バンボはいつからいつまで?価格は?お風呂でも使える?

赤ちゃんがハイハイ期に入って活発に動き回るようになると、成長が嬉しい反面、何か危険なことをしてしまうのではないかと心配で目が離せなくなってしまいますよね。家事が手につかないなんてことも珍しくありません。そんなときに、一時的に赤ちゃんを座らせておくことができると人気なのが「バンボ」。今回は、バンボがいつからいつまで使えるのか、価格や、使い方、お風呂でも使えるのかなどをまとめました。

バンボとは?

要出典 バンボ 株式会社T-REX 出典: www.trexbaby.com

バンボは、南アフリカ共和国のメーカー「バンボ社」が作る赤ちゃん用の椅子で、正式名称は「バンボベビーソファ」といいます。

「ハイハイで動き回ってしまう赤ちゃんを、一時的に座らせておくことはできないか」という悩みから開発されたもので、適度な弾力と柔らかさで、腰がすわっていない赤ちゃんでもやさしく支えてくれると、ママたちの人気を集め続けています。

長時間、赤ちゃんの動きを制限するものではなく、家事や赤ちゃんの食事などの間に、短時間で使われることが多いようです。ポリウレタンフォームを使用しているため、水を弾くという特徴があり、汚れや水分がすぐに拭き取れるのも便利ですよね。

バンボはいつからいつまで?何ヶ月から使えるの?

カレンダー スケジュール

バンボが使えるのは、首がすわった生後3~4ヶ月頃から。バンボの公式サイトによると生後14ヶ月頃(1歳2ヶ月頃)まで使えるとしていますが、実際はもう少し早めに卒業するケースがほとんど。

多くの場合、赤ちゃんの腰がすわると1人で抜け出せるようになったり、抜け出したくて動いてしまったりすることで、卒業が早くなるといいます。抜け出せないように専用の腰ベルトがついていますが、嫌がるようになると使わなくなることが多いようです。

バンボの使い方は?どんなシーンで使う?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

バンボに座らせると赤ちゃんがじっとしてくれるので、いろいろな場面で使えます。遊び場や食事など、様々な場面で便利に活用してください。

遊び場

動き回ると危ない場所ではバンボに座りながら一人遊びができます。また、室外ではバンボに座らせればハイハイ期の赤ちゃんでも一人で座っていられますよ。

食事

手づかみ食べができるくらいであれば一人で座って食事することもできます。別売りのプレイトレイやシートカバーがあると、離乳食のときに食事をおいておくことができたり、こぼしても洗ったりできるので、清潔に保つことができるのが嬉しいですよね。

バンボはお風呂でも使っていいの?

赤ちゃん お風呂 バスチェア

バンボは、メーカーの公式発表では浴室での使用を禁止しています。水に濡れても大丈夫ということもあり、「お風呂場で使用しても良いの?」と調べるママも多いですが、危険を伴う行為であることを認識することが大切ですよ。

ママが体を洗う際に1人で待っていてもらえるのは便利かもしれませんが、危険であることはもちろん、濡れたままにしておくとバンボにカビが発生する原因にもなります。水に濡れてしまった場合にはきちんと水分をふき取り、乾かすようにしましょう。

もしお風呂場で赤ちゃんを座らせたいときは、専用のベビーバスチェアを使用したほうが安全ですし、お風呂用に乾きやすいなど便利な機能や作りになっているのでおすすめです。

バンボの価格は?口コミからわかるメリット・デメリットは?

要出典 バンボ ベビーソファ 出典: www.coming-shop.co.jp

バンボのメーカー希望小売価格は、販売代理店の公式サイトでは、専用ベルトとカバーつきで7,560円(税込)。赤ちゃん用品を販売している小売店などでも購入できますが、インターネット通販では販売代理店を通さない並行輸入品なども売られています。並行輸入品は正規品に比べて低価格というメリットがありますが、メーカー保障がついていないこともあるので注意が必要です。

● 税込価格:6,980円~
● 重量:2kg
● 本体サイズ:幅37.5cm×奥行37.5cm×高さ24cm
● カラー:イエロー/アクア/グリーン/ピンク/ブルー/ミント/ライラック/レッド

バンボを使ったママたちの口コミによるメリット・デメリット

メリットとしては、「離乳食時はバンボに座らせておけば、膝にのせるよりも食べさせやすく、赤ちゃんの表情がみえていい」「3~4ヶ月の頃から、10分くらいは1人で座っていてくれて助かった」など楽になるだけでなく、赤ちゃんの顔がみられるというのもあるようです。

デメリットとしては、「太ももが太いせいで、はまると抜けにくかった」「子供が反り返ると、バンボごと後ろにひっくり返りそうになった」などがあります。赤ちゃんが1人でじっとしていても、完全に目を離してしまうのはおすすめしません。どんな育児グッズを使っていても、赤ちゃん1人を放っておくと何が起きるかわからないので、目の届く範囲で使用しましょう。

バンボには、ベルトやテーブルなどアクセサリーはある?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

バンボは、基本的に腰ベルトは付属品としてついていることがほとんどですが、種類によっては後からつけるものもあるので、購入時によくチェックしましょう。以下に、特におすすめのアクセサリーをご紹介します。

プレイトレイ

要出典 バンボ プレイトレイ 出典: www.coming-shop.co.jp

バンボにセットできるテーブルです。外れないようにしっかりと取りつけられるので、赤ちゃんが動いてもすぐに外れてしまうことはありません。トレイにお気に入りのおもちゃや絵本を置いたり、離乳食の手掴み食べをするときにお皿をおいたりすることができますよ。

●税込価格:1,942円〜

ベビーシートカバー

要出典 バンボ ベビーシートカバー 出典: www.coming-shop.co.jp

バンボにすっぽりかぶせられるカラフルなカバーです。夏のベタつきや冬場の冷え対策にもおすすめ。ファスナーで着脱でき、洗濯も可能なので、バンボをいつでも清潔に保てますよ。座面には滑り止めもついているので安心。

●税込価格:1,964円~
● カラー:イエローハート/ピンクハート/ブルースター

赤ちゃん用の椅子にバンボを活用しよう

ママ 赤ちゃん 離乳食 食事

バンボベビーソファは、「赤ちゃんをハイチェアなどに座らせると、動いて倒れてしまうのが不安」というママからも人気。ハイハイ期で動きやすい赤ちゃんの安全を守りながら、ママの家事を一時的にサポートしてくれるのが嬉しいポイントですよね。赤ちゃんも、いつもと少し景色が変わることで、ご機嫌なることもありますよ。使い方を守って、正しく安全にバンボを活用してくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう