赤ちゃんの睡眠時間は?新生児から月齢別の寝る時間まとめ

記事監修 小児科 武井 智昭
日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

生まれて間もない赤ちゃんは、「泣くことと寝ることが仕事」といわれるくらいよく寝ていますよね。新生児期は授乳やミルクのたびに寝てくれますが、しばらくすると起きている時間も増え、夜泣きなども始まり、赤ちゃんの睡眠時間が十分に確保できているのか不安になるママは多いようです。そこで今回は、赤ちゃんや新生児の睡眠時間がどれくらいなのか、月齢別の寝る時間についてまとめました。

赤ちゃんの寝る時間は?まとまって寝るのはいつから?

赤ちゃん 寝る 眠る

新生児から1歳になるまでの赤ちゃんは、平均して1日の半分(12時間以上)は睡眠をとっています。月齢が低いとそれ以上は寝ています。生まれて間もないころは、寝るタイミングもバラバラで昼夜を問いません。新生児期は授乳やミルクのたびに寝ることがほとんどなので、おおよそ2~3時間毎に寝ていることになります。

赤ちゃんの個性にもよりますが、寝る時間がまとまり始めるのは生後3~6ヶ月あたりで、昼夜の区別が少しついてくると、夜中の授乳やミルクはあっても、日中よりまとまって寝てくれることが増えてきます。3ヶ月頃から、夜間には6〜7時間眠れるようになるのが自然な発達と考えられていますよ。

その後、生後9ヶ月あたりから日中の活動も増え、昼寝の回数が減ってきたり、離乳食が始まったりすることで授乳やミルクも減るので、夜はしっかりと寝てくれるようになっていきます。

月齢別の赤ちゃんの平均睡眠時間は?新生児はどれくらい?

グッズ ノート 時計 時間

ここでは、新生児や1歳までの赤ちゃんの睡眠時間について、月齢別にさらに詳しくご紹介します。赤ちゃんの個性などもあるので、あくまで平均睡眠時間として参考にしてみてくださいね。

新生児・生後1ヶ月頃の平均睡眠時間

新生児・生後1ヶ月頃の赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は、16~18時間です。生まれたばかりの赤ちゃんは、寝る・ミルクを飲む・おしっこやうんちをするといったシンプルなサイクルを繰り返しており、昼夜の区別がついていません。

一般的には2~3時間おきに目を覚ますといわれていますが、生活リズムは定まっておらず、あまり寝ない赤ちゃんもいるなど、睡眠時間には個人差があります。夜中の授乳もあるため、ママは赤ちゃんと同じペースで1日を過ごすことが多くなります。

生後2・3ヶ月頃の赤ちゃんの平均睡眠時間

生後2・3ヶ月頃の赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は、14~15時間です。1ヶ月検診を終える頃から生後3ヶ月にかけて少しずつ昼夜の区別がつくようになり、1回に起きている時間が3時間前後と次第に長くなっていきます。哺乳量が増えることで夜中の授乳が1回減るようになり、寝る時間も6時間以上とまとまっていきますよ。

3ヶ月頃までの赤ちゃんはレム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルが50分前後と短い、浅い眠りの割合の方が多い、入眠も難しいといったことから、目を覚ましやすいのが特徴です。睡眠リズムが整ってくるのは生後4ヶ月以降といわれているので、昼夜逆転している子など生活リズムには個人差があります。一緒に生活している大人が規則正しく生活して、赤ちゃんのペースに寄り添ってあげましょう。

生後4・5・6ヶ月頃の赤ちゃんの平均睡眠時間

生後4~6ヶ月頃の赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は13~14時間です。朝・昼・夕と1日3回の昼寝をし、夜はまとまって眠るようになります。夜に6時間連続で眠る赤ちゃんもいますよ。

生後4ヶ月頃から体内時計が少しずつ発達し、昼夜の区別がつきはじめるので、生活にメリハリをつけていきましょう。朝起きたら日光を浴びる、お風呂は決まった時間に入れる、夜は暗く静かな空間で眠らせるといった工夫をすることで生活リズムが整っていきます。

朝は7時前後に起き、夜は9時までに就寝するのが理想ですが、時間通りに赤ちゃんが寝起きしないからといってあまり神経質になる必要はありません。ただ、昼夜逆転している赤ちゃんに関しては、少しずつ寝起きする時間をずらして睡眠時間を調節していきましょう。

生後7・8・9・10・11ヶ月・1歳頃の赤ちゃんの平均睡眠時間

生後7ヶ月~1歳頃の赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は、11~13時間です。生後半年を過ぎると「昼に起きて夜に寝る」といった生活リズムが整い、夜まとまって寝る時間が長くなります。昼間はお散歩や室内でたっぷり遊び、運動させてあげましょう。

生後7ヶ月頃以降は夜泣きや寝ぐずりが目立つようになっていきます。夜泣きの原因は、乳歯の生えはじめによる違和感、知能の発達による刺激やストレスなどと考えられていますが、はっきりとはわかっていません。1歳前後にはおさまる子がほとんどですが、個人差があるので、日中は活発に遊び、夜は早めに寝るといった生活リズムを意識しながら、上手につき合っていきましょう。

夕方に寝てしまうと睡眠サイクルが狂い、夜に寝ない原因になります。できれば3時くらいには昼寝を切り上げるようにしましょう。

赤ちゃんの睡眠時間を整えるコツは?

女性 時間 期間 時計 いつから いつまで 疑問 クエスチョン

赤ちゃんの睡眠時間を整えるコツは、ママやパパが1日の生活リズムを整えること。朝は7~8時に起きて、日中は日光を浴びながら遊ぶ・離乳食の時間は毎日同じ時間にする・お風呂は6時頃に済ませる・音や電気を消して8時頃に就寝するといったルールを毎日コツコツこなすことで、徐々に生活リズムを確立していきましょう。特に朝は7〜8時に起きると、メラトニンという昼と夜の体内時計にかかわるホルモンがしっかり働き、生活リズムが整いやすくなりますよ。

夜泣きは赤ちゃんの個性も大きく影響しますが、なかなか落ち着かない場合は、抱っこをしながら子守唄を歌う、添い寝をしながら寝かしつけるといった「入眠の儀式」を徹底してみましょう。すぐに効果があるものではありませんが、「今からは寝る時間」だと赤ちゃんに意識させることが大切です。

ママが寝不足で疲れてしまったときは、パパと交代したり、赤ちゃんのお昼寝のタイミングで一緒に寝るようにしたり、地域のファミリーサポートや一時保育などを利用して休むなど、体を壊さないよう工夫しましょう。

赤ちゃんの成長に合わせて睡眠時間のリズムをつかもう

女性 赤ちゃん 子供 親子

赤ちゃんの眠りに関して悩みを抱えているママやパパはたくさんいます。赤ちゃんにとって1日の睡眠時間も大切な目安ですが、同時に睡眠の質を高めることも大切です。すぐに思い通りに寝てくれるようになるわけではないので、成長に合わせて少しずつママやパパが生活リズムを整えてあげましょう。

睡眠時間が少ない赤ちゃんの場合、血行不良やアレルギー症状の悪化、記憶が定着しない、感情の起伏が激しくなるといった弊害を引き起こす可能性があります。そのため、赤ちゃんが十分かつ良質な睡眠をとることは健康な生活を送る上でとても大切です。

音がなっている場所や明るい場所だと、赤ちゃんはリラックスした睡眠をとることができず、体力の回復も不十分な状態になってしまっています。寝る時間だけでなく、赤ちゃんが眠りやすい環境をつくっていくと、成長をより一層サポートできますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう