赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れていい?いつから?

生後しばらくすると、赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすくなります。お風呂あがりに保湿剤を塗ってケアすることもできますが、入浴中なら肌が柔らかく保湿しやすくなるので、入浴剤を使うのがおすすめです。しかし、「赤ちゃんに入浴剤を使ってもいいの?」と、迷うママは多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんに入浴剤はいつから使えるのか、おすすめの商品も含めてご紹介します。

赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れてもいいの?

赤ちゃん1歳 ベビーバス お風呂 泡 しゃぼん玉

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいので、肌の保湿や保護のために入浴剤を使うのがおすすめです。

赤ちゃんに入浴剤を使うメリットは、お風呂のお湯(水道水)に含まれる塩素によって、肌に必要な脂分・ミネラルが奪われるのを防いだり、お湯の熱さがダイレクトに伝わらないよう肌を保護したりしてくれることだとされています。

赤ちゃんの乾燥肌や乳児湿疹、アトピーを予防するものなど、肌や月齢に合わせて選べる入浴剤が多数市販されていますよ。

赤ちゃんに入浴剤を使えるのはいつから?

カレンダー スケジュール

赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れ始めるのは、生後3~4ヶ月頃を目安にしましょう。それ以前は、乳児脂漏性湿疹が出やすかったり、肌の機能が安定していなかったりするので、入浴剤が刺激になって肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

生後3~4ヶ月頃は、赤ちゃんの肌機能が安定しはじめ、新生児期から多かった皮脂量が急激に減ることで肌が乾燥しやすい時期だとされています。特に冬場は乾いた空気、夏場は冷房や汗の刺激を受けやいので、入浴剤を使って保湿対策をしてあげましょう。

なかには新生児期からでも使える入浴剤もありますが、使用時期によって効果・効能が変わってきます。購入時は対象年齢をチェックして、月齢や肌の状態に合ったものを選びましょう。

赤ちゃんの入浴剤は何を重視して選ぶべき?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

赤ちゃんに使う入浴剤を選ぶときは、香りが少なく、赤ちゃんの肌質や使い心地が良いものを重視して選びましょう。入浴剤自体が刺激にならないよう、余計な成分が入っていないことも重要です。「赤ちゃんでも使える」と記載されているものや、オーガニック系がおすすめですよ。

ただし、赤ちゃん用でも、対象年齢は様々。メーカーによっても異なるので、あらかじめ入浴剤のパッケージやメーカーサイトなどを確認してから使用しましょう。

また、開封してから何年も経過した古い入浴剤も避けてください。入浴剤の使用期限について必ずしも表示義務があるわけではありませんが、成分によっては経年劣化する可能性があります。

不安な場合は、かかりつけの医師に相談するか、メーカーに電話やメールで問い合わせてみてください。

赤ちゃんの入浴剤で肌の保湿や乾燥におすすめの商品は?

ここでは、赤ちゃんの肌の保湿や保護を目的としたおすすめの入浴剤をご紹介します。成分や特徴、対象年齢をしっかりチェックして、赤ちゃんに合ったものを選んでくださいね。

ヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルク (浴用化粧料)

要出典 赤ちゃん入浴剤 ヴェレダカレンドラベビーバスミルク
出典: www.weleda.jp

助産師と共同開発されたヴェレダの「ベビーバスミルク」。天然成分が赤ちゃんのお肌をケアしてくれます。優しいハーブの香りでママもリラックスできますよ。

税込価格
2,376円

アトピタ 薬用入浴剤 ボトルタイプ

アトピタ 入浴剤
出典: www.tampei.co.jp

天然成分のヨモギエキスの働きで乾燥肌に潤いを与えてくれる「アトピタ」。無香料、天然色素使用、防腐剤無添加で、特に肌が弱い赤ちゃんにも使いやすいのがポイントです。

税込価格
982円

キュレル 入浴剤 本体 420ml

要出典 赤ちゃん入浴剤 キュレル 入浴剤 出典: www.kao.com

赤ちゃんはもちろん、乾燥肌のママやパパにもおすすめの「キュレル」。入浴効果を高め、荒れ性や湿疹のある肌にも効果的なようです。お風呂あがりの乾燥も防いでくれますよ。

税込価格
1,080円

赤ちゃんに入浴剤を使うときの注意点は?

NG NO ダメ 禁止 注意

赤ちゃんに入浴剤を使うときは、前述の通り成分に注意するほか、入るときの状態にも気を配ってあげましょう。

以下に、成分や湯船に浸かるときの注意点などを挙げたので、参考にしてみてください。

浴室で滑らないように注意する

入浴剤を使うことで、湯船の中や洗い場が滑りやすくなるものもあります。お湯が濁るタイプは足元が見えなくなるので、立ち上がるときは赤ちゃんと体を密着させながら片手で支え、もう片方の手は壁や湯船のふちにつかまるようにしましょう。

すでに皮膚疾患がある場合は医師に相談する

アトピー性皮膚炎や湿疹などの皮膚疾患がすでにある赤ちゃんは、まずはかかりつけの皮膚科で入浴剤について相談してみるといいですね。

入浴剤の成分が原因で発症するケースもあるので、症状が出た場合はいったん入浴剤の使用をストップしましょう。症状がひどい場合や入浴剤の使用をやめても変わらない場合は、病院を受診してください。

入浴剤入りのお湯を誤飲しないよう注意する

もし入浴剤入りのお湯を赤ちゃんが飲んでしまったら、キレイな水かお湯で軽く口元をすすいであげ、体調に異変が現れないか様子を見ましょう。

何らかの症状が現れた場合や、大量に飲んでしまった場合、入浴剤自体を誤飲してしまったときなどは、すぐに病院で診てもらってください。

大人用の入浴剤は成分に注意する

大人が使うような香料が強いものは、肌の刺激になったり、赤ちゃんの気分が悪くなったりすることもあります。

また、発汗作用が高いものや清涼感のあるメントール入りの入浴剤などは、赤ちゃんにとって刺激が強すぎることもあります。炭酸ガス入りのものは、保温作用が高くのぼせやすいです。

これらの入浴剤は、使わないようにしましょう。

最初は入れる量を少なめにする

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、どんな入浴剤でも最初は入れる量を少なめにして、徐々に慣らしていきましょう。

赤ちゃんの入浴剤を使って家族みんなで保湿対策をしよう

お風呂 赤ちゃん ママ

赤ちゃんの肌にやさしい入浴剤は、ママやパパの肌にとっても良いものです。赤ちゃんと一緒に楽しいバスタイムを過ごすためにも、赤ちゃんにあった入浴剤を選び、家族みんなで保湿対策ができると良いですね。

赤ちゃんの入浴剤は、特にいつまでに止めなければいけないと決まっていません。成長してからも使い続けると肌のコンディションが高まるのでおすすめですよ。湯船で立ち上がるときは、大人と同様滑って転ばないよう気をつけてあげてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう