パパ・ママ育休プラスってどんな制度?使える条件をイラストで解説!

「パパ・ママ育休プラス」という制度を知っていますか?これは、ママだけでなくパパも育休を取ることで、子供の1歳の誕生日前日までだった育児休業の期間を1歳2ヶ月まで延長できるようになる制度です。今回は、この「パパ・ママ育休プラス」がどんな制度なのかや、利用の具体例、申請の条件などをご紹介します。

パパ・ママ育休プラスとはどんな制度?

産後クライシス 日本人 パパ

パパ・ママ育休プラスとは、パパとママの二人の育休期間を足して、子供が1歳2ヶ月になるまで育休期間を延長できる制度です。

例えばママが、赤ちゃんを出産してからの産後休業8週間と育児休業を合わせて1年間取得して、復職するとします。パパ・ママ育休プラスでは、ママの復職と同時にパパが2ヶ月間育児休業を取得し、あわせて1歳2ヶ月まで育休をとるなどの使い方ができます(※1)。

パパ・ママ育休プラス制度利用の具体例

グッズ カレンダー 予定

前述のように、赤ちゃんが1歳になる前日までママが育休を取り、ママの育休が終わった翌日から赤ちゃんが1歳2ヶ月になるまでパパが育休をとる、という方法もありますが、パパ・ママ育休プラスは他にも様々なパターンで利用できます。ここからはパパ・ママ育休プラス制度利用の具体例を紹介します。

両親の育休時期を重ねて取得する

パパ・ママ育休プラス制度 育児休業 インフォグラフィック

ママが産後休業のあと、そのまま育児休業に入り、それにパパの育児休業をかぶせて取得することができます。1歳の誕生日前日まではママとパパが二人とも育児休業を取得して、先にママが休業期間を終了し、その後は1歳2ヶ月までパパのみが育休を取ります(※1)。

両親の育休を間を空けて取得する

パパ・ママ育休プラス制度 育児休業 インフォグラフィック

ママが産休・育休を早めに切り上げ、ある期間は祖父母に預けるなどして、その期間の後、パパが育児休業を取得することができます。ママとパパの育休の期間は必ずしも連続していなくても問題ありません(※1)。

複数回、育休を取得する

パパ・ママ育休プラス制度 育児休業 インフォグラフィック

ママが産後休業中にパパが育休を取得します。ママは産後休業が明けると同時に復職し、期間を空けて育休を取得します。その後、パパが2回目の育休を取得します(※2)。

パパ・ママ育休プラスが利用できない条件

赤ちゃん 日本人 泣く

パパ・ママ育休プラスは、条件によって利用できないことがあります。下記のようにならないよう、ママとパパの間で育休を取るスケジュールを考えておきましょう。

配偶者の育休開始日が誕生日の翌日以降の場合

パパ・ママ育休プラス制度 育児休業 インフォグラフィック

育児休業が取得できるのは、子供の1歳の誕生日前日までとされているため、パパ・ママ育休プラスを利用する場合、子供の1歳の誕生日以前に育休に入っている必要があります(※2)。

配偶者のほうが育休開始日が遅い場合

パパ・ママ育休プラス制度 育児休業 インフォグラフィック

ママが先に育休を開始していて後からパパが取得した場合、パパは子供が1歳2ヶ月になるまで育休を取得できますが、ママは対象外となり、1歳の誕生日前日までしか取得できません(※2)。

パパ・ママ育休プラス取得は配偶者が専業主婦(夫)でもOK?

家族 赤ちゃん 新生児 日本人

以前の法律では配偶者が専業主婦(夫)の場合、常に育児を行えるとの理由から育児休業を取ることは認められていませんでした。しかし、平成21年の育児・介護休業法改正により、配偶者が専業主婦(夫)でも育児休暇の取得が可能になっています(※3)。

しかし、パパ・ママ育休プラスの制度は、パパとママがともに育児休業を取得できることが前提条件になっているため、夫婦のどちらかが就業していない場合は取得できません。

パパ・ママ育休プラスでも育児休業給付金はもらえる?

お金 計算機 お札 

育休中の育児休業給付金は助かる制度ですよね。ただし受給を受けるには条件があり、もらえる金額も決まっているので、事前に確認してから育休期間を検討しましょう。

パパ・ママ育休プラスで育児休業給付金がもらえる条件

パパ・ママ育休プラス制度を利用するとき、次の全ての条件をクリアしていれば、子供が1歳2ヶ月になる前日までの間で最大1年間分、育児休業給付金が支給されます(※4)。

● 育児休業開始日が、子供の1歳の誕生日の翌日以前である
● 育児休業開始日が、配偶者が取得している育児休業期間の初日以降である
● 配偶者が、子供の1歳の誕生日以前に育児休業を取得している

パパ・ママ育休プラスの育児休業給付金の金額

パパ・ママ育休プラスの制度を利用する場合と普通に育児休業を取る場合で、育児休業給付金の計算方法は変わりません(※4)。

● 育休前の日給 × 日数 × 67%(6ヶ月以降は50%)
※ただし、育休期間中に企業から給与が出るときは、割合に応じて支給額も変わります。

パパ・ママ育休プラスの期間に保育園が決まらない場合は?

保育園 日本人

パパ・ママ育休プラスでは1歳2ヶ月までの育休を認めていますが、理由があるときには1歳6ヶ月まで育休を延長することができます。更に1歳6ヶ月に達しても保育園などに入園できない場合、再度手続きを行えば、最長で子供が2歳になるまで延長することも可能です(※5)。

同時に育児休業給付金の期間も延長されるので、保育園がどうしても決まらなかったときには、休業中の会社に確認してみましょう。

パパが育児休暇を上手に利用するには?

沐浴 男性 赤ちゃん 日本人

パパ・ママ育休プラスという制度があるものの、2017年の厚生労働省の調査ではパパの育休取得率は3.16%にとどまっており、まだまだ高いとはいえません(※6)。ママもできれば取得してほしいと思っていながらも、パパの気持ちもわかってうまく夫婦で話せないこともありますよね。

育休を取得したパパのなかには、単に育児に参加できるというだけでなく、次のようなメリットを感じた人もいるようです。

● 男性の育児休業は子育てを充実させるだけでなく、女性の職場復帰の助けになる
● 育児に積極的に取り組むことにより、仕事への意欲が湧いた、会社の連携力が高まった、仕事の効率が上がったなどの会社へのメリットもある

まずは妊娠が判明したら、夫婦で赤ちゃんの育児をどうしていくか話し合ってみましょう。その後は、会社の上司とも相談して、周囲の理解を得られるように妊娠を伝えていくことが大切ですよ。

パパ・ママ育休プラスで家族の絆を深めよう

赤ちゃん 家族 日本人

ママとパパで一緒に育児休業をとって子育てをするなんて、とても素敵な制度ですよね。赤ちゃんとの絆だけでなく夫婦の絆も深まることもあるでしょう。

ママだけでなくパパも、思い切ってこの制度を利用してみてはどうでしょうか。不安なことや疑問点があれば、各自治体の役所などで相談してみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう