生理で足がだるい!腰が重い!生理痛でだるい原因や解消する方法は?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

生理が来るたびに体調が悪くなり、生理痛でだるいと感じる女性は多くいます。生理痛の痛みだけでもつらいのに、だるくなると、仕事や家事をするのもイヤになってしまいますよね。そこで今回は、生理痛で体がだるくなる原因と、体全体、足や腰などがだるいときの解消法をご紹介します。

生理痛とは?

女性 腹痛 お腹 痛い

そもそも生理痛は、経血の排出を促すために子宮が収縮することで感じる痛みです。痛みの強さは人によって違い、痛みを感じる部位も、下腹部や頭、腰、胃など様々です。

生理痛の主な原因は、子宮収縮を促す「プロスタグランジン」という物質です(※1)。

プロスタグランジンは経血をスムーズに排出するために欠かせないホルモンですが、分泌量が多くなると、その分子宮が収縮し、下腹部や腰回りに痛みを感じやすくなります。

また、プロスタグランジンが血液で体内に分散されると、様々な場所に痛みを生じさせ、吐き気やむくみを引き起こすこともあります。

生理痛でだるいと感じる原因は?

イメージ 回答 疑問 クエスチョン 答え

生理痛でだるいと感じるのは、生理痛によって体に様々な変化が起こり、下記のようなことがいくつか重なるからだと考えられます。

● 下腹部痛や腰痛で体全体が重く感じる
● 経血を排出するために血液が子宮に集まり、血行不良を起こして貧血気味になる
● 血行不良で体内の水分の循環が悪くなり、むくんで体が重くなる
● 生理が始まることでホルモンバランスが急激に変化し、体が不安定になる
● 基礎体温が低くなることで、眠気が強くなる
● 血液の排出にエネルギーが使われ、体力が消耗する
● 生理に対してマイナスイメージがあり、ストレスから自律神経が乱れる

生理痛で体がだるいのを解消するには?

風景 太陽 空 雲 

生理痛のだるさを解消するには、その原因を取り除くことが一番です。下記のような方法を試してみてください。

体を温める

体の冷えは、プロスタグランジンの過多分泌や貧血、血行不良などを引き起こすことがあります。生理中は、体を温めることを意識しましょう。

特に子宮の周りを温めると、経血の排出を促してプロスタグランジンの分泌を抑えることができます。腹巻をしたりカイロを当てたりして、積極的に温めてくださいね。

ホルモンバランスを整える

即効性があるわけではありませんが、生理痛によるだるさを軽減するには、ホルモンバランスを整えることも重要です。栄養バランスの取れた食事をし、十分な睡眠をとるなど、規則正しい生活を心がけたいですね。

ストレスをためない、あるいは適度に解消するのも大切です。

生理に対するイメージを変える

生理に対してマイナスのイメージがある人は、できるだけ生理をフラットに受け入れてみてください。

毎月痛みや出血の多さで煩わしいかもしれませんが、人間の自然な生理現象として、うまく付き合っていけるといいですね。

生理痛の足や腰のだるさを解消するには?

女性 足 ふくらはぎ むくみ

人によっては、生理痛のだるさが足や腰に現れることもあります。足や腰がだるいのも原因は同じなので、それぞれの解消法を参考に対処してみてください。

足のだるさ解消法

足のだるさは、下半身の血行不良やむくみが原因です。足の血行を良くすることが、だるさの改善につながります。

足湯で足全体を温める、むくみやすいふくらはぎをマッサージする、ストレッチをしてふくらはぎを伸ばすなどが効果的です。足首があたたまるよう、少し長めの靴下をはくのもいいですね。

また、横になって休むときは、クッションをふくらはぎの下に入れて、足先を少し高い位置に上げておくのがおすすめです。足を心臓より高くすることで、血が巡ってむくみが緩和されますよ。

腰のだるさ解消法

腰のだるさは、生理痛による痛みや血行不良による冷えによって引き起こされています。冷えの解消と、痛みを悪化させない工夫を心がけましょう。

腰部分を温めるためには、半身浴や適度な運動がおすすめです。運動は、腰に負担の少ないウォーキングやストレッチがいいですね。痛いところにカイロを当てて、直接温めるのも効果が期待できますよ。

痛みを悪化させないためには、同じ姿勢を長時間続けず、ヒールの高い靴は控えた方がいいでしょう。猫背や反り腰だと腰に負担がかかるので、できるだけフラットな姿勢を心がけたいですね。

生理痛のだるさは自分に合う方法で解消を

女性 笑顔 空 開放感
生理中、体のどこにどんなだるさが現れるのかは、人によって違います。体が全体的に重いという人もいれば、足や腰だけがだるく感じるという人もいるでしょう。

基本的には生理痛の痛みや血行不良、冷え、ホルモンバランスの乱れなどが原因になっているので、健康的な生活を送りながら、気になる部分の血行をよくすることを心がけてください。

自分で対処してもなかなか改善されないときは、婦人科に相談するのも一つの手です。ひどいときはホルモンバランスを整えるための治療を行うことができますし、日常生活についても原因にあったアドバイスがもらえるかもしれません。

自分に合う方法でだるさを解消して、生理の期間を少しでも心地よく過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう