子供が歯磨きを嫌がる!2〜3歳で歯磨きをしないときの対策は?

監修医師 歯科医師 茂山 久夫
茂山 久夫 九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。日本歯周病学会、J.A.C.D(The Japanese Academy of Compre... 監修記事一覧へ

2歳を過ぎたら食後の歯磨きを習慣づけたいもの。しかし、歯磨きを嫌がる子供に困っているママは多いのではないでしょうか。だんだん甘いものを食べるようになる時期でもあるので、しっかりと歯磨きをさせたいと思っても、嫌がってなかなかうまくいかないですよね。今回は、子供が歯磨きを嫌がる理由や対処法、スムーズに歯磨きをしてもらうコツをご紹介します。

子供が歯磨きを嫌がるのはなぜ?

子供 はみがき 歯ブラシ

初めて歯ブラシを持たせたときは興味本位で歯磨きを楽しんでいた子供も、いざ自分で磨かせて習慣づけようとすると嫌がることが多いですよね。

歯磨きを嫌がる理由は、子供の年齢や性格、生活習慣によって異なりますが、主に下記のような理由が考えられます。

口の中にものが入ることが不快

食べ物以外のものや歯ブラシのような硬いものが口の中に入ることを本能的に拒否するために、歯磨きを嫌がってしまうことがあります。特に、上の歯は脳に近いため、上の歯にブラシがあたると不快に感じることが多いようです。

まずは、歯ブラシが口に入ることに慣れさせましょう。下の歯から磨く癖をつけさせたり、かわいい絵柄の歯ブラシを選んだりすると、スムーズに進むかもしれませんよ。

時間帯やタイミングがよくない

年齢が低いうちは、夜に集中して歯磨きをすることが多いですよね。しかし、子供は眠かったり、寝る前にやりたいことがあったりするため、歯磨きを嫌がることがあります。

子供の機嫌が良く、おもちゃや絵本に夢中になっていないときを狙って、歯磨きをさせてみましょう。

歯磨きの時間が楽しくない

ママはしっかり磨かせたいと思うばかり、知らぬ間に怒った顔やしかめっ面をしているかもしれません。そうすると、子供は歯磨きの時間は楽しくないと感じて、歯磨きを嫌がるようになります。

ママも肩の力を抜いて、子供と一緒に歯磨きを楽しむ気分で臨むと、自然と歯磨きが好きになってくれるかもしれませんよ。

子供が歯磨きをしないとどうなるの?

女性 記号 疑問 クエスチョン

子供が歯磨きを嫌がったときに適切な対処をしないままでいると、虫歯が増える原因となります。

乳歯は永久歯に比べて、歯が薄いため虫歯になりやすく、歯質が弱いので一度虫歯になると進行が早いといわれています(※1)。しかし、子供の歯に虫歯菌が残っていても、歯磨きをして歯石や糖分を落としていれば、虫歯を防ぐことができます。

日本小児歯科学会は、赤ちゃんに乳歯が生えた頃から歯磨きを始め、徐々に習慣化していくように提言しています(※2)。一人で歯磨きできるのは3歳児で約60%、4歳児で約70%とされているので、焦らず、気長に取り組んでいきましょう。

保育園や幼稚園に通っていて、日中歯磨きができない場合は、家に帰ってきてから歯磨きやうがいをさせて、夜の歯磨きに時間をかけるようにしてくださいね。

次からは、幼児が歯磨きをしないときの対処法を、2歳と3歳の年齢別にご紹介します。

2歳児が歯磨きを嫌がるときの対処法は?

ママ 子供 動画 ノートパソコン 親子

イヤイヤ期の2歳児は、歯磨きだけでなく、いろいろなことを嫌がります。しかし、ちょっとしたきっかけを作ってあげると、歯磨きを楽しんでくれるかもしれませんよ。

歯磨きの動画を見せてあげる

歯磨きの動画を見せて一緒に磨いてみましょう。ここでは、歯磨きが楽しくなる動画をご紹介します。

● シャカシャカ歯みがき

● はみがきのうた(東京ハイジ)

● 歯みがき応援ソング「ハミガキしましょ」

子供が選んだ歯ブラシで磨く

2歳頃になるとキャラクターに興味を持つようになります。お気に入りのキャラクターが描かれている歯ブラシを使うと、喜んで歯磨きをするかもしれませんよ。「〇〇ちゃん、△△(キャラクター名)の歯ブラシが歯磨きしたいって」と、声がけするのもいいですね。

3歳児が歯磨きを嫌がるときの対処法は?

子供 パパ ママ 絵本 親子 家族

3歳になると、ますます自己主張が強くなる一方で、ママが理由をしっかり説明してあげると納得するようにもなります。歯磨きの大切さを教えながら、子供が興味を持つ方法で、歯磨きを促していきましょう。

歯磨きごっこをしながら磨く

子供だけではなく、ママも一緒に歯磨きをしてみましょう。ママが楽しそうに歯磨きをしていると、子供も一緒にしたいと思うことも。

「ママの歯を磨いてくれないかなぁ」と言って、子供にママの歯を磨いてもらって、そのあと交代してママが子供の歯を磨く「歯磨きごっこ」も楽しく歯を磨く方法ですよ。

お気に入りの人形やぬいぐるみに、「寝る前は歯磨きをさせてあげようね」と歯磨きごっこをするのもおすすめです。

絵本で歯磨きの大切さを教える

「どうして歯磨きをしないといけないの?」と、疑問を持っていると歯磨きを嫌がるかもしれません。普段の生活の中で、「歯磨きしないと虫歯になるよ」「ばい菌さんは怖いよ」と教えてあげましょう。

歯磨きに関する絵本を読んであげると、自然と歯磨きの大切さを理解するようになりますよ。歯磨きに関する絵本はたくさん出版されてるので、本屋さんで子供と一緒に選んでもいいですね。

子供が歯磨きを嫌がっても根気強く続けよう

子供 ママ 歯磨き 親子

子供が歯磨きを嫌がると、ママも歯磨きをさせるのが億劫になってしまいますよね。しかし、幼児のうちにしっかり歯磨き習慣をつけておくこと、大きくなったときにも虫歯が予防できたり、歯が強くなったりと、メリットがたくさんあります。

子供の歯磨きが終わったら、必ず仕上げ磨きをしてあげましょう。ひとりで磨けるようになっても、まだ磨き残しがあるので、ママがしっかりチェックしてあげてください。

動画や絵本で歯磨きの大切さや楽しさを教えてあげながら、毎日の歯磨きを楽しんでくれるようになるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう