ヘルパンギーナの治療薬は?子供には抗生物質が処方されるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

ヘルパンギーナは、子供がよくかかる夏風邪の一つで、急な発熱や喉の強い痛みが特徴です。流行すると一気に広がってしまい、ときには子供だけでなく、ママやパパが感染してしまうことも。今回はヘルパンギーナはどんな薬で治療するのか、抗生物質は有効なのかについてご紹介します。

ヘルパンギーナとは?

赤ちゃん ねんね はてな ? 疑問 何

ヘルパンギーナは、急な発熱と喉の痛みを伴う、ウイルス性の感染症です。エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスが主な病原体ですが、他にもさまざまなウイルスが原因で発病します。そのため、違うウイルスが原因で何度もかかってしまうことがあります。

ヘルパンギーナの主な特徴は、以下の通りです。

流行する時期

熱帯地域では通年発病するものの、日本をはじめとした温帯地域では、夏から秋にかけて流行します。

日本では、毎年5月くらいから流行の兆しがあり、7月にかけて流行がピークを迎え、9~10月頃にはほぼ見られなくなります(※1)。

患者の特徴

1歳児がもっとも多く、ついで2、3、4歳が多く発病します。5歳以下が患者全体の90%以上を占めるものの、大人は発症しないというわけではありません(※1)。

ヘルパンギーナにかかった子供の看病をしているママやパパに、うつってしまうこともあるものの、たいていは微熱程度で治まります。

症状

2~4日の潜伏期間のあと、突然38~40度の発熱があり、それが1~3日ほど続きます。全身の倦怠感や食欲不振、嘔吐、体の痛みが伴うこともあります(※1)。

また、喉の上側から奥にかけて、1~5㎜の水ぶくれができ、広がります。水ぶくれが破れると潰瘍になります(※1)。この症状は、7日ほどで治癒します(※2)。

まれに、髄膜炎を合併することがあります。

感染源

主な感染経路は、飛沫感染や経口感染です。

咳やくしゃみ、つばから感染したり、水ぶくれの内容物が手に触れたり、おむつ替えなどで便に手が触れ、その手が口や目に触れることで感染します。

感染期間

ヘルパンギーナのウイルスは、潜伏期間から感染力があります。

症状がなくなっても、ウイルスの排出は、呼吸器から1~2週間、便からは数週~数ヶ月間続きます。しかし、ウイルスの量としては少量であり、感染力は強くありません(※3)。

なお手足口病も、同じエンテロウイルス属の感染が原因で発症する病気です。ヘルパンギーナとほぼ同様の感染力や感染期間があり、ほぼ同時期に流行することがよくあります。

ヘルパンギーナの治療薬は?抗生物質が処方される?

内服薬 座薬 坐薬 体温計

ヘルパンギーナには特効薬がなく、基本的には治療のために薬を使用しなくても治る病気です。

細菌が原因ではないので、細菌に対して効果が見込める抗生物質を服用しても効果はありません。

ただし発熱や痛みの症状を和らげるために、必要に応じて、アセトアミノフェンの成分を含んだ解熱鎮痛薬が、内服薬か座薬で処方されることがあります(※1)。

ヘルパンギーナに効果的な薬の服用以外の治療法は?

発見 電球 注意

前述のとおり、ヘルパンギーナには特効薬がありません。少しでも症状を緩和するためには、喉の痛みを刺激しないように注意しましょう。

ヘルパンギーナは喉の奥にできた水ぶくれや潰瘍がとても痛むため、食べたり飲んだりするのがつらくなってしまいます。

そのため、症状が出ている間の食事や飲み物は、柔らかくて味が薄く、熱すぎず冷たすぎないものにしましょう。常温のみそ汁、スープ、ゼリー、ヨーグルトなどがおすすめです。

もし、あまりに喉が痛くて飲んだり食べたりできずにいると、脱水症状を起こしてしまうリスクがあります。その場合は、点滴で水分を補充することもあります。

ヘルパンギーナは薬で症状を和らげることができます

赤ちゃん 笑顔 スキンシップ

ヘルパンギーナは、薬で予防することも、完治を早めることもできません。そのため一番大切なのは、手洗いやうがいを日々欠かさず、ウイルスを体内に取り込まないことです。

もしヘルパンギーナにかかってしまったら、食べ物や飲み物を工夫して喉を刺激せず、症状が治まるのを待つことになります。

ただし場合によっては、解熱作用や鎮痛作用のある薬を使用して症状を和らげることもできるので、痛みや発熱でつらそうな場合は、医師に相談しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう