赤ちゃんの歯磨きのやり方は?1〜2歳の乳幼児が嫌がるときは?

記事監修 小児科 武井 智昭
日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

生後6ヶ月が過ぎて赤ちゃんに歯が生えてくると、いよいよ歯磨きを始める時期です。ただ、いざ始めるとなると、どうやって磨いてあげたらいいのかわからない人も多いと思います。赤ちゃんの歯は大人の歯とは違うので、歯磨きの方法も違います。また、1歳、2歳と年齢を重ねるにつれてやり方も変わってきます。そこで今回は赤ちゃんの歯磨きの基本や嫌がるときの対策についてご説明します。

赤ちゃんは虫歯になりやすい?

歯磨き 赤ちゃん やりかた

赤ちゃんの歯は、大人の歯に比べて虫歯になりやすいという特徴があります。虫歯の原因は「虫歯菌(ミュータンス菌)」と呼ばれる細菌群です。ミュータンス菌群は食べ物に含まれる糖分を利用して酸を作り、これで歯の表面にあるエナメル質を溶かします。赤ちゃんの歯は大人の歯に比べてエナメル質が薄いので、虫歯の進行が早いのです。

口の中に食べカスが残っていると、ミュータンス菌が活発に働いて虫歯になりやすくなります。小さいときから歯磨きの習慣をつけることが、子供の虫歯予防には大切です。

赤ちゃんの歯磨きの進め方は?

赤ちゃん 歯ブラシ 歯磨き

赤ちゃんのうちは自分で歯磨きができません。自分で磨けるようになるまでは、ママ・パパの助けが必要です。

生え始めは歯が小さい上に、口内はたくさんの唾液の自浄作用で清潔に保たれています。本格的な食事が始まるまでは、歯磨きを1回でもしないとすぐに虫歯になるということではありません。

ただし、赤ちゃんにとっても口の中を他人に触られるのは嫌なので、早いうちからママ・パパが歯磨きしてあげる習慣を持たせることが大切です。赤ちゃんに「歯磨きは楽しい!」と思ってもらうことを心がけて歯磨きを始めてみましょう。

生後半年〜1歳の赤ちゃんの歯磨きの方法は?10ヶ月頃が大事?

グッズ アメニティ 歯ブラシ

歯が生える生後半年くらいからが歯磨きのスタート時期です。最初は虫歯の心配はないので、歯ブラシで磨く必要はありません。しばらくの間は、歯を触られることになれさせていきましょう。1日2〜3回はガーゼで歯を拭き、授乳後に湯さましを飲ませるくらいで構いませんよ。

生後10ヶ月くらいになると上下の前歯が生え揃い、離乳食の食べカスが残りやすくなる時期なので、仕上げ磨きをして口内を清潔に保つようにしたいところです。赤ちゃん用の歯ブラシを使って授乳と同じ抱っこの姿勢で仕上げ磨きをしましょう。

上の前歯はもっとも虫歯になりやすいので、磨き残しのないように気をつけてください。回数としては、1日1〜2回程度で大丈夫です。

この時期は歯をキレイにするというよりも、歯磨き嫌いにならないようにするのが大切なので、機嫌が良いときを見計らって取り組んでください。

1〜2歳の乳幼児の歯磨きの方法は?

子供 驚き 興味

1歳を過ぎると歯が生え揃い、離乳食も進んで、乳歯の間に食べ物が挟まりやすくなる時期です。

今までは歯磨きに慣れるのが目的でしたが、この時期からは食事をしてから30分以内や寝る前などの決まった時間に行い、歯磨きをする時間も習慣づけましょう。仕上げ磨きは、正座してひざを少し開いて赤ちゃんの頭を載せてあげると上下の歯がキレイに磨けますよ。

1歳2ヶ月頃からは奥歯が生え始めます。奥歯は溝があって汚れが溜まりやすいので、仕上げ磨きで念入りに磨いてあげる必要があります。寝る前の歯磨きが習慣になったら、徐々に食事後には歯を磨く習慣をつけるように進めましょう。

赤ちゃん・乳幼児が歯磨きを嫌がる!上手にやる方法は?

記号 ひらめき 黒板

子供を虫歯から守ろうと考えると、しっかり歯磨きしなきゃと義務感が強くなって、赤ちゃんが嫌がることもしばしば。しかし、子供の歯磨きはまず慣れてもらうことが大切なので、以下のポイントを参考に取り組んでみてくださいね。

1. 歯磨きは楽しいものだと思わせる

赤ちゃんのときから歯磨きは楽しいものだと感じてもらえるように、歌を歌いながら、おしゃべりをしながら歯磨きをしてみましょう。

また、遊ぶときにも口や頬に触って、口の周りを触れられるのは楽しいことと慣れてもらうのもポイントです。音楽をかけてみるのもよいでしょう。

2. 歯磨き後はたくさんほめてあげる

本能的には口や頬に触られるのは嫌なものなので、歯磨きが上手にできたらたくさん褒めてあげましょう。「ちゃんとして」と無理強いすると、余計に嫌がってしまうので注意してください。

3. 嫌がるのに無理やり磨かない

嫌がっているときには無理に歯磨きをしないことです。赤ちゃんの機嫌を見ながら、焦らずゆっくりと楽しみながら歯磨きしましょう。

4. 優しく磨いてあげる

仕上げ磨きで力が入り過ぎると歯茎が痛くなって歯磨き嫌いの原因に。できるだけやさしく磨いてあげるのを意識してください。

5. 一緒に磨く

最終的には赤ちゃんが自分一人で磨けるのが理想です。パパやママも一緒に歯磨きをして安心させてあげるのもおすすめです。

歯磨き習慣で赤ちゃんの歯を守ろう!

子供 歯磨き 親子 歯ブラシ

育児の中でも赤ちゃんの歯磨きに手を焼くママはたくさんいます。ある程度は嫌がられるのが当たり前ですが、できるだけ早いうちから習慣をつけておくことで、赤ちゃんもすんなり歯磨きを受け入れられるようになります。歯磨きを習慣づけて赤ちゃんの歯を守ってあげてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう