赤ちゃんにはゼリーをいつからあげていいの?あげるときの注意点は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県大和市の高座渋谷つばさクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギ... 監修記事一覧へ

ゼリーは一見すると赤ちゃんでも食べやすそうに思えますが、じつは食物アレルギーと窒息事故という2つの点で注意が必要な食べ物です。では、いったいゼリーはいつから、どうやって食べさせたらいいのでしょうか?今回は、赤ちゃんにゼリーはいつからあげていいのか、あげるときの注意点などについてご説明します。

赤ちゃんはゼリーをいつから食べられる?

赤ちゃん 離乳食

ゼリーの原材料には、動物由来のゼラチンと海藻由来の寒天があります。このうちゼラチンは、赤ちゃんに与えるとアレルギー反応が起きやすく、蕁麻疹や下痢、呼吸困難などの食物アレルギーと呼ばれる症状を引き起こすことがあります(※1)。

そのためゼラチンで作られたゼリーを赤ちゃんに与えるのは、1歳を過ぎてからが一般的なようです。

一方、寒天は食物アレルギーを引き起こす物質だとは考えられていないため、寒天で作られたゼリーは生後9〜11ヶ月ごろから与えても問題ないとされています。

赤ちゃんにゼリーをあげるときの方法は?

料理 食材 はてな クエスチョン 疑問

赤ちゃんにゼリーをあげるときは、はじめはスプーン1杯以下のごく少量にし、飲み込む様子を確認しながらあげるとよいでしょう。とくにゼラチンで作られたゼリーの場合、一度にたくさんあげてしまうと、食物アレルギーになってしまったときにアレルギーの症状が強く出てしまう可能性があります。

また、このあと説明するように、赤ちゃんはゼリーをのどに詰まらせやすいため、次のような点を意識して与えるとよいでしょう(※2,3)。

● ゼリーの特性と安全な食べ方を理解する
● 一口の量を多くせず、口の前の方に入れてあげる
● よく噛むように促す
● 食べることに集中させる
● 飲み込むまで大人がそばにいて注意して見ている

赤ちゃんにゼリーをあげるときの注意点は?

女性 虫眼鏡 チェック 注意

赤ちゃんは歯が十分に発育しておらず噛む力も未熟ですが、ゼリーは表面が滑らかで弾力があり、上を向いたり吸い込んで食べたりしがちです。そのため、ゼリーは赤ちゃんがのどに詰まらせやすい食品です。

特にこんにゃく入りゼリーは一般的なゼリーより硬くて赤ちゃんにとっては噛み切りにくいものが多く、冷やすとさらに硬さも増すため、十分に噛みきれないままのどに送り込まれてしまい、窒息しやすくなります(※3)。実際、過去に窒息事故が起こっています。

赤ちゃんにゼリーを与えるときは、くれぐれも窒息事故に注意しましょう。食べ物による窒息事故のうち約8割が子供と高齢者で占められており、なかでも12歳以下の子供の場合、カップ入りのゼリーによって命に関わる大きな事故も起きています(※2)。

万が一、のどにゼリーを詰まらせてしまったら

万が一、赤ちゃんがゼリーで窒息してしまったら、119番通報をしましょう。その際、できれば通報は誰か別の人にお願いし、その間に赤ちゃんに咳をさせてください。

また、のどに詰まったゼリーを以下の手順で吐き出させてください(※2)。

誤飲 誤嚥 イラスト 背部叩打法 

1. 片腕に赤ちゃんをうつ伏せにして乗せる
2. 手のひらで赤ちゃんの顔を支え、頭の位置を体より低くする
3. ゼリーが出てくるまで、赤ちゃんの背中の真ん中を、赤ちゃんを乗せていない方の手のひらで叩く

赤ちゃんのゼリーは市販品でもいいの?

赤ちゃん ママ 買い物 スーパー 薬局

赤ちゃんに与えるゼリーは特に市販品が禁止されているわけではありません。ただし、注意が必要です。

前述のとおり、赤ちゃんにこんにゃく入りゼリーを与えるとのどに詰まらせてしまう可能性があります。そのため、一口タイプのこんにゃく入りゼリーのパッケージには、子供や高齢者には不向きなことを示す統一的な警告マークや注意書きが表示してあります。

ゼリーを購入するときや赤ちゃんに与える前に、この警告マークや注意書きがないか確認するようにしましょう(※2)。

赤ちゃんのゼリー以外に注意すべき食べ物

飲食 野菜 栄養 新鮮 食材

以下に、食物アレルギーと窒息事故の観点から、ゼリーと同様に赤ちゃんに与えるときに注意すべき食べ物を紹介します(※1,2)。

食物アレルギーを引き起こす可能性がある食べ物

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご

窒息事故が起こりやすい食べ物

飴、パン、りんご

赤ちゃんにゼリーをあげるときは十分注意を

離乳食 赤ちゃん ママ 親子

1歳ごろになると、赤ちゃんが食べられる食材も増え、離乳食のバリエーションがぐんと増えます。食べやすそうだからと、ゼリーをあげたくなることもあるかもしれません。ですが、ゼリーを赤ちゃんに与えるときは、食物アレルギーと窒息事故の観点から注意が必要です。

赤ちゃんにゼリーをあげるときは、その危険性を十分理解したうえで、少しずつ食べさせてあげましょう。赤ちゃんの月齢や状況に応じた食べ物や食べ方で、成長を促してあげたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう