ギャングエイジとは?特徴は?どう対応したらいいの?

幼かった子供が少しずつ自立しはじめると、その環境や心の変化に戸惑うママやパパは多いようです。その変化を感じる時期に、「ギャングエイジ」という特徴が見られることがあります。子育て中のママやパパなら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?今回は、ギャングエイジについて、どんな特徴があるのか、親はどう対応したらいいのかをまとめました。

ギャングエイジとは?

子供 集団 ギャング

ギャングエイジとは、小学校の3~4年生頃から見られる児童の発達段階の一つです。子供同士の仲間意識が強くなりはじめ、同年齢・同性の友達と閉鎖的な小集団を作ることから「ギャングエイジ」と呼ばれています。これまで、親や先生といった大人が絶対的な存在だった子供が、その依存から抜け出し、仲間の影響で成長していく時期といわれています。

集団行動の中にいたずらや悪さが含まれることもあり、反抗期のような感覚になるママやパパも。でも、子供の自立へのスタートラインですので、親としてうまく受け止めたいですよね。

ギャングエイジの特徴は?

兄弟 仲良し なかよし 友達

ギャングエイジには、例えば次のような特徴があります。まだまだ限度がわからないため大人がギョッとするような行動を起こしたりもします。事前に特徴をつかんで、危ないところはコントロールしてあげましょう。

● 親や大人が見ていないところで、子供たちだけで活動する
● 仲間同士だけの合図・約束ごと・秘密の場所等を共有する
● 仲間の中で、リーダー等の役割や責任が発生する
● 学校の決まりや親との約束を破る
● 親や先生の言うことを聞かない・言い訳や口答えをする
● 大人びた仕草や、悪い言葉使いをする

ギャングエイジにはどう対応すればいい?

疑問

ギャングエイジの特徴が見られたら、パパやママはどのように対応するといいでしょうか。一番は子供が自立する過程を見守る気持ちで、決して慌てないことです。子供が素直に甘える姿を見てきた親にとっては、初めはその変化に動揺したり、悩んでしまったり、戸惑うことも増えるでしょう。子供の自立と同時に、パパやママの子離れも始まった、と捉えると少しは落ち着けるのではないでしょうか。

ただ、1人で色々と出来るようになったとしても、実際にはまだまだ子供。成長による変化を重んじながらも、陰で見守り、許せる行動と許せない行動を見極めて、時にはきちんと叱ることも必要。ギャングエイジとして仲間意識が強まると、いじめの問題がより見えることも。次のような状況が見られたら、ママやパパの出番ですよ。

いじめ・いたずら・悪さをしている

いたずらの延長であれば様子を見ましょう。仲間外れをつくるなど、いじめをしている場合は、いじめられた側の心の痛みについての話をしてあげることも大切な時期かもしれません。上から押しつけるような叱り方は逆効果になるので、凛とした態度で子供自身が考えて答えを出すように「なぜこうしたの?」「自分がされたらどう思うの?」と、子供と話をする機会を作りましょう。

いじめられている

仲間にうまく入れずに孤立しているとき。どんな状態なのか、どうしたら子供がベストと感じるのか、追求するのではなく、ゆっくりと子供から話せる場を用意してあげましょう。すぐに話せなくても「あなたの味方だから」と、耳を傾ける姿勢を示すだけで、少しずつ話してくれることも。

ギャングエイジといっても、必ずいたずらのような行動や悪さをするとは限りません。仲間意識を持って、子供たちだけで行動することに楽しさを感じる時期で、目立った問題行動がないことも。つかずはなれず、見守っていきましょうね。

ギャングエイジは成長過程で大事な時期

子供 足 靴 スニーカー ソックス 男の子

ギャングエイジは、親にとって試練の一つと感じることが多いのですが、実はとても大切な時期。子供同士のルールの中で、それぞれの個性を活かしながら意見を主張したり、議論したり、どうやって個々の主張の折り合いをつけるのかなど、大人に頼らず自分たちだけで解決する方法を身に着けることができるからです。

しかし、最近はギャングエイジが減っているといわれています。昔よりも習いごとをする子供が増え、学校以外で集団で遊ぶ機会が減ったり、徹底したしつけで幼いころから落ち着いていたり、大切な時期に社会性を学ぶ場所や機会が少なくなってきているようです。そのため、中・高校生頃になってギャングエイジに似た行動をとるようになり、体は成長しても心が成長しきれず、限度を超えた行動が犯罪に繋がってしまうこともあるといわれています。

文部科学省の「子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題」にギャングエイジも含まれ、以下のような力が身につくようにしてあげたいですね(※1)。

● 抽象的な思考への適応や他者の視点に対する理解
● 自己肯定感の育成
● 自他の尊重の意識や他者への思いやりなど
● 集団における役割の自覚や主体的な責任意識の育成
● 体験活動の実施など実社会への興味・関心

積極的に友達との時間を取れるように、習い事などは詰め込みすぎないようするのがおすすめですよ。

ギャングエイジの時期の変化に気づくことが大切

女性 アイデア ヒント ひらめき

ギャングエイジには、まず親がしっかり子供の変化に気づくことが大切です。監視するのではなく、ある程度の距離を保ちながら様子を聞いたり、どうしても心配なことがあれば、クラスメイトの親と世間話をしてみたり、さりげなく子供や子供の周辺にアンテナを張っておきましょう。変化をキャッチしたら、見守る、声をかけるなど、パパやママとしての行動につなげていきましょうね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう