体外受精・顕微授精は双子が生まれやすい?一卵性双生児の確率も高い?

不妊治療の中でも、体外受精と顕微授精は生み出した受精卵を複数子宮内に入れることもできるため、「多胎妊娠」の可能性が高まるといわれています。多胎妊娠として、双子や三つ子であること自体に問題はありませんが、多胎妊娠では母体や胎児へのリスクが高まります。そこで今回は、体外受精や顕微授精は双子が生まれやすいのか、多胎妊娠する可能性についてまとめました。

双子や三つ子が生まれる多胎妊娠とは?

双子 赤ちゃん そっくり

双子や三つ子が生まれる多胎妊娠が起きる過程には、2種類あります。1つの受精卵が細胞分裂の過程で2つに分かれる「一卵性双胎」と、二つの受精卵ができて同時に着床する「二卵性双胎」です。

自然妊娠の場合、一卵性双胎の確率はおよそ0.3~0.4%といわれ、二卵性双胎の確率は日本だと約0.2~0.3%だといわれています(※1)。

体外受精や顕微授精は双子が生まれやすいの?

記号 女性 疑問 クエスチョン

体外受精や顕微授精で双子が生まれやすくなるのは、事実です。その理由は、妊娠率を高めるために赤ちゃんの元となる受精卵(胚)を2個以上子宮へ移植する二段階胚移植法が行われた結果、2つ以上の受精卵がともに着床することが多かったのです。

ただし、2008年に日本産婦人科医学会が体外受精・顕微授精で移植する受精卵は原則1つと決めたため、現在では二卵性の双子を妊娠する確率は約4%まで減少しています。なお、SEET法という1個の受精卵でも妊娠率が高い胚移植方法が考案されたため、2個以上の受精卵を移植しなくても妊娠率を高めることができます。

体外受精と顕微授精で一卵性の双子や三つ子が生まれる確率は?

双子 男の子 ママ お母さん 母親 親子

多胎妊娠の確率が4%に下がったといっても、現在でも二段階胚移植法は有効な治療法の一つとして行われていますし、自然妊娠に比べて双子が生まれやすいことには変わりありません。

ちなみに、体外受精や顕微授精で多胎妊娠した場合、99%以上が双子で、三つ子が生まれるのは極めて稀なケースです。2012年の統計では、1年間で体外受精や顕微授精で生まれた赤ちゃんのうち25人に1人が双子で、3000人に1人が三つ子でした(※2)。

体外受精や顕微授精で双子を妊娠した場合のリスクは?

リスク

体外受精や顕微授精に限らず、多胎妊娠では脳性麻痺や精神発育障害、未熟児網膜症といった神経学的後遺症のリスクが高くなるといわれています。2008年に日本産科婦人科学会が出した報告書によると、そのリスクは1人だけの妊娠に比べて数倍まで高まります。

また、多胎妊娠では早産のリスクが高まります。日本婦人科学会の調査では、「双胎妊娠の約4割、(三つ子以上の)品胎妊娠は約9割の確率で早産している」と報告されています(※3)。体外受精や顕微授精を受ける方には30~40代が多く、高齢出産の割合が高いことも早産や障害のリスクを高める要因になっていると考えられています。

不妊治療での双子妊娠の体験談を聞きたい!

ママ 会話 井戸端会議 ママ友 友達 主婦

多胎妊娠を完全に避けることは難しいので、双子のことで心配があれば、友達や親戚をたよりに双子の先輩ママに話を聞いてみてはいかがでしょうか?妊娠中や育児のことなど、経験者の声を聞くだけでも不安が軽減されますよ。たとえば次のようなことに先輩ママは悩んだようです。

双子の子育てでは、授乳の時期がとても大変です。一人なら赤ちゃんが寝ている間に休んだりもできますが、一人が泣き出して授乳が済んだと思ったら、次にもう一人が泣き出して…なんていうことが頻繁にあります。

一人で一気に二人の相手をするのは大変なので、パパはサポートではなく、がっつり子育てをしてもらいました。ベビーシッターにもときには頼ったりして、人の手をかりて乗り越えましたよ。

授乳の時期がやっぱり大変ですが、その後、ハイハイや歩きだしたりすると、二人でバラバラの方向に行ってしまって目が離せず追いかけるのに汗だくになったりします。

でも双子の行動は可愛く見えるのか、知らない先輩ママから助けてもらうことも多くて、得なこともたくさんあるなと感じますよ。

不妊治療の成功を目指して、多胎妊娠のリスクも知っておこう

双子 赤ちゃん

妊娠を望んでいるとはいえ、双子といわれると少し身構えてしまう方もいるかもしれません。リスクは高くなりますが、現在は医療技術も発達しており、元気に生まれてくる双子や三つ子がほとんどです。

不妊治療の成功に集中できるように、先に多胎妊娠の大変さを知っておきたいですね。もちろん、子供の数だけ苦労も増えますが、喜びや楽しさも倍になりますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう