単純ヘルペスとは?原因や症状は?キスでうつるの?

監修医師 泌尿器科 小堀 善友
小堀 善友 2001年金沢大学医学部卒業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。日本性機能学会専門医。日本性科学会セックスセラピスト。日本性感染症学会認定医。米国イリノイ大学にてスマートフォン精液検査を研究し、現在商品... 監修記事一覧へ

口元にヘルペスができると痛みを感じることもあり、何度も発症して困っている人もいるのではないでしょうか。単純ヘルペスウイルスが原因で起こる皮膚の病気で、性器に感染することもあります。人にうつったり、再発を繰り返したりする厄介な病気なので、きちんと対処することが大切です。今回は単純ヘルペスウイルスに感染する原因や症状、治療法についてご説明します。

単純ヘルペスウイルスとは?

ヘルペス 女性 口

単純ヘルペスウイルスは、一度感染するとずっと神経節に潜伏し、ストレスや疲労が溜まって免疫力が低下すると、何度も再発します(※1)。

単純ヘルペスウイルスには「1型(HSV-1)」と「2型(HSV-2)」があり、それぞれ感染部位が異なります。特に多く見られるのが、口・くちびるの周りに感染して起こる「口唇ヘルペス」と、性器に感染する「性器ヘルペス」です。

世界保健機関(WHO)の最新の発表によると、50歳以下の世界人口のうちヘルペスの感染率は67%と、それほど珍しい病気ではありません(※2)。感染を過度に怖がる必要はありませんが、感染してしまった場合には治療が必要となる場合があります。

単純ヘルペスウイルスの感染による症状は?

はてな クエスチョン 疑問

口唇ヘルペスと性器ヘルペスの症状は、次のとおりです(※3)。

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスの1型(HSV-1)が原因で発症します。

最初に口の周りの皮膚がムズムズするような不快感が現れ、数日後に口内炎や水ぶくれが現れます。水ぶくれが破れると膿が出てきてかさぶたになり、その後は自然に治っていきます。

初めて感染した場合には、高熱が出てリンパ節が腫れるなどの全身症状が現れることもあります。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスは、主に2型(HSV-2)の感染で発症しますが、最近では口を使った性交渉により、1型(HSV-1)の単純ヘルペスウイルスが性器にうつることでかかるケースも増えています。

性器ヘルペスにかかると、外陰部に発疹や水ぶくれ、潰瘍が現れます。水ぶくれが破れると、ただれたようになって激痛を伴うことがあります。

初めて感染したときは、排尿や歩行が困難になるほどの強い痛みが出ることもあります。性器ヘルペスが再発した場合、小さい水ぶくれや潰瘍ができる程度で、あまり痛みがないまま治ることもあります。

単純ヘルペスウイルスはうつるの?感染経路は?

女性 混乱 謎 疑問 矢印 クエスチョン

単純ヘルペスウイルスは感染力がとても強いのが特徴です。口唇ヘルペスと性器ヘルペスは、どのような感染経路でうつるのでしょうか?

口唇ヘルペスの感染経路

1型(HSV-1)による口唇ヘルペスは、キスによる粘膜の接触以外でも、くしゃみによる飛沫感染のほか、同じタオルを使うだけでも接触感染することがあります。

性器ヘルペスの感染経路

主に2型(HSV-2)が原因でかかる性器ヘルペスは、性交渉によって感染します。感染してから発症するまで2~10日間の潜伏期間があるので、知らないうちにうつしてしまう可能性もあります(※1)。

単純ヘルペスウイルス感染症の治療法は?

病院 医師 薬 処方

原則として、アシクロビルやバラシクロビルなどの抗ウイルス薬を5~10日間ほど飲み続けます。患部に痛みがあるときは、対症療法として鎮痛薬もあわせて処方されることがあります。重症の場合は、点滴による治療も検討します。

もし性器ヘルペスの再発を繰り返すようであれば、少量の抗ウイルス薬を継続的に飲み続ける「性器ヘルペス再発抑制療法」を行うこともあります(※1,3)。

なお、ステロイド剤を患部に塗ると、症状が再発してしまいます(※3)。自宅に塗り薬があったとしても自己判断で使わず、必ず病院で処方された薬で治療しましょう。

単純ヘルペスウイルスの感染を予防するには?

カップル ベッド 夫婦 相談

一度感染すると、免疫力が低下するたびに再発する恐れがある単純ヘルペスウイルス。できればかかる前に予防したいですよね。感染を防ぐためには、次のようなことに気をつけてください。

家族やパートナーが単純ヘルペスウイルスに感染したときは、患部には触れず、同じタオルを共用したりするのも避けましょう。

特に、水ぶくれが破れた後に出てくる膿にはたくさんのウイルスが含まれているので、膿がついた部分はすぐに石鹸などで洗ってください。

また、性器ヘルペスを予防するには、パートナーが感染しているときには性交渉を控え、感染の自覚がないときもコンドームをつけて行いましょう。

単純ヘルペスウイルスの感染を防ごう

女性 健康 食事 野菜

単純ヘルペスに一度感染してしまうと、抗ウイルス薬で治療したとしても、ウイルスの増殖を抑えられるだけで体内から完全に排除することはできません(※4)。

そして、体調が悪いときや疲れがたまっているときなどにウイルスが活性化して再発する恐れがあります。そうなる前に、できる限りの予防策を講じましょう。

もし口唇ヘルペスや性器ヘルペスにかかってしまったら、できるだけ早く治療をすることが大切です。再発したときの症状は軽くて済むことがほとんどですが、日頃からストレスや疲れを溜め込まないようにして、再発予防に努めるようにしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう