外回転術で逆子対策!方法や費用、リスクは?

記事監修 看護師・助産師 岡 美雪
岡 美雪 看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。日... 続きを読む

妊娠30週を過ぎても赤ちゃんが逆子だと、逆子体操やお灸、ツボ押しなどで逆子を元の位置に戻すための対処が行われます。その多くが妊娠35週までには元に戻りますが、なかには逆子の状態が続くこともあります。そんなときに、お腹の外側から逆子を治す方法として「外回転術」があります。医療行為の一つで逆子が元に戻る可能性もありますが、少なからずリスクもあります。そこで今回は外回転術の方法や費用、リスクについてまとめました。

逆子とは?

赤ちゃん 妊婦 胎動 臨月

子宮内で赤ちゃんの頭の位置が下ではなく上にあり、足やお尻が下を向いた状態が逆子です。体位異常の一種で、正式には「骨盤位」と呼ばれ、以下のような種類があります。

● 単殿位(たんでんい):体をV字に曲げて、両足は頭の方へ上げている状態
● 複殿位(ふくでんい):膝を曲げて体操座りをしている状態
● 膝位(しつい):膝立ちして、膝小僧を子宮口に向けている状態
● 足位(そくい):足を伸ばして立ったような状態。足先が子宮口を向いている

骨盤が小さかったり、胎盤や子宮に異常があったり、羊水過多だったりと、様々な原因で逆子になります。

妊婦健診で逆子と診断されても、多くは分娩までには自然に頭が下を向くのが一般的です。しかし、自然に下を向かないケースもあり、その場合には逆子を治すための対処が行われる場合もあります。

外回転術とは?どんな方法で逆子を治すの?

妊婦 病院

逆子を治す方法は様々ですが、その中でも確実なのが外回転術です。外回転術は医師が行う医療行為で、約60〜70%が治るといわれています(※1)。

外回転術は、お腹に手を添え、お腹の外から赤ちゃんをぐるりと回転させる方法です。直接子宮を刺激するので、陣痛が起こらないように薬で子宮収縮を抑えながら行います。

まず、枕などで骨盤を高く上げます。お腹の下側から赤ちゃんのお尻を持ち上げるように押し、前転させるように頭とお尻を少しずつ回転させます。施術時間は2~3分ほどで、長くても10分程度で済みます。

とても簡単そうに思えるかもしれませんが、リスクもあるので、実施できる医師は経験と技術のある人に限られています。また、必ずしも逆子が治るというものではないので、医師と相談しながら無理のない選択をしてくだいね。

外回転術にはどんなリスクがあるの?

注意

外回転術では力を入れて直接子宮を圧迫するので、母体と胎児の両方に負担がかかります。そのため、常位胎盤早期剥離を起こしたり、胎児の心拍数が悪くなったりすることもあります。外回転術を実施した妊婦さんのうち約1〜2%は緊急帝王切開になります。

外回転術を行うためには、赤ちゃんがしっかり成熟している必要があります。また、帝王切開の経験がない、胎盤も正常な位置にある、羊水が正常の範囲内であるなどの条件もあり、その条件をクリアした上で胎児の心拍を確認しながら慎重に行われます。

ちなみに成功率は高いものの、いったん成功しても赤ちゃんがまた回転して逆子になってしまうこともあります。

外回転術が実施できる時期はいつ?

カレンダー 

妊娠30〜35週頃は逆子を治す方法として、逆子体操、お灸、ツボ押し、寝方を変えるなどが行われます。しかし、妊娠35週を過ぎても治らない場合には外回転術が行われることもあります。

妊娠30週を過ぎて逆子の場合は何らかの処置が必要になるので、外回転術も含めた対処法を医師と相談しておきましょう。

逆子だからといって必ずしも治療しなければいけないというものではありませんよ。

外回転術の費用は?保険適用される?

お金 医療費 費用 お札 病院

外回転術の費用はおよそ1万円前後ですが、術後には母体や胎児の状態が急変しても大丈夫なように入院することもあります。入院にかかる費用は病院によって異なるため、少なくとも20,000~30,000円はかかると考えておきましょう。

基本的に医療保険が適用されて自己負担額は少なくてすみますが、病院によっては保険適用されないこともあるので注意してください。

外回転術でも逆子が治らないことはある

婦人科 病院 器具

逆子と診断されると、「分娩まで治らなかったらどうしよう」と、どんどん不安になってしまいますよね。

しかし、自然と元に戻る場合もあります。過度に心配しているとストレスになってしまい、かえってよくありません。逆子も赤ちゃんの個性だと考えて、元の位置に戻ってくれるように声をかけながら、リラックスして過ごしましょう。

しかし、外回転術でも逆子が治らないケースはあります。その場合には、経膣分娩が行えるか、帝王切開にしたほうがいいかを検討することになります。どのような出産になったとしても、ママと赤ちゃんにとって一番安全なお産の形が選ばれていることを理解して、お産に臨んでくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう