体外受精のリスクは?流産しやすい?ダウン症や障害の可能性は?

体外受精を検討するときには、「自分の体や赤ちゃんにリスクはないのかな?」という心配があるかもしれません。体外受精は自然妊娠と違い、採卵や移植といった人工的なサポートが行われるため、リスクが全くないとは言えません。ただ、自然妊娠でも流産や障害の可能性はあるため、体外受精独自のリスクにはどういったものがあるか、事前に知っておきたいですね。

そこで今回は、妊娠・出産を目指す中で起こる可能性のある、体外受精のリスクについてご紹介します。

体外受精のリスクは?流産やダウン症の確率が高いの?

女性 悩む 疑問 不安 気になる 気がかり ベッド 

体外受精のリスクで多くの人が不安に感じるのは、「流産しやすいのか?」「生まれてくる赤ちゃんに障害が出やすいのか?」ということではないでしょうか。これについて言えば、体外受精が直接的な原因となり、「流産率が上がる」「ダウン症など染色体異常のリスクが高まる」という明確な医学的報告はありません。

ただし、高齢出産の場合、自然妊娠も体外受精も同じように、胎児の流産率や染色体異常が発生する確率が上がることが報告されています(※1)。一般的に体外受精は、タイミング法や人工授精で妊娠せず、ステップアップしたあとの不妊治療法として行われることが多く、高齢出産になる傾向にあります。そのため、体外受精で妊娠すると流産しやすい、もしくは障害を持った子供が生まれやすい、というイメージを持つ人が多いようです。

体外受精のリスクにはどのようなものがあるの?

クエスチョン 矢印 方向 疑問 はてな

体外受精では、成長した卵胞を採取する必要があるため、排卵を促すための薬剤(排卵誘発剤)を使用します。この人工的な薬による副作用や胚移植を行う際の影響で、自然妊娠と比べると様々なリスクが生じる可能性があります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とは、不妊治療における排卵誘発法によって起こるリスクがある病気です。排卵誘発剤によって過剰に刺激を受けると、卵巣が腫れ上がり、重症化すると腹水や胸水が溜まります。自覚症状には、お腹の張りや腹痛、体重増加、吐き気などが見られます(※2)。

特に「ゴナドトロピン療法(hMG-hCG療法)」によって排卵誘発を行った場合、20~30%の割合で卵巣過剰刺激症候群が発症するとされています(※3)。hMG製剤やFSH製剤といった排卵誘発剤の投与中に卵胞が過剰に発育した場合には、排卵誘発剤の投与を中止して重症化を防ぎます。

軽症のときには、自宅安静もしくは通院にて経過観察しながら不妊治療を続けていくことになります。重症化してしまうと、入院して水分・塩分を管理するほか、アルブミン投与や腹水穿刺が行われることもあります。

多胎妊娠による流産や早産

体外受精では、双子や三つ子といった多胎妊娠が多い、と聞いたことはありますか?体外受精による妊娠率を上げる目的で複数の胚を移植すると、多胎妊娠の確率が高まります。多胎妊娠になると、妊娠高血圧症候群などの合併症を起こしたり、流産や早産につながるリスクが高くなります(※1)。

しかし、日本産科婦人科学会が2008年に「生殖補助医療の胚移植において、移植する胚は原則として単一とする」という見解を出し、35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性を除いては、複数の胚を移植することを原則禁止としています(※4)。

これによって、現在では多胎分娩で生まれる子供の数は減少し、早産率も低下しています(※1)。

採卵時の出血・感染

採卵を行う際に卵胞まで針を刺す必要があり、腹腔内に出血が起こります(※5)。通常はそのまま体内に吸収されるのですが、出血が多量になると輸血や開腹手術が必要になることがあります。

また、ごく稀ですが、採卵時に細菌が入り込み、骨盤内感染を引き起こすことがあります。採卵後に強い腹痛や発熱が起こったときには、すぐに病院を受診しましょう。抗生物質によって治療が可能ですが、炎症が進むと移植を中止する場合もあります。

体外受精のリスクを予防する方法はあるの?

女性 リラックス 健康

現在のところ、体外受精で起こるリスクは、排卵誘発や採卵、胚移植といった必要なプロセスの結果として起こるものなので、絶対に回避できる、という予防法はありません。

ただし、卵巣過剰刺激症候群や採卵後の感染など、自覚症状が現れるものもあるため、体調の変化を感じたらすぐに担当医に相談しましょう。

体外受精のリスクへの不安は、事前に医師に相談を

カップル 夫婦 愛情 手をつなぐ 海辺 夕日 恋愛

体外受精は、人工的な手段も使って妊娠を目指すため、妊娠・出産へのリスクに不安を感じるかもしれません。ただ、体外受精によって多くの夫婦が子供を授かっていることは事実であり、自然妊娠であってもリスクがゼロというわけではありません。

採卵などの方針で疑問・不安に感じることがあれば、医師やパートナーと相談し、納得のいく形で体外受精に取り組んでくださいね。

※1参考文献: 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』p.74,147,162※2参考文献: 厚生労働省「重篤副作用疾患別対応マニュアル 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」※3参考文献: 株式会社メディックメディア『病気がみえる Vol.9 婦人科・乳腺外科 第3版』 p.252,254※4参考文献: 日本産科婦人科学会「生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解」※5参考文献: 徳島大学病院 産科婦人科「診療案内 7.合併症について」

最新情報をお届けします

あわせて読みたい