赤ちゃんも痔になる?原因や症状、治療法は?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

妊娠中に、「痔になって困った…」というママも多いのではないでしょうか。実は、赤ちゃんも痔になることがあるって、知っていましたか?赤ちゃんが痔になるのは、どのような原因があるのでしょうか。症状や病院に行く目安、治療法など、今回は赤ちゃんの痔についてご説明します。

赤ちゃんも痔になるの?原因はなに?

赤ちゃん 痔 お尻 病院 注射

痔というと大人の病気のように思われがちですが、実は赤ちゃんにも起こる症状です。

離乳食を食べ始めるようになると、次第に赤ちゃんのうんちは固くなっていきます。それまでは柔らかいうんちしか出してこなかった肛門は、固いうんちに慣れていません。

また消化器官も十分に発達していないので、便秘になったり、痔になってしまうことがあります。赤ちゃんの痔は、離乳食が始まったあとの生後7ヶ月くらいから見られることが多くあります(※1)。

赤ちゃんの痔の症状は?泣くときはどうする?

赤ちゃん しかめっ面 泣く 涙 苦しい

赤ちゃんの痔で多いのは、切れ痔(裂肛)です。切れ痔は、硬いうんちが出るときに、肛門の粘膜や皮膚が切れて出血して起こります。赤ちゃんのうんちに血が混ざっているときは、切れ痔の可能性があります。

切れても自然にふさがってしまう場合もありますが、うんちを出すたびに裂けると傷が広がり炎症を起こしてしまいます。

一度切れ痔になってしまうと、うんちを出すときに痛みを感じるので、赤ちゃんはうんちを出すのを嫌がるようになり、それによって便秘になり、さらに傷が悪化する…という悪循環に陥ってしまいかねません。

もし赤ちゃんがうんちをするときに泣いたり嫌がる素振りを見せたら、肛門を左右に開き、周辺に傷がないか確かめてみましょう。

ただし見えない箇所に傷がある場合もあるため、傷が見つからなくても、うんちをするたびに嫌がるようであれば痔を疑いましょう。

赤ちゃんに、いぼ痔はできるの?

赤ちゃん お尻 

痔といえば、切れ痔以外に「いぼ痔」もありますが、赤ちゃんにはあまりいぼ痔は見られません。

赤ちゃんの肛門付近に、傷だけでなくいぼのような突起が見つかることもありますが、これいぼ痔ではなく「見張りいぼ」というものです。

傷がいつまでも治らないと、傷口に残った便が入りこんで炎症を起こしたり、化膿してしまいます。そのようにしてできるのが見張りいぼと呼ばれる突起物なのです。

大人のいぼ痔とは異なり手術の必要はありませんが、放っておくと悪化して大きくなってしまうので、この見張りいぼが見つかった場合は、早めに病院に行きましょう。

赤ちゃんが切れ痔になったら、何科の病院に行くべき?

小児科 医師

切れ痔の治療は、軽症であれば肛門付近を綺麗に洗ったあとでワセリンなどの軟膏を傷口に塗ることで治ることもありますが、放置していると悪化してしまうことが多いため、早めに病院に行きましょう。

赤ちゃんの切れ痔は、小児科、小児外科、皮膚科で診てもらえます。病院では、症状にあわせて軟膏や固いうんちを柔らかくするための下剤などが処方されます。

ちなみに、見張りいぼがある場合の治療も基本的には同じですが、切れ痔だけの場合よりも完治まで時間がかかります。

 赤ちゃんが切れ痔になったときの対策は?薬を塗るの?

赤ちゃん うんち チェック おむつ お尻

赤ちゃんが切れ痔になったときの対処法は大きく分けて2つあります。ひとつは傷の治癒で、もうひとつは便を柔らかくすることです。

傷の治癒には、病院で処方された軟膏やワセリンを塗って様子を見ます。お尻を清潔に保つことも大切です。むやみに洗ったり拭きすぎる必要はありませんが、おむつかぶれや蒸れによって肌や肛門の状態が悪化してしまうこともあるので、おむつが汚れた状態で放置しすぎないように気をつけましょう。

便を柔らかくして便秘を解消させるには、大人と同様に食べ物と生活リズムを改善させる必要があります。ここでは、赤ちゃんが痔になったときに有効な便秘解消法をご紹介します。

食事を変えて便秘解消

食物繊維が多いものや低脂肪の食材にしたり、水分を多めに摂らせてあげましょう。離乳食であれば、赤ちゃん自身の消化機能が追いついていない可能性もあるので、離乳食の内容を低月齢のものに変えてみるのもいいかもしれません。

バナナヨーグルトやさつまいもを茹でてつぶしたものをヨーグルトに混ぜたさつまいもヨーグルトなどもおすすめです。

マッサージやストレッチで便秘解消

また便秘でお腹が張って苦しそうにしていたら、マッサージも有効です。時計回りにゆっくりとお腹をなでる「の」の字マッサージや、赤ちゃんの太ももと膝を使ってお腹の運動を促す、足のストレッチなどを試してみるといいでしょう。

歌を歌いながら笑顔でマッサージすれば、赤ちゃんも嫌がらずに喜んでくれますよ。

赤ちゃんの痔とは、じっくり付き合いましょう

赤ちゃん 笑顔 ぬいぐるみ 布団カバー

「まさか、赤ちゃんがなるなんて!」と驚くパパ・ママも多いと思いますが、赤ちゃんが痔になってしまったら、単に傷口を治すだけでなく、その根本の原因と向き合うことも大切です。

赤ちゃんが日々ご機嫌に過ごせるように、ゆっくり、じっくりと付き合って、早く治してあげられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう