広汎性発達障害とは?原因や特徴は?治療法はあるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

自分の子供がほかの子と遊んでいる様子を見ていて、「うまくコミュニケーションを取れていないかも?」と心配になったことはありませんか?子供の発達はそれぞれ違うので、単なる個人差なのか、それとも発達障害があるのか判断がつかないこともありますよね。

そこで今回は、発達障害のうちの一つである「広汎性発達障害」について、原因や特徴、子供との向き合い方をまとめました。

広汎性発達障害とは?

自閉症 子供 不安

「発達障害」とは、脳の機能障害による生まれつきの障害です。「広汎性発達障害」は、そのなかでも「コミュニケーション能力や社会性に関連する脳の領域に関係する発達障害の総称」とされています(※1)。広汎性発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害を含みます。

広汎性発達障害の原因は?

なぜ 理由 原因

広汎性発達障害だけに限らず、発達障害が起こるのは親のしつけや教育の問題ではなく、脳機能の障害によるものだということがわかっています。

先天的な要素である可能性は高いといわれていますが、発症の仕組みは完全には解明されていません。世界各地の研究機関で、遺伝子レベルや環境レベルの研究調査が進められているところです。

広汎性発達障害の特徴は?

自閉症 子供 孤独 ひとり

広汎性発達障害のある人によく見られる特徴は、「対人関係における障害」「コミュニケーションの障害」「興味や行動の偏りやこだわり」の3つです。症状の強さによって、自閉症やアスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、その他の広汎性発達障害という診断名に分かれます。

自閉症やアスペルガー症候群は明確に区別することが難しいため、近年では「自閉症スペクトラム障害(ASD)」という診断名に一本化されて呼ばれることも多いようです。

それでは、自閉症スペクトラム障害を含む、広汎性発達障害の特徴を具体的にいくつかご紹介します。

言葉の発達の遅れ

幼児期に言葉の発達の遅れが見られることが多いです。ただし、一口に広汎性発達障害といっても、寡黙な子もいれば、言語能力が高く多弁な子もいます。また、質問された返答として、相手と同じ言葉を繰り返す(オウム返し)、一方的に好きなことを話す、言葉の最後にイントネーションが上がるといった特徴がみられることもあります。

コミュニケーションの障害

考えを表に出すことが苦手で、意図のないおしゃべりを嫌う子や、人見知りせず、相手を選ばずに自分のペースで話をしていく子、また話す量自体は平均的だけれど、独特な話し方をする子供もいます。その場に合ったことが言えなかったり、逆に言ってはいけないことを言ってしまったりと、いわゆる「空気が読めない」発言をしてしまうことも。

これらは一見、ばらばらの特徴のようですが、「自分の世界と他人の世界の境界(ニュートラルゾーン)を理解しにくい」という点では共通しているといえます。

視線が合いにくい

視線が合いにくい子もいれば、一瞬チラッと見て視線を外す子もいます。成長に従って、視線を合わせるように変化していくこともあります。ただすべての子供にこの傾向が見られるわけではなく、よく視線を合わせる子供も存在します。

パターン化した行動、こだわり

同じ行動を繰り返す、決まった順序にこだわる、好き嫌いが激しいなど、こだわりの強さが見られます。また、それらが乱されると、興奮、泣き、奇声といったパニックに陥ることもあります。

感覚過敏・鈍麻

特に自閉症スペクトラム障害を持つ子供は、音や光、肌触り、歯ごたえなどの感覚・刺激に鋭敏であることが多いですが、逆に鈍感な部分もあります。特定の音が怖くてどうしても特定の場所に行けない、乗り物に乗れない場合や、味や食感が鋭敏で特定の食べ物しか食べない偏食の子もいます。

こういった感覚の鋭敏さ・鈍感さは、小さいうちは言葉で違和感を訴えることができず、親がなかなか気づかないケースも多いようです。

広汎性発達障害の治療法は?どう向き合うといい?

はてな 疑問 クエスチョン 空 雲 なぜ

先述のとおり、広汎性発達障害の発症の仕組みは完全に解明されていません。根本的に治療することが必要な「病気」ではなく、子供の性質が強く表れている「個性」だと考えましょう。

発達障害のある子供が社会に適応する力を身につけながら、自分らしく成長できるように、周囲が障害に早く気づき、適切な向き合い方をしていくことが大切です。

特徴に応じて配慮・支援する

広汎性発達障害といっても、その程度や現れ方は人それぞれです。生活の中で困難なこと、苦手なことも一人ひとり違うため、次に挙げるようにそれぞれの特徴に応じて配慮したり、支援したりしていくことが求められます(※3)。

できたことをほめる・失敗を責めない

発達障害のある子供は、ほかの子が簡単にできることでも困難に感じることが多くあります。失敗を責めたり頭ごなしに叱ってしまうと、子供の自己肯定感が低くなったり、攻撃的・反社会的行動傾向が強まったりする可能性もあります。

その子が頑張っている点やうまくできている点をほめたうえで、どのようにすればもっと良くなるかを、肯定的かつ具体的に伝えてあげましょう。

簡潔に分かりやすく伝える

広汎性発達障害のなかでも、特に自閉症スペクトラム障害の特性がある場合は、言葉だけで行動を促しても通じにくい場合があります。指示やアドバイスがなかなか伝わらないときには、口頭だけではなく、イラスト・写真・絵などを添えて説明してあげると、理解しやすくなるかもしれません。

感覚過敏による不安を取り除く

感覚過敏により、人混みや大きな音、光などの刺激を苦手とする子供もいます。そのような刺激が大きいと、パニックを起こしてしまうことがあります。できるだけ不快感を大きくしないよう、安心して過ごせる環境を作ってあげましょう。

また、例えば広汎性発達障害のある子が指をいじったり、爪を噛んだりする癖があるとします。パパやママにとっては気になる行動かもしれませんが、その子にとっては気持ちが落ち着く刺激なのかもしれません。それを無理にやめさせようとすると癇癪やパニックを起こす可能性もあるので、イボイボのついたボールのおもちゃを代わりに持たせてあげる、といった配慮をしてみましょう。

ルールが不明瞭な遊びは避ける

広汎性発達障害を持つ子にとっては、「暗黙の了解」を汲みとりづらいことが多いです。ほかの子供と遊ぶときは、ごっこ遊びやルールが不明瞭な遊びよりは、一緒にテレビを観たり、同じ空間で個別にパズルやブロック遊びをしたりする平行遊びがおすすめです。

「療育」で二次障害を防ぐ

「療育」とは、「医療や訓練、教育、福祉などを通じて、障害があっても社会に適応し自立できるように育成すること」を示します。発達障害が周囲に理解されず、適切なサポートを受けられないと、障害を持つ子にとって保育園や幼稚園、小学校での集団生活がストレスとなり、不登校や引きこもりなどの二次障害につながる場合もあります。そういった状況を回避するため、発達障害に気がついたら、適切な療育につなげることが重要です(※4)。

もし、「うちの子は発達障害かも?」と、気になることがあるときは、各市町村の窓口や「発達障害者支援センター」に相談してみるのが良いでしょう。発達障害者支援センターでは、発達障害を持つ人への相談支援などを行っているほか、医療、保健、福祉、教育、労働等の各関係機関と連携を図りながら、障害の特性とライフステージに合わせた支援を提供していますよ。

広汎性発達障害は特徴を見て、適切に向き合いましょう

親子 ママ 男の子 ハグ

我が子が「広汎性発達障害」と診断されたら、パパやママは少なからず不安になってしまうかもしれません。しかし、今回ご紹介したとおり、その特徴や程度は人それぞれです。「障害」だからと言って全てを否定するのではなく、その子が自分らしく成長できるように、特徴に応じた適切な向き合い方をしていけるといいですね。

何か不安に感じることがあれば、「発達障害者支援センター」に相談してみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう