【果物のペースト】離乳食初期から活躍するペーストの作り方一覧

野菜のペーストと同じく、離乳食初期の赤ちゃんが食べられる果物のペースト。ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂れるうえに、甘さ、酸っぱさやみずみずしさなど、赤ちゃんがおいしさを存分に楽しめますよ。

そこで今回は、離乳食初期から食べられる「果物のペースト」の作り方をまとめて紹介します。

果物のペーストを与えるときの注意点

食材 飲食 果物 たくさん 食材 フルーツ

消費者庁は、食物アレルギーを起こす食品のうち、発症数や重篤度の高い食品を「特定原材料」として加工品への表示を義務付けています。そして、「特定原材料」と比べる発症数等が少ない食品を「特定原材料に準ずるもの」とし、加工食品への表示を推奨しています。

この消費者庁が定める「特定原材料に準ずるもの」21品目に、初期から食べられるバナナ、もも、りんご、オレンジ、キウイフルーツは含まれ、アレルギー症状が出る可能性があるため、与えるときには注意しましょう。

赤ちゃんに初めて果物を食べさせるときには必ずひとさじからはじめ、顔や口のまわりが赤くなる、体調を崩すといった症状が出ていないか様子を見守ってください。

離乳食初期に活躍する
果物のペーストの作り方

果物のペーストは、すりつぶしたりこしたりして、お湯を混ぜて作る方法や、水分が多いものはすりおろすなどして作ります。

以下のレシピは、赤ちゃんが食べることに慣れてきた頃の1食分の量や作りやすい量を記載しています。はじめて食べさせる場合は少量ずつ与えましょう。

バナナペースト

バナナペースト

材料

バナナ
5g
湯冷まし
5g
  1. 1バナナを輪切りにしてフォークの背などでつぶす。またはすり鉢ですりつぶす。
  2. 21を耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで20秒ほど加熱し、湯冷ましでのばす。

バナナは加熱することでアレルギー症状が軽減されるので、最初のうちは加熱して少量から与えましょう。

すりおろしりんご

すりおろしりんご

材料

りんご
1/8個
  1. 1りんごの皮をむいて種を取り除き、すりおろす。
  2. 21を耐熱皿に入れ、電子レンジで30秒ほど加熱する。

いちごペースト

いちごペースト

材料

いちご
1個
  1. 1いちごのヘタを切り取り、細かく刻む。
  2. 21をつぶして裏ごしするか、ブレンダーやミキサーでかくはんする。

最初のうちは、電子レンジで加熱してあげましょう。酸味を抑えて甘みが増しますよ。味が濃い場合は、お湯を少し加えてください。

みかんジュース

みかんジュース

材料

みかん
適量(果汁20ml)(※1)
お湯
みかん果汁と同量
  1. 1みかんの皮と薄皮をむき、すり鉢ですりつぶす。
  2. 21の果汁をこし器でこし、同量のお湯を加える。
  • 1みかんによって果汁の量が異なります。20mlになるように、みかんの量を調節してください。

みかんの酸味が少しやわらいだり、アレルギー反応を出にくくしたりするため、加熱してもOKです。

梨ジュース

梨ジュース

材料

10g
お湯
適量
  1. 1梨は皮をむいて芯と種を取り除く。
  2. 21をすりおろし、茶こしなどでこす。
  3. 32に同量くらいのお湯を加えてよく混ぜ、電子レンジで20〜30秒加熱する。

初めて梨を食べるときは、加熱調理しましょう。

桃ペースト

桃ペースト

材料(7食分)

150g (1個分)
  1. 1桃の皮をむき、1cmほどの角切りにする。
  2. 21を耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで2分ほど加熱する。
  3. 32をすりつぶして裏ごしする。

自然な甘みに夏らしさを感じる、桃ペースト。完熟した桃で作るのがコツです。

スイカペースト

スイカペースト

材料

スイカ
20g
  1. 1スイカの種を取り除き、すりつぶす。
  2. 21を裏ごし器でこす。
  3. 32を耐熱容器に入れ、ラップをして、電子レンジで1分程度加熱する。

加熱したあとに冷ましてから、少しずつ食べさせてあげましょう。

果物のペーストは冷凍保存しておくと便利

バナナ 離乳食 冷凍 保存

ペーストをまとめて作ってから製氷皿に小分けし、冷凍保存しておけば、都度作らなくてもいいのでラクですよ。また、傷みやすい果物や色の変りやすい果物は、冷凍することでフレッシュなまま保存することができます。

バナナについては、皮をむいてまるごとラップに包み、必要なときにすりおろす方法がおすすめです。常温より扱いやすく、なめらかな食感になりますよ。ほかの果物については、上記で紹介した方法で作ったあと、冷凍してくださいね。

ただし、スイカは水分量が多いため、冷凍保存には適していません。冷凍保存すると、本来のスイカのおいしさが損なわれてしまうため、都度ペーストを作りましょう。

果物のペーストで離乳食をアレンジ♡

甘くてみずみずしい果物を使ったペーストは、赤ちゃんの離乳食タイムを楽しくしてくれる一品。ペーストそのものもおいしいですが、ヨーグルトやパンがゆに加えたり、サラダやデザートに加えられたりと、アレンジしやすいのも特長です。おいしそうな果物を選んで、ペーストを作ってみてくださいね。

● 赤ちゃんが食物アレルギーの診断を受けている、または疑いのある場合は必ず医師と相談のうえ進めてください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう