スリングの使い方!新生児に使うときの注意点は?

出産準備品のなかでも、抱っこ紐やスリングは特に必需品。日常的に使用するものなので、使いやすいものや好きなデザインを選びたいですよね。しかし、スリングを知ってはいても、そもそもの使い方や特徴を知らない人も多くいます。そこで今回は、スリングの使い方をはじめ、新生児の抱き方や使うときの注意点をご紹介します。

赤ちゃんのスリングとは?いつから使えるの?

赤ちゃん スリング 抱っこ 抱っこ紐 

赤ちゃんが使う「スリング」とは、1枚の布で赤ちゃんを抱っこすることができる抱っこ紐の一種です。メーカーによって種類は様々ですが、多くの場合が生後0~1ヶ月の首すわり前から使うことができます。

スリングには、以下のような種類があります。

ベビースリングの種類

リングタイプ

大判の布を使って、肩部分にある2つのリングでサイズ調整するタイプ。スリングの先のテール部分をひっぱると、赤ちゃんの大きさや心地良い位置で微調整できて便利。

バックルタイプ

スリングの長さをバックルで調整するタイプです。一度サイズ合わせをしてしまえば、肩にかけて赤ちゃんを乗せるだけ。スリング初心者や新米ママにも扱いやすいのが特徴です。

チューブタイプ

バックルやリングといった部品がない、筒状のスリングです。細かいサイズ調整はできませんが、肩にかけて赤ちゃんを乗せるだけなので楽。サイズがS・M・Lで分かれているものもあり、ママとパパの体格差が大きいと兼用ができないこともあります。

スリングの使い方は?

赤ちゃん 新生児 肌

事前にスリングの構造を把握しておき、使い方を覚えておくとスムーズに使い始められますよ。スリングの使い方は、大まかにはどのタイプも共通していますが、細かいところは種類によって異なるのでご注意ください。

スリングの構造(一般的なリングタイプのスリングの場合)

基本的にスリングは、以下3つの部分に分かれます。

● テール…長さを調節するための部分
● リング…継ぎ目のない輪っかの部分
● ポーチ…赤ちゃんが入る部分

スリングの装着方法(対面縦抱き・横抱き)

1. リングタイプはテール部分をリングに通して、赤ちゃんを抱っこできるサイズに調整しておく

2. スリングを斜めがけして、赤ちゃんと体が密着するように微調整する(スリングの種類や体勢によっても違うが、ポーチ部分がママの腰骨、リング部分が鎖骨くらいがベスト)

3. 赤ちゃんのお尻をしっかりと支え、げっぷをさせるときの体勢でママの肩に赤ちゃんを乗せるように抱きあげる

4. 赤ちゃんのお尻にポーチ部分を添えるようにして、赤ちゃんのお尻をゆっくりおろす

5. 赤ちゃんの背中部分までしっかりと布で覆う

6. (縦抱き)赤ちゃんのお尻がポーチの中心にくるぐらいまでスリングの中へ滑り込ませる
(横抱き)スリングがかかっている肩の方を頭にして横向きに滑り込ませれば完成

7. 赤ちゃんのお尻が膝よりも高い位置にくるように、赤ちゃんの膝裏までポーチに布を広げて、ママのお腹に張りつくような位置を維持する

新生児や生後1〜3ヶ月に使うときのポイント

生後4ヶ月未満の赤ちゃんは、縦抱きでママの体に向かい合わせ、足がM字型になるような姿勢をとり、首の部分はしっかり支えてください(※1)。横抱きで長時間抱っこをし、足がまっすぐになった状態が続いた場合、赤ちゃんが股関節脱臼になる恐れがあります。

赤ちゃんにスリングを使うメリット・デメリットは?

赤ちゃん ママ おんぶ 抱っこ紐 スリング

赤ちゃんのスリングは、使いやすい反面、不便と感じる点もあります。ここでは、スリングを使うことによる、赤ちゃんやママにとっての主なメリット・デメリットをご紹介します。

スリングを使うメリット

・おくるみに巻くような感覚で、自然姿勢を維持できる
・ママのお腹に密着するので赤ちゃんが安心する
・首から足先まで布ですっぽり覆えるから、首がすわらない時期でも使えるものが多い
・縦抱きにすれば2~3歳くらいまで使用できる
・装着が簡単
・背中から肩まで支える部分が幅広なので重さが拡散されて疲れにくい
・小さくまとまるので携帯に便利
・1枚でいろいろな抱き方ができる(横抱き、縦抱き、前向き、おんぶなど)

スリングを使うデメリット

・スリングの種類や赤ちゃんの月齢によって、片手で赤ちゃんを支える必要がある
・サイズが一定のものだと、兼用できない
・首すわり前でも使えるが、生後4ヶ月未満の赤ちゃんは抱き方に注意が必要(※1)
・装着は簡単だが、種類によって慣れるまでに時間がかかることもある
・長時間の使用は、片側の肩に負担がかかる

赤ちゃんのスリングと抱っこ紐の違いは?

グッズ エルゴベビー 抱っこ 抱っこ紐 ママ

赤ちゃんのスリングは、「抱っこする」ものとしては抱っこ紐と用途は同じですが、特徴がそれぞれ異なります。どちらを購入しようか悩むママもいますが、特徴を知ることで選びやすくなりますよ。

以下に、それぞれの特徴をまとめました。

抱っこ紐の特徴

抱っこ紐は、慣れるまでは装着が大変ですが、一度コツをつかむと簡単に使うことができます。

両肩のベルトと、種類によっては腰回りのベルトでしっかりと赤ちゃんを固定するので、両手を使える上に、疲れにくいのが大きなメリット。サイズは同じでも調節できる部分が多く、ママとパパの体格差があっても兼用しやすのが特徴です。

新生児が使う場合、首を固定するための付属品が必要なこともあります。外出時に抱っこ紐を使わないとき、予備として持ち歩くのにかさばるというデメリットも。

スリングの特徴

スリングは、赤ちゃんが入る位置をつかむまでが大変ですが、慣れると赤ちゃんの心地良い姿勢がわかります。横抱きも縦抱きも、赤ちゃんが自然な姿勢でいられやすいのが特徴です。

また、抱っこ紐に比べてデザインが豊富。ファッションの一部として楽しめるものスリングのメリット。手頃な価格も多く、セカンド抱っこ紐としてい使う人もいますよ。

赤ちゃんをしっかりホールドしているわけではないので、しゃがむときのやおじぎをするときは、抱っこ紐以上に落下しないように気をつける必要があります。

新生児にスリングを使うときの注意点は?

注意

赤ちゃんにスリングを使うときは、特に新生児は股関節脱臼にならないよう注意しましょう。国民生活センターでは、スリングの使い方について注意喚起をしています。

以下を参考に、正しい使い方をしてください。

脚はしっかりと開脚させる

低月齢の赤ちゃんは、足がM字の体勢が自然ですが、まっすぐに固定すると股関節脱臼につながる恐れがあります。

特に生後4ヶ月未満の赤ちゃんに使用するときは、縦抱きでママの体に張りつくような姿勢を維持してください。どうしても横抱きをしたい場合は、足が曲げられるスペースがあるものを選び、短時間にし、足がM字になるように細心の注意を払いましょう。

抱く位置・角度に気をつける

赤ちゃんとママの双方の顔が見えて、おでこや頭にキスができる高さや角度が適しています。商品に合わせた正しい位置を守りましょう。

また、背中の丸みに添って使うことができる反面、強く曲がり過ぎて気道を塞いでいないかチェックしましょう。あごと首の間は大人の指2本分は開け、あごを引きすぎないようにするのがポイントです。

スリングを正しく使って赤ちゃんとのおでかけを楽しもう

shutterstock_59195071

スリングを使うときの注意点は、抱っこ紐にもいえることです。何を使うにしても、初めて赤ちゃんに使うものは、使用方法をよく理解して正しい方法で使いましょう。

ベビー用品を販売している大型のショップであれば、スリングや抱っこ紐を実際に試着することもできます。用途や好みに合わせたスリングを選んで、赤ちゃんとのおでかけを楽しんでくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう