鶏レバーの離乳食の作り方 中期・後期別レシピ

栄養の宝庫ともいわれる鶏レバー。体の免疫力を高めて、皮膚、髪、爪などを健康に保つ効果があります。離乳食にも取り入れて、栄養バランスのよいメニューを作ってあげましょう。今回は、鶏レバーを使った中期・後期の離乳食を8レシピご紹介します。

離乳食の鶏レバーはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
× まだ早いので、食べることをおすすめしません。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

鶏レバーは離乳食中期から食べられる食材です。

レバーには、鶏レバー・豚レバー・牛レバーがありますが、離乳食で使用するときには、比較的柔らかくて臭みの少ない鶏レバーがおすすめです。必ず下処理をして臭みを取り、十分に加熱してから使いましょう。

離乳食の鶏レバーの下処理は?

鶏レバー

離乳食で鶏レバーを使うときは、下処理が大切です。購入したらできるだけ早く下処理を済ませ、調理しましょう。

鶏レバーの下処理方法

1. パックから取り出し、レバーの部分とハツ(心臓)の部分に分ける
※離乳食ではレバー部分だけを使用します
2. レバーをボウルに移し、かぶるくらいの水と塩ひとつまみを入れる
3. 15~20分そのまま浸して血抜きをする
4. 血を洗い流したら、再びレバーをボウルに入れ、牛乳をたっぷり注いで10~20分ほど浸ける
5. 牛乳を洗い流して、しっかりと水をきる

牛乳に浸けることでレバーの臭みがなくなり、食べやすくなります。

鶏レバーの離乳食中期レシピ

基本のレバーペースト

レバーペースト

材料(1食分)

鶏レバー
10g
玉ねぎ
10g
牛乳
適量
片栗粉
適量
  1. 1鶏レバーをそぎ切りにし、脂肪や筋を取り除く
  2. 21を水にさらして血抜きする
  3. 3玉ねぎを茹で、柔らかくなったら取り出し、みじん切りにしてすりつぶす
  4. 42のレバーを水からあげ、牛乳に10分間漬ける
  5. 54を熱湯で茹で、火が通ったら取り出し、すりつぶす
  6. 63と5を混ぜ、とろみや水分が足りない場合は水溶き片栗粉を足し、とろみがつくまで煮る

レバーペーストは様々な離乳食レシピに使える万能メニューです。塩やハーブを混ぜ合わせてパンにつければ、大人のおつまみとして美味しく食べられますよ。

レバーペーストのりんご煮

レバーペーストのりんご煮

材料(1食分)

りんご
10g
レバーペースト(※1)
10g
  1. 1りんごをすりおろし、汁も取っておく
  2. 21の汁ごとレバーペーストと合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせる
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

りんごの甘味でレバー独特の味わいが和らぎます。このままだと食べにくい場合は、おかゆに混ぜたり、パンに塗ってサンドイッチにしたりするのもおすすめです。

レバーのかぼちゃあえ

レバーのかぼちゃあえ

材料(1食分)

かぼちゃ
10g
レバーペースト(※1)
10g
  1. 1かぼちゃは柔らかく茹でて、すりつぶす
  2. 2レバーペーストと1をあえる
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

レバーでビタミンAやCを補給して、かぼちゃでビタミンEをプラス。かぼちゃのほくほくした食感のおかげで口当たりもよく、食べやすい一品です。

レバーヨーグルト

レバーヨーグルト

材料(1食分)

レバーペースト(※1)
10g
プレーンヨーグルト
15g
  1. 1レバーペーストとプレーンヨーグルトを混ぜ合わせる
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

ヨーグルトの酸味で、レバーの味わいがまろやかになります。レバーペーストを冷凍しておけば、ヨーグルトと混ぜ合わせるだけで完成する、うれしい時短レシピです。

鶏レバーの離乳食後期レシピ

レバーと野菜の蒸しパン

レバーと野菜の蒸しパン

材料(1食分)

さつまいも
10g
小松菜
10g
小麦粉
30g
きなこ
15g
ベーキングパウダー
1.5g
レバーペースト(※1)
5g
牛乳
40ml
  1. 1さつまいもは茹でてすりつぶす
  2. 2小松菜は茹でて、みじん切りにする
  3. 3ボウルに小麦粉、きなこ、ベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせる
  4. 43に1、2、レバーペースト、牛乳を入れ、さらによく混ぜる
  5. 54の生地をシリコンカップに流し入れる
  6. 65をスチーマーに入れて電子レンジで約2分加熱する
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

栄養満点のレバーの蒸しパンは、朝ごはんにおすすめ。小麦粉の代わりにホットケーキミックスを使ったり、他の野菜を組み合わせてアレンジを楽しんだりしてくださいね。

レバーとほうれん草のおかかあえ

レバーとほうれん草のおかかあえ

材料(1食分)

ほうれん草
10g
レバーペースト(※1)
10g
鰹節
適量
醤油
2滴
  1. 1ほうれん草を柔らかく茹でて、みじん切りにする
  2. 21とレバーペーストを混ぜる
  3. 32に鰹節を加えてざっと混ぜ、仕上げに醤油をたらす
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

おかかと醤油の風味で食べやすく、食が進む一品です。おかゆにかけても美味しいですよ。味付けを濃くすれば大人の箸休めとしてもおすすめです。

レバーとチーズのおやき

レバーとチーズのおやき

材料(1食分)

じゃがいも
50g
ベビーチーズ
10g
レバーペースト(※1)
10g
片栗粉
適量
  1. 1じゃがいもを茹で、舌触りが滑らかになるよう柔らかくつぶす
  2. 2ベビーチーズを約5mm角に切っておく
  3. 31に2とレバーペースト、片栗粉を加えて混ぜ、成型する
  4. 4薄く油を引いたフライパンで、3の両面がきつね色になるまで焼く
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

レバーの味が苦手な赤ちゃんにもおすすめ。じゃがいもとチーズの風味でレバーの味が主張しすぎないレシピです。青のりを混ぜ合わせても美味しいですよ。

レバー入りオムレツ

レバー入りオムレツ

材料(1食分)

万能ねぎ
5g
レバーペースト(※1)
10g
1/2個
10ml
  1. 1万能ねぎはできるだけ小さく小口切りにする
  2. 2レバーペースト、卵、水をしっかりと混ぜる
  3. 32に1を加え、小さめの耐熱容器に入れて電子レンジで約2分加熱する(※1)
  4. 43を手づかみしやすい大きさに切り分ける
  • 1レバーペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

卵にレバーのコクが加わると、味わい深い一品に。電子レンジで加熱して作ることができるので、火を使いたくないときにもぴったりですね。かわいい形にカットして召し上がれ。

鶏レバーの離乳食は冷凍保存できる?

冷凍庫

離乳食のレバーは、血抜きや臭み取りの下処理をして加熱した状態であれば、冷凍保存できます。ペースト状にしたものや細かく切ったものを、製氷機に入れるかジッパー付きの冷凍用保存袋に入れて、冷凍しましょう。

生のレバーは傷みやすく日持ちしないので、購入したらできるだけ早く下処理・調理することがポイントです。

離乳食の鶏レバーはベビーフードでも

離乳食の鶏レバーを選ぶときには、新鮮で鮮やかな赤味があり、弾力があるものを選びましょう。レバーは下処理に時間がかかるため、忙しいときは市販のベビーフードのレバーを活用してもいいですね。

鶏レバーを使って、栄養満点の離乳食を作ってあげましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう