生理前の下痢は妊娠超初期症状?着床が原因?腹痛を伴うと危険?

妊活中の人にとって、ほんの些細なことでも「妊娠兆候では?」と気になってしまうものですね。妊娠が成立してすぐに現れる、いわゆる「妊娠超初期」には様々な症状が現れますが、下痢もその症状の一つ。生理前は下痢になりやすいため、妊娠兆候の下痢と区別がつきにくいので注意が必要です。今回は生理前の下痢が妊娠超初期症状なのかを見極める方法や、腹痛をともなう場合は流産の危険性があるのかなどをまとめました。

生理前は下痢になりやすいもの

トイレ マーク 男女

生理前は体内のホルモンバランスが変化し、様々な体調不良が現れやすい時期です。いわゆる月経前症候群と呼ばれるものですが、下痢もその一つです。

生理周期の中で、排卵後はプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンがたくさん分泌されており、これが体内の代謝を下げて腸の動きを鈍らせるために便通が悪くなっています。しかし、妊娠が成立せずに生理の準備が始まると、プロゲステロンの分泌量は減少します。すると代謝が元通りになって腸の動きが一気に活発になり、下痢になりやすくなってしまうのです。

妊娠超初期症状の下痢は着床が原因?生理前の下痢と見分けるには?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

妊娠超初期とは、妊娠検査薬で陽性反応が出る前の時期のことなので、生理前の時期と重なります。そのため、月経前症候群としての症状なのか、妊娠超初期症状なのかを見分けることは非常に難しいといえます。

実は、妊娠超初期症状で下痢が起こるのも、受精卵が着床したことによってホルモンバランスが急激に変化することが原因です。ホルモンバランスの変化で自律神経が乱れて起こるといわれています。したがって、生理前の下痢も妊娠超初期症状の下痢も、どちらもホルモンバランスの乱れによって引き起こされているのです。

そこで、2つの違いを見分けるときは、下痢以外の症状に注目してください。下痢と同じタイミングで着床出血はないか、高温期が2週間以上続いていないかなど、ほかの妊娠兆候が現れているか確認しましょう。また、普段生理前に下痢をすることがないという人であれば、生理前の下痢は妊娠超初期症状の可能性が高いといえるかもしれませんね。

妊娠超初期症状の下痢に危険性はある?腹痛があると流産?

注意

妊娠初期に下痢になってしまうと、流産の危険性があるのでは?と心配する人も少なからずいると思います。しかし、ホルモンバランスの変化による生理的な下痢であれば子宮収縮を促すということはありません。生理的な下痢が直接的な原因で流産を招くような危険性もないので、心配しないでくださいね。

ただし、下痢の原因が食中毒などの場合には、ひどい下痢を繰り返して子宮収縮を招いてしまう危険性もゼロではありません。ひどい下痢が続き、激しい腹痛や嘔吐などを伴う場合は、なんらかの感染症が疑われるので、早めに病院を受診するようにしてください。

妊娠超初期症状の下痢への対処法は?

女性 ソファ 腹痛 生理

妊娠超初期の下痢は一時的なものなので、特別な対処をする必要はありません。時間がたてば自然に治っていきます。生理前の段階で下痢の症状が見られたら、それ以降は消化のよい食事を心がけて、体を冷やさないように安静にして過ごすようにしましょう。

妊娠可能性がある人は、市販の下痢止めを飲む前に妊娠中に飲んでも良いものかどうか確認すると安心ですよ。妊娠検査薬を使って妊娠の有無を確認するまでは、自己判断で薬を飲むのは控えましょう。妊娠検査薬は「生理開始予定日の1週間後」から使用できますよ。

生理前の下痢は妊娠超初期症状の可能性を考えて対応しよう

生理前は下痢になりやすいので、妊娠兆候とは思えない人もいるかもしれません。しかし、妊娠超初期症状に下痢があるということを知っておくと、気持ちの持ち方や対応が少し変わりますよね。生理前の下痢は「妊娠の可能性がある」ということを忘れずに、行動するようにしてくださいね。

特に、普段下痢止めに頼っている人は、少しでも妊娠の可能性があるのなら、一度落ち着いて、他の妊娠超初期症状がないかを確認してみましょう。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい