不妊で悩む妊活中の女性におすすめのヨガポーズ7選

妊娠しやすい体作りをするためには、食生活の見直しや、睡眠をしっかりとって体を休ませることが基本ですが、女性特有の機能の働きを活発にしたり、体の不調をケアすることも大切です。そこでおすすめなのが「妊活ヨガ」。今回は、妊活ヨガの効果や、不妊治療中に効果的なポーズ、妊活ヨガをするときの注意点を含めまとめました。

そもそも、妊活ヨガとは?どんな効果があるの?

ヨガ

そもそもヨガは、体や心の不調と向き合うことを目的とした運動です。ゆっくりとした体の動きと姿勢、独特の呼吸法に瞑想を交えることで、柔軟性や体力を向上させるだけでなく、精神的なリラックスも期待できます。

特に妊活ヨガに関しては、女性機能をはじめ、基本的な体の不調を整えながら、妊娠しやすい体作りをすることを目的としたプログラムが組まれています。子宮まわりの不調のケア、基礎代謝の向上、血の巡りやホルモンの分泌の向上などが期待できるポーズが中心です。

妊活ヨガは、スポーツスタジオや産婦人科でも行っていますが、自宅でも気楽に行うことができます。DVDなどを参考にしながら、普段の生活に取り入れてみるのがおすすめですよ。

妊活ヨガのポイント

● 骨盤の歪みを整え、子宮まわりの働きを活発にする
● 基礎代謝が向上することで冷えやお通じの悩みを緩和し、体の巡りを良くする
● ホルモンバランスが整うことで、月経周期を整えてくれる
● 心地よい動きと呼吸法によりリラックスできる

不妊中に効果的なおすすめ妊活ヨガポーズ7選

ここでは、妊活ヨガお代表的なポーズ(アーサナ)を7つご紹介します。慣れないうちはひとつずつ、やりやすいものを選んで継続していきましょう。

1. 合蹠(がっせき)のポーズ

合蹠のポーズは、骨盤の位置を正常な位置に戻すことで子宮を正しい位置に導き、血行を促進することで子宮の働きを活発にします。子宮の血行が促進されると子宮内膜が厚くなり、着床しやすい状態に。

また、股関節の柔軟性を高めることで自律神経を高める効果も期待できますよ。足の裏を合わせた状態で座ったときに、膝が床から離れすぎないようにしながら前かがみになるのがポイント。毎日継続して取り組むことで少しずつ体が伸びていくのを感じることができます。

2. 椅子のポーズ

椅子のポーズは骨盤周りの筋肉を動かし、子宮の位置を整えます。全身の筋肉を鍛えることで、基礎代謝をアップさせ、下半身のシェイプアップにもつながりますよ。

腰が反らないように、尾骨を床の方へ下げるのがポイントです。肩に力が入らないよう、力を抜いてリラックスしましょう。

3. 鋤(すき)のポーズ

鋤のポーズは骨盤周辺の血行を促進し、内臓の働きを活発化させることで妊娠力を高めてくれるポーズです。血行が促進されることで冷えの改善にもつながります。

首に負担がかかるポーズなので、あらかじめ柔軟体操をして体を温めた状態で行ってください。首を痛めないように、ポーズの最中はよそ見をしないように。痛みを感じたらすぐに中断し、少しずつできるようにしていきましょう。

4. 橋のポーズ

足腰の筋肉を使いつつ、骨盤底筋を鍛えることで骨盤内の血行を促進し、女性ホルモンの分泌が増えて、子宮の質を高める効果が期待できます。

腸の蠕動運動を促す効果もあり、多くの女性を悩ませるお通じのケアにもおすすめ。リラックス効果もあることから、安眠へと導いてくれるので、お風呂あがりや就寝前のストレッチとして行ってみましょう。

5. 月のポーズ

月のポーズは、子宮の働きを活発にすることで、血行を促進するポーズです。排卵しやすい環境を整え、子宮内膜を厚くしてくれる効果も。

気持ちが穏やかになるポーズなので、ネガティブになりやすい月経前にもおすすめですよ。ストレスはホルモンバランスを乱す原因ともいわれています。心が落ち込んでいるときは月のポーズを取り入れてみてください。

6. 前屈のポーズ

前屈のポーズは全身の後面をしっかり伸ばすポーズで、内臓の調子を整え、消化機能を促進する効果が期待できます。

腰を伸ばすことで下半身の血の巡りを促進させると、不要となった子宮内膜を排出する手助けをしてくれるため、次の排卵に備えて子宮をきれいな状態に保つことができるといわれています。卵巣、子宮の機能を高めてくれることから、月経中におすすめのポーズです。

7. 鳩のポーズ

鳩のポーズは下半身の血行を促進させることで冷えを緩和してくれます。骨盤の歪みを整えることにも効果的。

ホルモンバランスを整える効果も期待できるので、自律神経を整え、生理不順のケアにもつながりますよ。ウエストやヒップのシェイプアップに役立つのも、うれしいですよね。

妊活ヨガをするときの注意点は?

NG NO ダメ 禁止 注意

妊活ヨガを行うときは、時期に注意しましょう。不妊治療中で、妊娠の可能性が高まっているときは、激しい運動は控えた方が良いので、タイミングや運動の長さを考えて行うようにしてください。

また、治療に通っている場合、医師から運動を控えた方が良いといわれている時期であれば、医師の判断に従うようにしましょう。1度ヨガをしたからといって過敏になることはありませんが、人によっては影響しやすいこともあるので、注意してくださいね。

妊活ヨガは体の様子をみながら継続することが大切

女性 リラックス 健康

ヨガは妊娠しやすい体を作るだけでなく、体を動かすことでストレスや肥満のケアにもつながります。ストレスや肥満は自律神経やホルモンバランスを乱し、不妊の要因にもなるので、早期にケアしたいですよね。

妊娠しやすい体作りをするためには、継続することが大切です。ヨガは道具も必要なく自宅で簡単に始められるので、体の様子やタイミングをみながら、毎日の生活に取り入れてみてください。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう