外陰炎とは?原因と症状、検査法や治療法は?予防できるの?

女性にとって、デリケートゾーンのトラブルは不快であるものの、なかなか人に相談したり、病院で受診したりしづらく、我慢してしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、抵抗力が落ちているときには、外陰炎が起こりやすくなるので、外陰部に腫れやかゆみを感じたら適切に対応することが大切ですよ。

今回は、女性特有の「外陰炎」が起こる原因と症状、検査方法や治療法についてまとめました。

外陰炎とは?

膣 かゆみ おりもの

外陰炎とは、女性の外陰部とその周辺の炎症のことを指します。「外陰部」は、いわゆる「デリケートゾーン」と呼ばれている部分で、具体的には恥丘(ちきゅう)、陰核、大陰唇(だいいんしん)、小陰唇、大前庭(だいぜんてい)腺、膣前庭、会陰(えいん)が含まれます。膣内にいる常在菌が異常繁殖することによって、外陰部の皮膚が炎症を起こすと外陰炎が起こります。特に、真菌(カビ)の一種であるカンジダによって引き起こされるものは「外陰膣ガンジダ症(カンジダ膣外陰炎)」と呼ばれます。

外陰炎と膣炎は合併することが多いため、その両方を合わせて「外陰膣炎」と呼ばれることもあります。通常、女性の膣内はデーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌の一種によって酸性状態に保たれていますが、体調不良などで抵抗力が落ちていると、いつも普通に体内にいるような細菌が増殖し、あとでご紹介するような膣炎を起こすことがあります。

外陰炎の症状は?どんな膣炎と合併しやすいの?

女性 デリケートゾーン 膣 外陰 かゆみ

外陰炎の主な症状は、外陰部の腫れやかゆみ、おりものの増加です。炎症がひどくなると、排尿時や性交時のときに痛みを感じることもあります。かゆみがあるとつい、かいてしまったり、清潔にしようとお風呂でこすり洗いしたりしたくなりますが、そうすると皮膚や粘膜が余計に刺激され、症状が悪化してしまうのでむやみにさわらないようにしましょう。外陰炎が慢性化すると、外陰部の皮膚が厚くなり、肌の色が茶褐色から白色へと変わったり、かゆみが止まらなかったりすることもあります。

また、先述のとおり、いつも体内にいる常在菌が悪さをすることにより、膣炎も併発することがあります。次のような症状が見られた場合には、外陰炎だけでなく膣炎も起こしている可能性を疑い、産婦人科で相談をしましょう。

膣カンジダ(カンジダ膣炎)

膣カンジダとは、真菌(カビ)の一種であるカンジダ菌が膣内で増殖して炎症を起こす病気です。デリケートゾーンに強いかゆみや痛みが現れ、焼けるように熱いと感じる人もいます。おりものの量が増え、色は白濁したカッテージチーズ状になるのが特徴です。他の性感染症のように、おりものから悪臭や生臭さを感じることはほとんどありません。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎とは、トリコモナス原虫というゾウリムシのような生物が膣内で増殖して起こる性感染症です。感染から5日~1ヶ月の間で発症し、膣内が炎症を起こします。外陰部の腫れや痛み、かゆみ、ただれなどが現れ、排尿時や性交時に痛みを感じることも。おりものが悪臭を発し、黄色・淡い灰色で泡立った状態になるのが特徴です。

細菌性膣炎

細菌性膣炎とは、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌といった一般的な細菌が膣内で異常増殖し、炎症を起こす疾患です。炎症が軽度であれば、自覚症状があまりないことも多いですが、おりものの増加・下腹部の痛み・不正出血が見られることもあります。おりものが灰色っぽくなり、魚臭く感じるのが特徴です。

外陰炎の原因は?

女性 怒る なぜ

生理のときにタンポンを長時間入れたままにするといった不衛生や、外陰部の洗いすぎ、窮屈なズボンや下着との摩擦、性交渉などの刺激によって外陰部に傷がつきます。そこに、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などのごく一般的にいる細菌が感染すると、外陰炎が起こります(※1)。

外陰部は、おりものや排尿・排便による汚れ、汗や皮膚の汚れなどが溜まり、湿気が多いために蒸れやすく不潔になりやすいところです。そのうえ、歩いたり性行為をしたりすることで下着との摩擦が起こりやすく、炎症を起こしやすいデリケートな部分なのです。

外陰炎にかかりやすいのはどんな人?

妊婦 腹痛 体調不良

健康な女性であれば、女性ホルモンの働きにより、細菌感染しても外陰部が炎症を起こすことは少ないのですが、疲労やストレス、体調不良などで体の抵抗力が落ちていると外陰炎になりやすいといわれています。特に妊婦さんや出産直後のママは、外陰炎やそのほかの膣炎を起こしやすいので注意してくださいね。

また、子供が排便後にトイレットペーパーで後ろから前に拭いたり、トイレのあとに手をきちんと洗わなかったりすることにより、外陰部や膣が炎症を起こすこともあります。

さらに閉経後の女性は、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌量が減り、膣内環境を保つデーデルライン桿菌の働きも弱まることで外陰炎になりやすいといわれています。寝たきりの高齢者の場合は、尿失禁などにより外陰部が不衛生になりやすく、慢性的な炎症を起こしやすいので、一緒に住む家族が気をつけておく必要があるでしょう。

外陰炎の検査・診断方法は?

外陰炎 検査 顕微鏡 

外陰炎の疑いがある場合、問診に加えて、おりものを採取して顕微鏡検査をするのが一般的です。その結果、外陰部の炎症を引き起こしている原因の細菌を特定します。

先述のとおり、外陰炎と膣炎が併発しているケースは少なくありません。ぽろぽろとしたカッテージチーズ状おりものが出ていれば膣カンジダ、少し泡立った黄色いおりもので臭いが強いのであればトリコモナス膣炎、というようにおりものの状態によって判断できることもあります。

このように、おりものは自分である程度病気を見分けるヒントにはなりますが、正確に原因を特定して適切な治療をするために、外陰部に異常を感じたらすぐに婦人科で検査を受けましょう。

外陰炎の治療法は?

グッズ 軟膏 チューブ

医師から処方された抗生物質の内服と、患部への軟膏クリームの塗布によって外陰炎を治療します。外陰炎の原因となっている細菌によって、硝酸ミコナゾール(フロリードDクリーム)、クロトリマゾール(エンペシドクリーム)、硝酸イソコナゾール(アデスタンクリーム)などを1日2~3回塗るように医師から指示されることが多いでしょう。患部の状態によって、次回の月経後に再検査を実施する場合もあります。

自己判断で薬の服用を中止してしまうと、完治しないまま再発する恐れもあります。患部のかゆみや痛みがなくなっても、医師の指示に従い、服用回数や期間を正しく守るようにしてくださいね。

外陰炎を予防するには?

月経 生理 初潮 初経 ナプキン

外陰部は非常にデリケートな部位で、細菌の繁殖にとって好都合な環境になってしまうと、すぐに炎症を起こしてしまいます。次のことに気をつけて、しっかり外陰炎の発症を予防しましょう。

外陰部を清潔に保つ

● 生理用品は清潔なものを使い、こまめに取り替える
● 締めつけの強い下着の着用を避ける
● 通気性の高い、ゆったりとした服を着る
● 石鹸で外陰部を強くこすり洗いしない
● 女性用衛生スプレーをむやみに使わない

ホルモンバランスを整える

● 適度な睡眠・食事・運動を心がける
● 精神的・身体的ストレスを溜めこまない
● 手洗い、うがいなど風邪予防をする

外陰炎を防ぐなら、デリケートゾーンを清潔に

女性 ベッド 家 リラックス

デリケートゾーンにかゆみや痛みがあると、何となく恥ずかしくて病院に行きづらかったり、「少し我慢すれば治るかも」と考えてしまったりしがちです。しかし、早めに治療をしなければ外陰炎が慢性化してしまう恐れもあるので、異常を感じたらできるだけすぐに婦人科で受診しましょう。

外陰炎を予防するためには、体の抵抗力をつけ、ホルモンバランスを整えたうえで、外陰部を常に清潔に保っておくことが一番です。できるだけ規則正しい生活を送れるように心がけてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう