赤ちゃんのお祝い行事カレンダー!産まれてからのお祝い事一覧

赤ちゃんが生まれ、すくすくと健やかに成長する姿を見るのは、とても喜ばしいことですよね。生まれてから1歳を迎えるまでの間には、成長をお祝するための行事がたくさんあります。でも、いつ何をすればいいのかわからないというママも多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんが生まれてから1歳を迎えるまでに行われるお祝い行事についてまとめました。

赤ちゃんのお祝い行事とは?

神社 鳥居 お参り 参拝

七五三や成人式といったように、日本には年齢の節目ごとに、お祝いをする行事がありますよね。赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでの1年間にもたくさんの行事があり、代表的なものは、「お七夜」「お宮参り」「お食い初め」「初節句」「初誕生」です。

「そんなにたくさんの行事があるの?」とびっくりするママもいるかと思いますが、それぞれに大きな意味があります。赤ちゃんの成長の記念になるので、ぜひ家族でお祝いをしてあげましょう。

妊娠中のお祝い行事は?

妊娠中に安産祈願のお参りに行ったママも多いのではないでしょうか。妊娠5ヶ月目の戌の日に行う安産祈願では、「帯祝い」をし、多産でお産が軽い犬にあやかり、お腹の赤ちゃんの健やかな成長と安産を祈願します。

妊娠5ヶ月目は体調が安定して流産のリスクが下がることから、周囲に妊娠を報告するという意味もあるそうです。

赤ちゃんのお祝い行事にはどんなものがあるの?

赤ちゃん ママ マッサージ

それでは、赤ちゃんのお祝い事の具体的な内容や、行う時期について、確認していきましょう。

お七夜(命名式):生後7日目のお祝い

赤ちゃんが生まれてから7日目に、赤ちゃんの名前を親族へお披露目し、無病息災を祈願するお祝いです。正式には、名付け親が赤ちゃんの名前を書いた奉書紙に、鯛や鯉などを添えて送ります。

しかし、現在では赤ちゃんの名前を書いた半紙を部屋に貼って、両家の家族や親族を招いて食事をすることが多いようです。専用の命名紙は、ベビーグッズ専門店で購入できるので、お好みのデザインを選んでくださいね。

お宮参り:生後1ヶ月目のお祝い

生後1ヶ月頃に地元の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、無病息災を祈願するお祝いです。男の子は生後31日目、女の子は生後32日目が一般的ですが、地域によって異なります。現在では細かい日数にはこだわらず、ママの体調や親族の都合、天候のよい日を考慮して行われる場合がほとんどです。

参拝時は、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするのが正式ですが、母方のおばあちゃんやパパが抱っこしても大丈夫です。本来、ママは体を休めるためにお宮参りには参加しませんでしたが、近年はほとんどのママが一緒に参拝しています。

お食い初め:生後100日目のお祝い

生後100日目に、一生食べ物に困らないようにと祈願するお祝いです。正式には、白木の三方(さんぼう)、土器の椀皿、柳の白木箸を使用してお膳を盛り付けますが、ない場合は、一般的なベビー食器でも構いません。

お膳のメニューは、地域によって違いがありますが、尾頭付きの鯛、握り飯、鯛もしくは鯉の汁、煮物、香の物、紅白餅などが一般的です。歯が丈夫になることを願って氏神の神社で拾った石を、「歯固めの石」として添えればできあがりです。

初節句:生後初めての節句のお祝い

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句では、子供の健やかな成長を祈願します。女の子は3月3日、男の子は5月5日です。ただし、生後1ヶ月で節句を迎えるような場合は、準備が大変なので翌年にまわすことも多いようです。

3月3日の桃の節句には雛人形を飾り、両家の親族を招いて、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、白酒などのお祝い膳を囲みます。5月5日の端午の節句も同様に、鯉のぼりや武者人形を飾り、チマキや柏餅を食べてお祝いします。

最近では、決められたメニューではなく、子供の好きなものを出す家庭が増えてきていますよ。

初誕生:生後1年目のお祝い

満1歳の誕生日のお祝いです。昔は栄養事情や生活環境が悪く、1歳を無事に迎えることさえ難しい時代だったため、無事に1歳を迎えられたことを盛大にお祝いする風習が生まれました。

1歳になると食べられるものも増えてくるので、赤ちゃんの好きなメニューを用意してお祝いしてあげましょう。

また、多くの地域で赤ちゃんに約1.8kgの「一升餅」を背負わせて歩かせる風習があります。まだうまく歩けない赤ちゃんにわざと重いものを背負わせることで、「一生背負いきれないほどの食べ物に恵まれる」という願いを込めます。

最近では、普通サイズのお餅を一升分リュックに詰めたセットも市販されていますよ。

赤ちゃんの誕生から1歳までの行事カレンダー

本 カレンダー スケジュール

1歳までのお祝い行事は、赤ちゃんが生まれた日からの日数にもとづいたものが多いので、時期を間違えないようにしましょう。以下のお祝い行事カレンダーを参考に、数え間違えのないように日程を組んでくださいね。参考日は、赤ちゃんが1月1日に生まれたと仮定して計算しています。

行事名 お祝い日 参考日
お七夜 生後7日目 1月7日
お宮参り 生後1ヶ月目 2月1日
お食い初め 生後100日目 4月10日
初節句
(女の子)
生後最初の
3月3日
3月3日
初節句
(男の子)
生後最初の
5月5日
5月5日
初誕生 生後1年目 翌1月1日

赤ちゃんのお祝い事をするときのポイントは?

日記 メモ 女性 アルバム ノート 考える 思い出

赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでは、おむつ替えに授乳に毎日が慌ただしい時期。ゆっくりお祝い行事の準備をしたくても、なかなか思うように時間がとれないものですよね。パパとも協力し合いながら、時間に余裕を持って、計画的に準備を行いましょう。

まずは、日程、行う場所、招待する人を決めます。神社で参拝や祈祷をする場合は、日程が決まったら早めに予約をし、祖父母や親戚にも連絡をしましょう。

行事によっては、赤ちゃんに着せる服や食べ物を用意する必要があります。祖父母側で代々受け継がれてきたものを用意してくれることもあるので、確認しておくようにしましょう。

また、地域によって風習に違いがあるので、パパとママそれぞれの両親の意見も聞きながら、進めていくといいですね。

せっかくのお祝い事なので盛大にしたいところですが、あまりにも準備に力を入れすぎてしまうと、お祝い当日にママが疲れ切ってしまうことも。赤ちゃんの成長を心から喜び、愛情を込めてお祝いしてあげましょう。

赤ちゃんの行事は家族で楽しくお祝いしよう

赤ちゃん 夫婦

赤ちゃんの健やかな成長をお祝いする行事は、日本ならではの伝統的な風習です。ひとつひとつに意味があるので、早めに準備をして、家族で楽しくお祝いをしましょう。

最近では、生後6ヶ月に行う「ハーフバースデー」のイベントも人気がありますよ。

お祝い行事は準備が大変なこともありますが、赤ちゃんの成長を記録するいい節目です。家族みんなの素敵な思い出になるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう