お食い初め(百日祝い)とは?やり方や献立、いつやるか計算方法は?

赤ちゃんが生まれて2ヶ月を過ぎると「そろそろお食い初めの準備をしなければ」と思いますよね。ただ、初めてだと準備するものや風習などはよくわからないもので、何から始めればいいのか迷ってしまいます。そこで今回は、お食い初めのやり方や準備するものをまとめました。

お食い初め(百日祝い)とは?

お食い初め1

お食い初めとは、生後100日頃に行う日本の伝統的なお祝い事の一つで、「一生食べ物に困らずに生活できますように」という願いが込められています。

起源や由来ははっきりとわかっていませんが、平安時代から行われており、室町時代にお食い初めが行われた記録も残っています。元々は生後50日にお餅を食べさせていましたが、江戸時代になってから現在の形になりました。

お食い初めの別名は?百日祝いも同じ意味?

キャンドル お食い初め 100

お食い初めは「食べはじめ」「箸はじめ」と呼ばれるほか、はじめて魚を食べさせることから「真魚(まな)はじめ」、生後100日頃は乳歯が生え始めることから「歯固め」、100日に行われることから「百日の祝い(ももかのいわい)」「百日祝い(ももかいわい)」など様々な呼び方があります。

お食い初め(百日祝い)をする時期はいつ?数え方・計算方法は?

チェック カレンダー 予定

お食い初めは生後100日頃に行うことが多いのですが、生後100日に限らず110日目、120日目、もしくはさらにその後と地域によって行う時期も異なります。お食い初めの準備を始める前に、決まりごとや注意点、やり方を事前に祖父母に確認しておくと安心です。

以下に、誕生日から100日後を計算する機能をつけたので、日程検討の参考にしてくださいね。お祝い事なので、ぴったり100日目ではなくても、祖父母や家族の予定が合う日を選ぶ人が多いようです。

お食い初めの日付を計算しよう!

お子様のお誕生日を入力してください。

なお、医療的には赤ちゃんが生まれた日を「生後0日」として数えますが、お祝い事では赤ちゃんが生まれた日を「生後1日」として数えます。上の計算式は、生まれた日を「生後1日」として計算しているため、医療的な日数でいうと「生後99日」にあたるので、ご注意ください。

お食い初め(百日祝い)で準備するものは?

石

「一生食べ物に困らずに生活できますように」というところから、食べ物と食器、歯固めの石を用意します。歯固めの石は子供用の食器に乗る程度の小石を用意することが多いようです。神社の境内の石を使ったり、河原で拾ったり、最近ではネット通販でも販売されています。

パパ・ママの祖父母に持ち寄ってもらい、自分たちの石を合わせて3個用意する、という家庭もあるようですよ。もちろん、小石はキレイに洗っておきましょう。

お食い初め(百日祝い)の献立は?食べ物の意味

鯛 姿焼き 尾頭付

お食い初めのメニューは、和食の基本である一汁三菜をベースとした「祝い膳(いわいぜん)」を用意します。この献立には地域差があるので、その地域ならではのものがあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

「めでたい」の語呂合わせでお祝い事によく用いられる鯛を尾頭つきで用意するのが一般的です。また、人の先頭に立てるようにという意味を込めて「金頭(ほうぼう)」の場合もあります。赤ちゃんの口につけるのでしっかりと火を通しておきましょう。

飯椀

おめでたい行事なので「赤飯」の場合が多いですが、季節の食材を混ぜたご飯や白米でもかまいません。

焚きのもの

煮物はおめでたい意味で昆布や、たけのこなどの旬を感じるものを準備するといいですよ。また、お祝い事なので、紅白をにんじんと大根で演出すると縁起が良いですね。

お吸い物

「母乳をよく吸うことができるように」という意味が込められています。季節の食材を入れるようにしましょう。

香の物

香の物として、丈夫な歯が生えるようにという願いを込めて「歯固めの石」を添えます。地域によってはかわりにタコや栗を添えるところもあります。また、しわができるまで長寿でいられるようにと「梅干し」を添えることもあるようです。

お食い初め(百日祝い)の食器はどんなものを用意したらいい?

食事 食べ物 クエスチョン 疑問 謎 メニュー

お食い初めに使用する食器は、正式には高足の御前に乗せた漆器を、母方の実家から贈るのが習わしとされています。

男の子は金か黒漆で男紋を入れ、外内両方ともに赤い漆器、女の子は銀の女紋を入れ、外が黒で中が赤い漆器を用いてお食い初めを行います。また、箸は柳で作られた「祝い箸」と呼ばれる、両端が細くなっているものを使います。

ただ、最近はしきたりにとらわれず、「出産祝いにプレゼントしてもらった食器を使った」という人や「普段使いするベビー食器を購入して使った」という人も多いですよ。また、海外の風習にならって銀のスプーンを用意する人もいるようです。

お食い初め(百日祝い)のやり方は?本当に食べるの?

赤ちゃん6か月 睡眠 

お食い初めといっても、まだ生後100日頃だと離乳食も始まっておらず、固形物を食べることはできません。それぞれの食事を大人が箸で掴んで、赤ちゃんの口元に持っていき、「食べさせるふり」をするだけで十分です。

また、お食い初めで食べさせるのは、お祝いに来ている大人の中でも最年長となる人です。最年長の人が食べさせることで、「長寿になりますように」という願いを込めます。

男の子の場合は男性、女の子の場合は女性が食べさせる役をするのが習わしとなっています。

お食い初め(百日祝い)に食べる順番はあるの?

数字 1・2・3 ステップ

食事は「ご飯→汁→ご飯→魚→ご飯→汁」を1サイクルとし、1口ずつ食べ物を食べさせるふりをして、それを3サイクル行います。その後「歯固めの儀」を行います。

歯固めの儀では用意した小石に箸を軽くあて、その箸を赤ちゃんの歯ぐきや唇にちょんちょんとあててあげましょう。誤飲の危険性があるので、小石を口の中に直接入れないようにしてくださいね。

お食い初め(百日祝い)で赤ちゃんの長寿と健康を祝おう

赤ちゃん ママ 日本人

お食い初めは地域によって独特の風習もあり、子育てをしながら準備するのは大変なことですよね。最近では、食器付きで食事を宅配してくれるお店や、お食い初めの用意をしてくれるレストラン・旅館もあるので、選択肢の一つとして検討するのもおすすめです。

どちらにせよ、赤ちゃんが一生食べ物に困らず、長生きできるようにという願いをしっかりと込められるように、余裕をもって準備を進めていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう