初節句とは?女の子のお祝い方法、金額相場、お返しのマナーまとめ

雛人形 雛祭り うさぎ

3月3日は女の子、5月5日は男の子の初節句をお祝いする日です。でも、どうしてお祝いをするのかを知っていますか?今回は女の子の初節句について、「ひな祭り」のお祝いの仕方やお返しのマナーなどをまとめました。

初節句とは?どんな日?

桃 花 木

「節句」は季節の節目となる日のことで、赤ちゃんが初めて迎える節句を「初節句」といいます。女の子は3月3日の「桃の節句」、男の子は5月5日の「端午の節句」が初節句の日にあたり、雛人形と兜飾りをそれぞれ贈って飾ります。初節句は子供の健やかな成長を願う大切な行事なので、両親や親戚、友人を招いて盛大にお祝いする方が多いです。生後1ヶ月未満の新生児だと翌年に初節句のお祝いするのが一般的です。

※関連記事:ひな祭りとは?雛人形の由来や桃の花を飾る理由は?

女の子の初節句、お祝いの方法は?

雛人形 お雛さま 雛祭り 祝い方

ひな祭りは雛人形を飾り、両親や祖父母、親戚と一緒に、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物などの祝い膳を囲んでお祝いをします。ひなあられや菱餅もお祝いを彩ってくれますね。親族や仲人がお祝いの品を贈ることもあります。写真館で記念写真を撮る家族も増えてきていますよ。赤ちゃんの衣装は、被布が一般的です。地方によっては、赤ちゃんと両親、祖父母で、神社にお参りをして神職に祝詞をあげてもらうこともあります。神社への謝礼としておさめる玉串料(または初穂料)は3,000〜5,000円くらいです。

※関連記事:ひな祭りの料理!ちらし寿司、はまぐり、ひなあられ、菱餅の由来は?

ひな祭りのマナー

女の子 赤ちゃん お祝い

雛人形を飾る時期は?

雛人形は立春の日(節分の翌日)か、立春以降の大安か友引といった縁起がよい晴れた日に飾ります。しまう時期については、「大安がいい」「二十四節気のうちのひとつ「啓蟄(けいちつ)」(=3月6日頃) がいい」「天気が良ければいつでもいい」などさまざまな考え方があります。地方によっては、啓蟄の日に片付けることができなかった場合、「お帰りになられた」ということを示すためにお人形を後ろ向きにする習慣があります。

※関連記事:雛人形を飾る時期は?いつ片付けるの?しまい方は?

雛人形は誰が送るの?

本来、雛人形や兜、武者人形や鯉のぼりも母方の祖父母から送られるものでしたが、現在はお祝いする気持ちを大切にし、両家の祖父母が折半をすることが多いです。男女の兄妹の場合、母方は雛人形を、父方は鯉のぼりを用意するといったように、分担を決めるようになってきています。

二人目も女の子の場合は?

雛人形は本人の身代わりといわれているので、同じものを飾らない方がよいとされています。二人目のときには、かさばらない市松人形を贈ることが多いですよ。

お祝いは誰が贈るの?相場は?

初節句のお祝いは、祖父母や両親の兄弟姉妹といった親戚、現在でも親しくしている仲人が贈ります。親族はプレゼントを贈ることもありますが、仲人は現金が一般的なようです。現金を贈る場合の相場は、親族が5,000円~10,000円、仲人が3,000円~5,000円が一般的です。現金を紅白の蝶結びがされたのし袋に入れ、表書きに「御初節句御祝」「御祝」「祝初節句」と筆で書きましょう。

※関連記事:ひな祭りのプレゼント!金額相場とおすすめ商品5選

ひな祭りのお返し(内祝い)、マナーは?

女の子 プレゼント 箱 内祝い

赤ちゃんのお祝いにお返しの品は必要ないものとされており、お返しの代わりに赤ちゃんが両親や祖父母と一緒にお祝いの膳を囲むことが習わしとされています。しかし、仲人はお祝いの膳に呼ばれないことがほとんどなので、仲人からお祝いの品をもらったときには、「内祝」として、もらった金額の2分の1~3分の1程度の品物を、女の子なら3月中、男の子なら5月中にお返ししましょう。

お祝いの気持ちを大切に

女の子 初節句 赤ちゃん ママ

古きよきしきたりである初節句ですが、古くからの行事だからこそトラブルが起きやすくもあります。あらかじめどのようにお祝いをするか、誰が人形を贈るのか、どんな雛人形を贈るのかを家族同士で話し合っておきましょう。お祝いの気持ちを大切に、みんなで仲良く楽しく初節句の日を過ごせるといいですね。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい