【歯科医監修】子供の受け口はどう治す?費用など、気になることまとめ

監修医師 歯科医師 茂山 久夫
茂山 久夫 九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。日本歯周病学会、J.A.C.D(The Japanese Academy of Compre... 監修記事一覧へ

子供の乳歯がだいぶ生えてきた頃に、下の歯が上の歯よりも前に出ていて、あごが前に突き出したようになることがあります。これを「受け口」といいます。歯科健診で受け口の相談をしても、「今は様子を見ましょう」と言われることも多く、「本当に大丈夫なのかな?」と心配になるママやパパも多くいます。今回は子供の受け口について、原因や治療法、その費用などをご紹介します。

子供の受け口とは?1〜2歳でもなるの?

受け口 女の子 日本人 子供

受け口は、「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼ばれるもので、下の前歯が上の前歯より前に出てしまい、噛み合わせが悪くなっている状態です。1〜2歳頃の赤ちゃんでも受け口になることはあり、なかには1歳半検診で受け口の可能性を診断される場合があります。

受け口になると、しゃくれたような顔になり、口元もへの字になりやすいので、ママやパパとしては「将来もこのままになるのでは?」と気になる場合が多いようです。

また、受け口になっていると、発音しにくい音があったり、咀嚼がきちんとできなくて消化不良になったりと、いくつかのデメリットがあります。しかし、健康に対して重大な悪影響を及ぼすわけではなく、受け口でも、健康に生活している人は多くいます。

したがって、受け口は必ず治療しないといけないというものではなく、医師と相談しながら、家族全員で話し合って治療するべきかを決めていきましょう。

子供の受け口の原因は?遺伝?

手 親子 子供 親

子供が受け口になる原因には、遺伝的なものや環境的なものなど様々あり、主な原因としては以下のようなものがあります(※1)。

・上の前歯が少し内側に傾斜して生えている
・「上あごが小さい」「下あごが大きい」といった骨格に関する遺伝の影響
・下あごを無意識に前に突き出したり、指しゃぶりをしたりする癖
・口呼吸やほお杖、うつ伏せ寝などの生活習慣

子供の受け口の治療はいつから始めるべき?

子供 乳歯 日本人 歯科医

子供の受け口は、乳歯の生え方が原因で起こることもあるため、永久歯に生えかわる段階で自然に治ることがあります。一方で、小さいうちに受け口がいったん治っても、成長するうちに下あごの骨が大きくなって、下の歯が再び前に出てくることもあります。

子供の受け口は、このように成長と共に変化することがあるため、医師が「しばらく様子を見よう」と判断することがあります。しかし、なかには「早めに治療を始めた方が良い」と主張する医師もいて、治療方針は歯医者によって異なります。

子供の受け口の治療について迷ったときは、様々な歯医者を訪れて、それぞれの医師に意見を聞くのも一つの方法です。

子供の受け口の診断・治療法は?費用はどれくらい?

グッズ お金 費用

子供の受け口は、基本的に視診によって診断され、治療法は症状や子供の年齢によって異なります。治療費は症状や病院によっても異なるため、あくまで目安程度に考えてくださいね。

ムーシールド

ムーシールドは、3歳くらいから使用することができるマウスピースタイプの矯正装置で、夜に寝ているときに装着します。治療にはおおよそ1年間かかり、月に一度装置の調整を行います。

ムーシールド自体の費用は4~6万円ほどで、1ヶ月ごとの調整費用は約1,000~3,000円です。

チンキャップ

チンキャップとは、下あごを後方に引っ張っる装置で、頭にかぶって装着します。9~15歳の子供に使われることが多く、睡眠中に装着するのが一般的です。

費用は、2~4万円ほどかかります。

ワイヤー

ワイヤーの矯正装置を歯に装着し、歯の傾きやねじれを矯正します。ワイヤーは歯の表側につけることもあれば、裏側につけることもあります。

費用の相場は、60~100万円ほどです。

外科手術

下あごの骨を切除する手術によって、受け口を矯正することもできます。手術は口の中で行うため、外見上の目立つ傷跡は顔に残りません。

外科手術は一度で受け口を矯正できるので、何度も通院する必要がないというメリットがありますが、費用は約120~140万円と高額です。

子供の受け口について悩んだら医師に相談しよう

赤ちゃん 歯磨き 日本人

子供の受け口は、外見上の問題もあり、ママやパパの悩みの種になりがちです。治療するべきか悩んだときは、医師に相談してみましょう。

ただし、受け口の矯正のタイミングや治療方法は、医師によって異なるので、疑問が解消されるまで質問したり、複数の歯医者を訪れて様々な意見を聞いたりすることが大切です。

医師と相談しながら、家族みんなが納得できる形の治療方法を見つけていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう