里帰り出産して良かった!先輩ママが教えるHAPPYポイント

今は実家から離れて暮らしているけれど、子供を産むなら自分の生まれ育った故郷、育ててくれた両親のそばが良いな…。そんな思いを抱いている妊婦さんは、ぜひ里帰り出産をしてみてはいかがでしょうか?

里帰り出産を経験した先輩ママたちに、「里帰り出産をして本当に良かった!」と感じたHAPPYポイントをたくさん伺ったので、迷っているママは参考にしてみてくださいね。

どんなところにHAPPYを感じましたか?

里帰り出産

とにかく家事の手間がかからないからラク!

実家に帰るとついつい家事は母親に甘えてしまう…なんて身に覚えがある人も多いのでは?妊娠中はどんどんお腹も大きくなるので、普段やっている家事もひと苦労。両親が家事を手伝ってくれるだけで、体だけでなく精神的にもゆとりができますよ。

先輩ママが感じたHAPPYポイント

家事をしなくて良いのがとにかくラクでした!たっぷりと休養できたので、気持ちが不安定になりやすい妊娠中も余計なイライラがなかったです。
(神奈川県出身 Rさん 1児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

やっぱり、食事面で一番ラクをさせてもらった気がします。バランス良く三食作ってもらえる…。今考えてもまさに天国!
(広島県出身 Kさん 1児のママ)

精神面で大きな支えになってもらえる

親 祖父母 親子 大人 ママ

両親…特に母親は、過去に出産を経験している大先輩でもあるので、そばにいてもらえるだけで心強さを感じるのではないでしょうか?旦那さんには伝わりにくい悩みや不安に、優しく寄り添ってもらえる存在がいるのは、何より力になりますよね。

先輩ママが感じたHAPPYポイント

育児の悩みを母に聞いてもらえたので、深刻になりませんでした。1人だったら毎日泣いていたかもしれないです…。不安を吐露できる人がそばにいるという支えは、想像以上に大きい!
(埼玉県出身 Mさん 1児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

母はそばにいるだけで心強かった!出産に関しては、旦那より断然頼りになるので(笑)。
(大阪府出身 Yさん 2児のママ)

馴染みのある人や街並みが安心感に

妊婦 元気 友だち 友達 友人 話 会話

進学や就職を機に故郷を離れた人は、里帰り出産をすることで久しぶりの実家暮らしを満喫することができますよ。昔を思い出して懐かしく温かい気持ちになったり、地元の友人と再会できたり、何より気心知れた街の風景や人に囲まれると安心しますよね。

先輩ママが感じたHAPPYポイント

大学から両親と離れて暮らしていたので、里帰り中は昔に戻ったような気分で嬉しかったです。長期間滞在する機会はあまりないので、久しぶりの地元をのんびり堪能できました。
(静岡県出身 Hさん 1児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

地元の同級生と再会できて、一緒にご飯に行けたことが楽しかったです。兄弟や親せき、他にもたくさんの人たちが会いに来てくれました!
(富山県出身 Wさん 1児のママ)

産後のフォローが手厚くて頼もしい!

妊娠 妊婦 サポート 助け合い 支え 友人 仲間 友達

産後は肉体的な疲労も大きく、自分が思うように体を動かせなかったり、乳腺炎になってしまうなどのトラブルも考えられます。

そんなときも、慣れない育児を手助けしてくれる両親の存在は心強い味方に。自分自身の体のケアへ意識を向けられるだけでも、新米ママにとっては心の安らぎに繋がりますよ。

先輩ママが感じたHAPPYポイント

急遽帝王切開になってしまい、術後用の腹帯などを自分の代わりに母に買い揃えてもらいました。体の負担にならないよう、事あるごとに車を出してくれた父にも感謝しかないです。
(広島県出身 Kさん 1児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

乳腺炎になったときに、両親が子供を見てくれたので1人でサッと産院の母乳ケアに行けました。
(埼玉県出身 Sさん 1児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

産後すぐに腱鞘炎になって手首を使うのが辛かったので、沐浴を母と交代でできて助かりました。
(埼玉県出身 Mさん 1児のママ)

両親に孫と過ごす時間をプレゼントできる

赤ちゃん 乳児 祖母 おばあちゃん 人見知りしない

普段両親と離れて暮らしていると、年に数回しか会わないという人も多いと思います。しかし里帰り出産をすれば、この世に生まれたばかりの赤ちゃんと過ごす濃密な時間を、両親にプレゼントすることができます。

わずかな期間ですが、生まれたばかりの孫と一緒に過ごすこともできるので、それも貴重な親孝行になるはずです。

先輩ママが感じたHAPPYポイント

両親には、孫との時間をたっぷり堪能してもらえたし、お宮参りにも一緒に参加してもらえて良い思い出になりました。
(宮城県出身 Sさん 2児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

ベビー服を水通ししてくれた母が、自分の子育てを思い出して楽しそうな様子だったのを今でも覚えています。そんな母の姿が見られて、私も何だか嬉しくなりました。
(埼玉県出身 Mさん 1児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

父がぎこちなく孫を抱っこする様子を見て感動。毎朝起床後は、息子が過ごすカーペットをコロコロで掃除するというルーティンワークが父の中で生まれ、愛を感じました。
(広島県出身 Kさん 1児のママ)

里帰り出産は2人目のときも魅力がいっぱい

二人目 妊娠

2人目を産むときに里帰り出産を選択すると、1人目の子供を両親のそばで見てもらえるという大きな利点があります。1人目がまだ小さかったりすると、大きなお腹で育児をしなければならず大変ですよね。もしかしたら、1人目以上に両親の支えのありがたみを実感できるかもしれませんよ。

先輩ママが感じたHAPPYポイント

第2子のときは、入院中両親に上の子の面倒をずっと見てもらえて安心でした。産後も上の子と遊んでもらえたし、逆に上の子を優先したいときは赤ちゃんを任せられるので大助かり!
(大阪府出身 Yさん 2児のママ)

先輩ママが感じたHAPPYポイント

産褥期の家事を母に丸投げできたので、新生児にがっつり向き合えました。産後の赤ちゃんのお世話も気兼ねなくお願いできて、言わなくても自然と察して育児を手伝ってくれるので頼もしい!(茨城県出身 Tさん 2児のママ)

里帰り出産をきっかけに深まる親子3代の絆

赤ちゃん 祖父母

里帰り出産の期間中は、自分の両親と生まれてくる子供、親子3代が同じ場所で共に過ごす貴重な時間です。普段離れているからこそ改めて分かる両親のありがたみや、存在の大きさを、里帰り出産を機に感じてみてはいかがでしょうか?

旦那さんが日頃から仕事で忙しかったり、妊娠後に新しい土地へ引っ越したばかりだったり…不安を抱えている妊婦さんも、ぜひ選択肢のひとつとして考えてみてくださいね。

里帰り出産を決意したママは、下記をチェック!いつまでに帰れば良いのか、病院予約の時期なども詳しく載っていますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう