保育園は土曜日も預けられるの?給食はでる?料金や条件は?

共働きの家庭の多くは、子供を保育園に預けて仕事をしていますが、平日だけの仕事とは限りません。仕事によっては土曜日が出勤日というところもありますよね。基本は平日でも、急に土曜日に出勤になることも、よくあること。そんなとき、子供を保育園に預けることはできるのでしょうか?今回は、保育園は土曜日も預けることができるのか、そとのきの給食はどうなるのか、土曜保育の条件や料金についてご説明します。

保育園は土曜日も預けることができる?

カレンダー 土曜

保育園には、認可・認証・認可外・認定こども園など、様々な種類があり、月~金を基本の保育日としていますが、ほとんどの場合が土曜日も保育を行っています。

地域の特性によっても異なりますが、認可の場合は通常保育に含まれることがほとんどです。保育士の人数を確保するために事前に申請をしておく必要がありますが、別途料金が発生することはほとんどありません。

認証・認可外・認定こども園など、民間企業が運営しているタイプの保育園でも、土曜日に保育を行っている園は多くありますが、オプション契約となるケースが多いようです。また、小さい園の場合は行っていないことがあるため、入園前に確認しておくと安心です。

月~金の基本契約に加え、あからじめ毎週土曜も利用することがわかっていれば月極で契約。急なときだけ1日保育をするスポットの場合は、その日の降園時や後日清算となります。

土曜日の保育園でも給食はでるの?

1歳半 食事 女の子 ご飯

土曜保育時の給食も、保育園によって様々です。認可の場合は料金に含まれていて、普段と変わらずに食べられることが多いですが、園によっては土曜保育に限り、お弁当を持参しなければならないことも。おやつ(補食)や夕食に関しても同様です。

お弁当が必要か不要かで、朝の予定も大きく変わってきます。土曜保育を予定している場合は、事前に確認しておきましょう。

保育園に土曜日も預ける場合、料金や条件はどうなる?

時計 お金

保育園に土曜日も預ける場合は、ある程度の条件があり、理由を聞かれたり、書類を提出する必要があったりする保育園もあります。

以下に、主な条件や料金の平均金額をご紹介します。

土曜保育の主な条件

基本的には、就労などが理由であることが前提です。保育園によっては土曜日に仕事をしている就労証明書の提出が必要なこともあるので、事前に確認しておきましょう。

また、土曜保育に関しては、認可・無認可に限らず、延長保育を行っていないケースもあります。土曜保育の概要をはじめに理解してから利用しましょう。

土曜保育の料金の目安

認可保育園の場合は無料であることが多いのですが、それ以外の場合、利用料金は園によって異なりあります。

月極の場合は通常の保育料に+3,000~1万円くらいが追加料金の目安です。年齢を問わず、一律で設定している園もありますが、年齢が低いときは価格が下がることも。スポットの場合は、1日3,000~5,000円で、これも年齢に合わせて価格が変動します。

そのほか、おやつ代として100~300円、食事代として1食300~800円程度が必要になる場合もあります。預ける前に、料金も確認しておきましょう。

土曜日に保育園に預けるときは事前に調べておこう

女性 笑顔 パソコン ネット 調べる 

昨今は、核家族化が進み、「土曜日だけ、ちょっと実家に子供を預ける」といったことができない家族も増えています。一方で、働くママが増えている現状、土曜であっても預けなければいけない日もありますよね。

土曜保育の状況や条件は、保育園によって異なります。まずは入園予定の保育園か、希望している保育園での実施状況を確認しておきましょう。わからなければ、直接先生に聞くなどして、事前に調べておくといいですね。

通っている保育園で土曜保育をしていないときは、一時保育やファミリーサポートを活用する方法もあります。直前ではすでに予約がいっぱいという可能性もあるため、土曜保育が必要とわかった時点で準備するようにしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう