母子手帳はいつもらえるの?交付場所や手続きの方法は?

妊婦さん必須の「母子手帳」はママと赤ちゃんをつなぐ大切なもの。でも、具体的にどんなものなのか、いつ、どうやってもらうのかはよくわからない、という声をよく聞きます。また、引越しをしたり、里帰り出産する妊婦さんも多く、受け取った母子手帳がそのまま他の自治体で使えるのか不安に思う人も少なくないようです。そこで今回は、母子手帳がもらえる時期やもらえる場所、もらうための手続き方法などについてご説明します。

母子手帳とは?

母子手帳 ケース

母子手帳とは、正式には「母子健康手帳」といい、母子保健法に基づいて各市町村長が妊娠の届け出を行った妊婦さんに対して交付する手帳のことです(※1)。

妊婦の健康状態や妊娠中の経過、出産の状態、赤ちゃんの発育の経過や健康診断の結果、受けた予防接種の情報などを記録していきます。

自治体によっては自分で発達や発育を日記のようにかける母子手帳を交付しており、妊娠中から産後まで、身近なものとして活用していくことができます。

母子手帳はいつから、どこでもらえるの?

市役所

母子手帳は、自分が住んでいる市区町村の役場や保健センターの窓口でもらうことができます。

母子手帳がいつからもらえるかは、自治体によっても異なります。尿検査で妊娠が判明してすぐにもらえる自治体もありますが、赤ちゃんの心拍が確認される妊娠6〜10週頃に、かかりつけの医師から「母子手帳をもらってきてください」と言われて発行してもらうことが一般的です。

国の調査によると、9割近い人は妊娠11週になる前までに母子手帳をもらっています(※2)。

母子手帳のもらい方は?

女性 書類 手続き

母子手帳のもらい方は地方自治体によって様々です。

一般的には、自宅のある自治体に「妊娠届出書」を提出すれば、その日のうちに母子手帳の交付を受けることができます。妊娠届出書は自治体の窓口にあるか、産婦人科でもらえます。ホームページからダウンロードできる自治体もあります。

自治体によっては母子手帳を発行してくれる曜日や時間が決まっていることがあるので、事前に自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

また、妊娠初期はつわりが辛いなどもあると思います。そんなときは代理の人が母子手帳の申請をすることもできます(※3)。代理人による申請方法も自治体によって異なるので、調べてみてくださいね。

また、母子手帳を紛失してしまった場合は、「母子健康手帳再交付申請書」といった書類を提出すれば再発行してもらえることが多いようです。

母子手帳はどんなときに使うの?

妊婦 妊娠 妊婦検診 病院 医者 受診 診断

母子手帳には、妊娠の経過や母体の状況など、妊娠の経過を記録していきます。そうすることで、急な母体のトラブルにも母子手帳を見るだけで医師が対処できるようになります。

何があっても大丈夫なよう、かかりつけの病院の連絡先や緊急時の連絡先も記入しておき、外出時には必ず持ち歩くようにしましょう。

このほか、出産後の子供の予防接種や診察時にも利用します。

また、母子手帳と一緒に妊婦健康診査受診票が交付されます。これは妊婦健診の基本的な検査にかかる費用が助成される補助券です(※4)。妊娠は病気ではないので、定期健診は健康保険が適用されず、通常、1回の検査でおよそ6,000円程度の費用がかかります(※5)。

補助券を使えばかなり負担が抑えられるので、忘れずに取得しましょう。自治体によって内容は異なるので、交付の際に教えてもらうと安心ですね。

母子手帳は引越しの際にはどうする?

グッズ ダンボール 引っ越し 荷物

母子手帳を発行してから出産までの間に引っ越しをする場合は、転入先の地方自治体の窓口に母子手帳と妊婦健診受診票を持参し、母子健康手帳変更届出書といった書類の提出や妊婦健康診査受診票の申請、手続きを行うのが一般的です。

母子手帳自体は前の自治体でもらったものを使い続けることも可能ですが、妊婦健診受診票は自治体ごとに異なるため、この届出を行うことで引っ越し先で使用できる妊婦健診受診票を発行してもらえますよ。

母子手帳は里帰り出産ではどうする?

里帰り おばあちゃん

母子手帳は住民票のある自治体でしか交付してもらえないので、里帰り出産のときは注意が必要です。住民票のある自治体で母子手帳を取得して使い続けることになります。

引越しによる再発行と違う点は、里帰り出産は新しい自治体に転入するわけではないので、里帰りした場所では妊婦健診受診票が使えず、健診費用が実費となることが多いということです。

ただし、住んでいる自治体によっては助成金が出ることもあります。助成の有無や内容は、自治体によって異なるので事前に確認しましょう。助成金申請の際に、健診費用の領収書や未使用の妊婦健診受診票が必要になることもあります。

母子手帳は赤ちゃんの記録だけではなく、役立つ情報も載っています

妊婦 リラックス 健康

母子手帳には妊娠の経過を記録するだけでなく、妊娠・出産・育児のアドバイスや心肺蘇生法、のどに物を詰まらせたときの対処法など、ママにとって役立つ情報がたくさん書かれています。

母子手帳を上手に活用して、妊娠・出産・育児を楽しみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう