エルゴはいつから使えるの?新生児はインサートが必要?足の位置は?

育児の必需品である抱っこ紐のなかでも、多くのママから人気を集めている「エルゴベビー」。街中で、エルゴベビーで赤ちゃんを抱っこしているママやパパを見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。しかし、いつから使えるものなのでしょうか?今回はエルゴベビーについて、いつから使えるのか、新生児に使うときはどうすればいいのか、抱っこのときの姿勢などをご紹介します。

エルゴベビーとは?

抱っこ紐 抱っこ ママ 赤ちゃん おでかけ

エルゴベビーはハワイで誕生し、今では世界50ヶ国以上で販売されている大人気の抱っこ紐です。赤ちゃんの体重を腰と肩に分散させる設計により、ママやパパの体への負荷が軽減され、長時間抱っこしても負担がかかりにくいのが特徴です。

赤ちゃんにとっても、「動きやすさ」「快適性」にこだわっていて、開脚した姿勢を自然とキープできるのが嬉しいポイント。ママやパパと心地よく密着できるので、赤ちゃんは快適に過ごすことができます。

デザインやカラーはもちろん、抱っこ紐のタイプや専用のアクセサリーも充実しています。おしゃれかつユニセックスなデザインで、パパが違和感なく使えるのも人気の理由です。

エルゴベビーはいつから?新生児でも使える?

ママ 抱っこ 抱っこ紐 男の子2歳

エルゴベビーは、定番のシリーズをはじめとした従来のタイプであれば、基本的には首がすわった生後3~4ヶ月頃を目安に、赤ちゃんと向かい合った「対面抱き」から使うことができます。

腰がすわった生後6~7ヶ月頃からは「腰抱き」や「おんぶ」も可能。タイプによっては、「前向き抱っこ」ができるものもあります。

どれも、別売りの「インファントインサート」という、赤ちゃんを包むクッションのような新生児用パッドを使えば、首すわり前からエルゴを使用することができます。

最近は、インファントインサートを使わなくても、首すわり前から使えるシリーズも登場しています。

エルゴベビー インファントインサートⅢ

要出典 エルゴ インファントインサートⅢ

ママのお腹にいたときと同じように、丸まった姿勢のまま、赤ちゃんの頭部と首、おしり、仙骨、背骨を正しい位置で支えてくれる「インファントインサートⅢ」。

赤ちゃんの手足が固定されずに楽な姿勢をキープできる設計で、エルゴベビーキャリアのシリーズや柄を問わず、共通して使用することができます(ADAPT(アダプト)」シリーズを除く)。

税込価格
4,104円

エルゴベビーのインサートの使い方は?足の位置はどうする?

エルゴベビーキャリアで新生児を抱っこするときには、まずバックル・ストラップ・ウエストベルトの各パーツがしっかり留まっているか、破れやほつれがないかを確認します。

インファントインサートⅡとⅢを使う場合は、まずアタッチメントストラップを肩紐4箇所に装着しましょう。別売りの「キャリアアタッチメント」「ベビーウエストベルト」を着けると、赤ちゃんの落下を防ぐことができて安心です。

インファントインサートⅢの使い方(※1)

1. インファントインサートを抱っこ紐に装着する
2. 抱っこ紐にキャリアアタッチメントを着け、赤ちゃんにはベビーウエストベルトを装着する
3. キャリアアタッチメントを内側に折り返してから、ウエストベルトを着ける(ママのおへそあたりの高さで、水平に)
4. キャリアアタッチメントのスナップをはずしてから、片方の肩紐をかけて長さを調節する
5. インサートのクッションを下げて、キャリアアタッチメントを外に出す
6. 赤ちゃんを抱っこしてインサートの中に入れたら、ベビーウエストベルトとキャリアアタッチメントを装着する
7. 赤ちゃんを支えながら、もう片方の肩ベルトをかけて長さを調節し、背中のバックルをとめる
8. 両肩の長さを合わせ、あまった紐をくるくるとまとめたら完了

インファントインサートを使うときの足の位置(※2)

基本的には、赤ちゃんの体の大きさに合わせて、楽な姿勢を意識しましょう。

生後2~3ヶ月頃は、体を丸めるように足をM字にすることが多く、インサートの中で膝を曲げていて、足が見えないこともあります。窮屈にしていないかだけ確認し、無理に伸ばさないようにしましょう。

生後3~4ヶ月頃になると、少しずつ足先が見えるようになりますが、無理にひっこめる必要はありません。楽な姿勢や足の位置を見つけてあげましょう。

エルゴベビーは赤ちゃんが苦しくない姿勢を意識して使おう

抱っこ紐 赤ちゃん エルゴ ベビー 新生児 インファント インサート

新生児の頃からエルゴベビーを使う場合は、インファントインサートを装着するか、インファントインサートがなくても使えるタイプを利用して、赤ちゃんの姿勢が苦しくないようにしてあげることが大切です。1ヶ月検診や早い時期のお出かけにも使えるので便利ですよね。

エルゴベビーは、ママやパパの体に負担を軽減することまで考え抜かれたもの。はじめは装着するのに手間取ってしまうこともありますが、慣れてしまえば赤ちゃんをサッと抱っこすることができます。

エルゴベビーをうまく活用して、赤ちゃんをたくさん抱っこしてあげてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう