こどもの日の食べ物!ちまきや柏餅を食べる意味は?地域で違う?

こどもの日の食べ物といえば、「ちまき」や「柏餅」を思い浮かべますよね。それぞれに由来があり、その背景に込められている願いを知ることで、こどもの日の行事をより一層楽しむことができますよ。今回は、こどもの日の食べ物について、ちまきや柏餅を食べる由来や意味、地域ごとに食べられているものをご紹介します。

こどもの日の食べ物!ちまきや柏餅を食べる理由は?

こどもの日 メニュー 料理 柏餅

「こどもの日」である5月5日は、男の子の成長を願う「端午の節句」でもあります。

こどもの日は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨として1948年に定められた国民の祝日です(※1)。一方、端午の節句は、古代中国の暦をもとに、江戸時代以降に男の子の成長を祝う日として広まったとされています。

そもそも、ちまきや柏餅は、端午の節句にちなんだ食べ物です。5月5日に食べるので、「こどもの日=ちまきや柏餅」というイメージが定着したようです。ちまきは関西地方で、柏餅は関東地方でよく食べられます。

ちまきの由来は?

もともと端午の節句には、ちまきが食べられていました。奈良時代に、端午の節句が中国から伝わったときに、お供えものとしてちまきも一緒に伝えられたといわれています。

ちまきは笹にもち米を包んで蒸しますが、本来は茅(ちがや)の葉で巻いていたことから、「茅巻き(ちまき)」と呼ばれるようになったといわれています。茅の葉が使われていたのは、中国では茅が邪気を払う植物だと考えられていたからだそうです。

その後、日本各地に広まっていくにしたがって改良や簡略化され、茅の葉が笹や真菰(まこも)に変わったり、もち米の代わりに餡を包んだ餅や葛餅に変わったりしていったとされています。そのため、一口に「ちまき」といっても地域によって見た目や味は様々です。

柏餅の由来は?

端午の節句に柏餅が食べられるようになったのは、江戸時代からだといわれています。これは、端午の節句が「男の子の健やかな成長を願う日」として一般的にお祝いされるようになったためです。

柏の葉は、新芽が出るまで葉が落ちないという特徴から、「家系が途絶えない」という子孫繁栄の意味があり、昔から神事に用いられてきました。

柏餅を食べる風習は、関東地方を中心に定着していきました。一方、関西地方では柏が育ちにくかったこと、伝統を重んじる上方文化が栄えたという背景から、ちまきが食べ続けられたとされています。

こどもの日の食べ物は地域で違う?

鰹 刺し身 端午の節句

地域によっては、ちまきや柏餅の他にも、こどもの日の食べ物として食べられているものがあります。どれも、端午の節句にちなんだ食べ物です。

カツオやブリ

カツオやブリは5月頃に旬を迎えるため、端午の節句によく食べられてきました。カツオは「勝男(かつお)」にかけて、ブリは「出世魚」と呼ばれていることから、どちらも縁起のいい魚とされています。

べこ餅

べこ餅は、木の葉の形や俵型をした茶や白の単色もしくはマーブルカラーが特徴の和菓子で、北海道から東北地方で食べられています。

葉の形をしていることから、「ちまきや柏餅の代用品として食べられるようになった」とされる説がありますが、その他にも諸説あり、端午の節句との関連性は、はっきりとはわかっていません。

笹巻(ささまき)

山形県の笹巻

山形県の庄内地方で食べられる笹巻は、白や飴色の餅です。飴色の餅は、餅を煮るときに灰汁(あく)を使うので色がつき、粘り気のある食感になります。

端午の節句の他にも、田植えを終えた時期に食べたり、女性が里帰りをするときに持たせたりする風習があります。

島根県の笹巻

島根県の笹巻きは、笹の葉の太い芯に白い餅を巻き付け、笹の葉5枚で包んだボリューム感のあるものです。

旧暦の端午の節句(今の5月末頃)や、田植えが終わった時期に食べられます。地区や家によって笹の巻き方や形が違います。

朴葉巻(ほうばまき)

長野県から岐阜県の山間部あたりの木曽地域では、端午の節句を1ヶ月遅れでお祝いする風習があり、柏餅ではなく朴葉巻を食べます。

朴の葉は保存性が高いことから、古くから食べ物を包むときに用いられてきました。

あくまき

南九州で食べられているお餅で、灰汁(あく)で炊いたもち米を竹の皮で包み、灰汁水で数時間煮込んだものです。端午の節句のときに、各家庭で作られることが多いようです。

殺菌効果のある灰汁を使って作ることから、日持ちがよく、戦国時代には兵糧としても重宝されていました。

こどもの日らしい食べ物を作るコツは?

女性 クエスチョン ? はてな

ちまきや柏餅もいいけれど、それ以外にもこどもの日らしい食べ物を作ってあげたいと思うママやパパもいるかもしれませんね。こどもの日らしい食べ物を作るときのコツは、こどもの日に関連のあるモチーフや食材を使う、ということです。

例えば、材料や盛り付けを一工夫してこいのぼりに見立てたおかずを作るなどすると、子供も喜んでくれるかもしれません。

また、竹のように真っ直ぐ大きく立派になってほしいという願いを込めて、タケノコご飯やタケノコ入りシュウマイなどを作ってみるのもいいかもしれませんね。

伝統的なこどもの日の食べ物もいいですが、一工夫してオリジナルの料理を作るのも楽しいものです。下記の関連記事を参考に、子供が喜ぶ料理を作ってみて下さいね。

こどもの日の食べ物で季節感を味わおう

子供 男の子 日本人 朝ごはん 朝食 米 ごはん

こどもの日に食べる食べ物は、全て端午の節句のお祝いにまつわるものです。ママが食べ物の由来や意味を豆知識として知っておくと、「どうしてちまきや柏餅を食べるの?」と子供たちに聞かれたときに教えてあげることができ、会話も弾みますね。

こどもの日には、ちまきや柏餅を食べるだけでなく、菖蒲湯に入ったり、こいのぼりを飾ったりします。これも端午の節句にちなんだ習慣です。

季節感を味わえるイベントを家族で楽しみながら、思い出に残るこどもの日を過ごせるといいですね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう