間とそこから24時間」を正確に認識することは難しいため、実は排卵日がずれていて妊娠した、ということもあるので、ご注意ください。

妊娠を望むなら排卵日前の性交渉がおすすめ

カップル 男女 足 ベッド

妊娠率が高くなるタイミングを知ることは、妊活中の方にとっても、まだ妊娠を望んでいない方にとっても重要です。知識のないままでは「頑張っているのに妊娠できない」とか「望まない妊娠をしちゃった」ということになりかねません。基礎体温を計るなどで、排卵日を把握しておくことが妊活の第一歩です。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう