とびひはうつる?お風呂やタオルで感染するの?家でのケア方法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

幼児から小学校低学年の子供までがかかりやすい「とびひ」。一度かかってしまうとなかなか治らない、困った病気です。しかも、感染力が強いので兄弟など身近な人にうつしてしまう可能性も。そこで今回は、子供がとびひにかかった場合、お風呂やタオルは分けた方が良いのか、自宅でケアをするときにどんなことに注意すべきか、といったことについてご説明します。

とびひとは?

女性 蚊 かゆい かく 腕

とびひは、正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」という名前の病気です。破れやすい水ぶくれが体のあちこちにでき、火事の飛び火のように広がっていくため、一般的には「とびひ」と呼ばれています。

とびひの主な原因菌は、「黄色ブドウ球菌」です。この菌は、健康な皮膚にくっついても症状を起こしませんが、あせもや虫刺されなどをかき壊して傷ができると、そこから細菌に感染することで発症します。

とびひは、夏に子供が多くかかる病気ですが、まれにアトピー性皮膚炎を持つ大人にも見られるので、感染に注意が必要です。

とびひが広がりやすいのはなぜ?

子供 疑問 クエスチョン

とびひにかかると、膿(うみ)を持った小さな水ぶくれができ、つぶれてただれるとジュクジュクした汁が出るようになります。かゆみが強いため、子供が我慢できずかいてしまい、汁のついた手で体のほかの部分を触ると、どんどん広がっていってしまいます。

水ぶくれや傷に直接触れなくても、とびひにかかった子が触った物を介して感染することもあるため、家庭内や保育園・幼稚園内で感染が拡がる可能性があります。

潜伏期間は感染した菌の量や傷の状態にもよりますが、2~5日ほど。この期間、とびひに感染したのに気づかないまま家族や友達にうつしてしまうこともあります。

とびひでも保育園や幼稚園に行けるの?

小学校

感染症の扱いを定めている「学校保健安全法」という法律では、とびひを発症しても医師の診察を受けて治療した上で、ガーゼなどで患部を覆っていれば登園しても良いことになっています(※1)。

ただし、ほかの子供たちに感染させてしまう危険性はゼロではないので、治療を進めて医師から登園の許可が下りるまでは控えましょう。また、通っている園によってはとびひに感染したときの登園ルールを決めていることがあるので、事前に確認しておいてくださいね。

とびひでもお風呂に入ってもいい?

子供 シャワー お湯

子供がとびひになったら、お風呂に入れるべきかどうか悩むママも多いかもしれません。水ぶくれができた部分は清潔にしておく必要があるので、できるだけお風呂には入るようにしましょう。ただし、家族内で感染が広がるのを防ぐため、湯船に浸かるのは避けましょう。

殺菌力の高い石けんを良く泡立てて、患部をこすらないようそっと洗います。そのあと、浴槽にためたお湯ではなく、シャワーでやさしく洗い流してくださいね。

シャワー浴で患部を清潔にしたあとは、病院から処方された薬を塗るのを忘れずに。

とびひのホームケアの注意点は?

小学生 子供 プレゼン 黒板 ひらめき アイデア 豆電球

子供がとびひにかかったら、お風呂のほかにも、家でのケア方法で気をつけたいことがいくつかあります。以下のポイントに注意してみてくださいね(※2)。

タオルは共用しない

シャワーで清潔にしたあと、清潔なバスタオルで水分を抑えるように体をふいてあげましょう。家族への感染を防ぐため、ほかの人とタオルを共用しないようにしてください。

絆創膏は貼らない

子供が傷口をひっかいてしまうのを防ぐため、ママが絆創膏を貼ってあげたくなるかもしれませんが、通気性を良くするために貼らないようにしましょう。

眠っている間に無意識にかいてしまうのが心配であれば、夜だけゆるく包帯を巻いてくださいね。

病院で処方された薬を使う

症状が軽い場合、とびひの部分を消毒して、抗生物質の軟膏を塗ります。とびひが全身に広がり、かなりジュクジュクしているときは、抗生物質やかゆみを抑える飲み薬を処方されることもあります。

ステロイド軟膏を使いすぎると、黄色ブドウ球菌が繁殖してしまい逆効果になることもあります。症状を悪化させないように、家にあった軟膏を安易に使わず、病院で処方された薬を適切に使いましょう。

薬を最後まで使う

とびひに感染した部位は、治療を続けていれば少しずつ乾燥してかさぶたになって治ります。「かさぶたになればもう大丈夫」と思ってしまいがちですが、かさぶたの中にまだ細菌が残っている可能性もあります。

かさぶたになったからといって、油断して薬を途中でやめてしまうと、とびひが再発することも。医師に完治したと診断されるまでは、用法・用量を守って薬を使い続けてくださいね。

とびひはお風呂やタオルでの感染に気をつけて

子供 病気 風邪 病院 小児科 溶連菌 喉

とびひができると、皮膚がかゆくて子供がかいてしまい、かき壊したところからまた菌が広がっていく…という悪循環が起こりやすいので注意が必要です。虫刺されやあせもを子供がしきりにかいていたら、小児科か皮膚科を受診し、早めに薬を処方してもらってくださいね。

原因となる黄色ブドウ球菌は、もともと鼻の穴の中にたくさんいるので、とびひにかかった子供が鼻をいじらないように、パパやママがよく見ていてあげることも大切ですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう